コバルトセージ(サルビア・レプタンス)の育て方

TOP >シソ科>>管理

コバルトセージ(サルビアレプタンス)

コバルトセージ
科名シソ科
属名サルビア属
学名Salvia reptans
別名サルビアレプタンス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. コバルトセージの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 特徴・由来・伝承

コバルトセージの育て方

文章の修正コバルトセージはシソ科アサギリ属の宿根草ハーブ。学名はサルビア・レプタンス(Salvia reptans)。花色がコバルトブルーで小さな花の中にグラデーションの鮮やかな青が混在しているかわいい花。それだけでなく寒さに強く、冬は地上部が枯れるものの春にはまた芽吹きます。

多年草で根で越冬しますし、秋に花を咲かせた後につける種子でも毎年増えていきます。また挿し木も可能で非常に育てやすい初心者向きの花といえます。
まとめ
水やりは控えめ。水をやりすぎると根腐れする。ただし、夏は水切れ注意。
●庭植えにしたら水やりはほぼ不要。
●春と秋に肥料をやるが、控えめでいい。
水はけの良い土で育てる。
●日当たりで育てる。
●冬は地上部がなくなる。鉢植えだと水やりを忘れがち。
●春に摘芯すると花が増える。

参考他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やり

文章の修正鉢植えの場合は土が乾いていたら水をしっかりとやってください。鉢底から水が出るくらいにやってください。ただし、ハーブ系ですからムレに弱く過湿にすると腐って枯れてきますので、水のやりすぎには気をつけてください。
庭植えにした場合は、自然に降る雨だけでほぼ十分。庭植えでも夏に水切れするようなら水をやってください。
●水やりの頻度は用土の配合によって違うので、土を見て水やりを判断するようにします。水はけが悪い土だと、夏を越せず花を見ることなく枯れることも。
●受け皿に水が溜まっている場合は水は捨ててください。水が腐ると枯れます。
●鉢植えにしていて、夏にあまりに水切れして、水やりは追いつかないのであれば、半日陰や日陰に移動させてください。

冬は水やりを控えて
冬は地上部が枯れ、生育が止まっています。鉢植えの場合は水やりは控えます。土が乾いてから数日たって水をやる程度に。地上部がないので忘れてしまいがちです。完全に水をやらないでいると春までにはカラカラになって枯れます。庭植えの場合で雨が当たっているのであれば水やりはしないでいいです。
●冬は土が凍結すると枯れるので、寒冷地は鉢植えにして室内に取り込むか、庭植えならマルチングして凍結を防止する。

肥料

文章の修正肥料
春に新芽が出る頃に緩効性化成肥料を少量やり、花が咲く時期・・・秋に液体肥料を二週に一回程度やります。肥料はなくても育ちますし、多いと花がすくなくなったり徒長することがあるので、控えめがコツ。

植え付け・植えかえ

文章の修正二、三年に一回は植え替えをします。春に植え付け・植え替えをします。
背が高くなります
コバルトセージは背が高くなります。草丈が80cmくらいとされますが、環境によっては巨大になります。風に煽られてすぐに倒れてしまいますので、支柱を立てて補助してやります。

用土

文章の修正用土は市販されている培養土に川砂を一割か二割り混ぜたものか、ハーブの専用培養土を利用します。ハーブの専用培養土が便利です。用土に挿し木すると株がいくらでも増えます。

鉢植え

文章の修正植え付け手順
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。古い土は落とし、傷んだ根を整理します。同じ大きさの鉢に植え替えても一回り大きな鉢に植え替えてもいいですが、一回り大きな鉢の方が生育がいいので出来るなら「一回り大きな鉢」で。根をいじると回復まで時間がかかるので、あまりいじらない方がいいです。ある程度の生育不良を覚悟した上で、株分けもできます。根を出来るだけ傷つけないようにしてザックリと分けて別々に植えればいいです。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●極端に大きな鉢に植え替えると、ね腐れしやすいのであくまで「一回り大きな鉢」で。

庭植え

文章の修正庭植えの場合は、深さ20cm直径30cmの大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。水はけが悪いのであれば、赤玉土か軽石か川砂を混ぜて水はけをよくしてから植えてください。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりのよい場所を好みます。しかし夏に高温多湿で蒸れてしまいますので、風通しのをよくするために梅雨前後にバッサリと切り戻しをします。

冬は根で越冬
冬は寒さで地上部が枯れてしまいますが、春には新芽を吹きます。根はマイナス5度くらいまで耐えます。それ以下になる地域はコバルトセージが生えている場所に腐葉土やワラを撒いてコバルトセージの根を防寒してください(マルチング)。

剪定

文章の修正冬に剪定
地上部がなくなったら、地上部をほぼ刈り取ります。
春に剪定
春に芽吹いてある程度、大きくなったら…草丈が30cmから40cmくらいになったら、芽の先を切ります。すると葉っぱの根元から脇芽が出てきます。これを摘芯と言います。そうして芽を何度か切って、脇芽を増やすと花が増えるので、二回か、三回ほどやって脇芽を増やしておくと秋の花の量が違うので是非。

特徴・由来・伝承

文章の修正セージとサルビアは同じ植物群のことです。ハーブとして利用されるものがセージ、観賞用がサルビアと考えて差し支えないです。セージと呼ばれるものも学名には「サルビア」という名前が付いています。

コバルトセージの本名(というか学名)はサルビア・レプタンス……レプタンスは匍匐とか這うとか、そういう意味合いです。しかしコバルトセージは思い切り直立しているわけで、どうしたことでしょ。

サルビア・レプタンスには二種あって、這うものと立つものとあります。コバルトセージはこの立つタイプです。這うものの代表はクリーピングセージ。クリーピングセージのクリーピングも這うという意味です。ハーブ仲間にクリーピングタイムもあります。

サルビアの仲間は世界中に大量にあって、その容姿が似ているのに性質がバラけていることがあって、分類しまとめている私もこんがらがっています。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

ラベンダーグロッソ
シソ科 ラベンダー
アメジストセージ
シソ科
ラベンダー
シソ科
ローズマリー
シソ科
ラベンダーセージ
シソ科
プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科
ラベンダーデンタータ
シソ科 ラベンダー
イングリッシュラベンダー
シソ科 ラベンダー
チェリーセージ
シソ科
クリーピングタイム
シソ科 タイム

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク