アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の育て方

TOP >シソ科>>管理

アメジストセージ(サルビアレウカンサ・メキシカンブッシュセージ・メキシカンセージ)

アメジストセージ
科名シソ科
属名サルビア属
学名Salvia leucantha
別名サルビアレウカンサ・メキシカンブッシュセージ・メキシカンセージ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. アメジストセージの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 切り戻し
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承

アメジストセージの育て方

アメジストセージの育て方

アメジストセージの育て方
文章の修正アメジストセージは学名は「サルビア・レウカンサ」で、シソ科の宿根草多年草)。秋に開花して冬に枯れこみ、春にはまた芽吹いてくる。摘芯すると、そこで上へと伸びる成長は止まり、脇芽を伸ばして大きな株になります。摘芯しない場合1.5メートル前後まで大きくなることもありますので、丁度いい大きさで摘芯してください。
頑健で暑さ・寒さにも強くて育てやすい。メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)の方が頑健で育てやすいが、メドーセージは環境によっては広がりすぎる。
まとめ
●アメジストセージはシソ科の宿根草(多年草)。
水やりは普通か、乾燥気味に。
●生育時期に肥料を。
●日当たりを好む。
●摘芯をすると草丈を調整できる。6月7月あたりで切り戻し剪定)をする。
●冬には地上部が枯れても、根まで枯れていなければ春には芽吹く。

参考他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
文章の修正水やりは普通
鉢植えの場合は土が乾いていたら水をしっかりとやってください。夏場に極度に乾燥すると傷みますので、水をしっかりとやりましょう。春は二日に一回、初夏は毎日、真夏は一日二回、秋は二日に一回、冬は土が乾いてから数日経って水をやるのを基本にして、土をよく見て、水をやりすぎないようコツを掴んでください。
●アメジストセージは過湿にすると根腐れします。枯らす原因の一番は水のやりすぎです。乾燥気味に管理するのがコツです。
●受け皿の水は捨ててください。

冬も水を
冬は地上部が枯れるのですが、水やりをストップするのではなく乾燥しているようであればやってください。
●もちろん、他の季節に比べると乾燥気味に管理します。庭植えならば一ヶ月に2回か3回か程度の水やりです。鉢植えならば、土が乾燥して数日経って水をやる程度です。

庭植えした場合は雨だけでも
庭植えした場合は植え付けた二週間ほどは水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。極端に乾燥しない限りは水をやらなくても大丈夫です。

肥料

文章の修正肥料
生育期間は薄い液体肥料をやります。ハーブ系は肥料が多いと香りが薄くなります。あくまで控えめがコツ。

植え付け・植えかえ

植え付け・植え替えの時期

文章の修正植え替え・植え付け時期
植え替え・植え付けは春か秋。生育的には春だけど、花が咲いているのが秋なので苗が出回るのは秋。秋に苗を植えた場合、十分に成長せずに冬を迎えて寒さにやられることがあります。秋に植える場合は、日当たりがいい場所で、肥料をやり、出来るだけ早めに植えてください。
●鉢植えの場合、毎年植え替えをする。
●鉢植えが根詰まりを起こすと下の葉っぱが黄色く変色して枯れこんでくる。

用土

文章の修正用土
土は市販されている土(培養土)か、赤玉土6に腐葉土を4を混ぜたものを使います。もしくはハーブ用の培養土を使います。

植え付け・植え替え

文章の修正鉢植え
できるだけ大きな鉢を用意し、鉢底の穴を網で塞いで、水捌けをよくするために鉢底に軽石を2cmか3cmほど入れます。その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れていきます。最後に水をやって完成です。
庭植え
植え付けの1週間前に直径30cm・深さ30cmほど掘り返して、元の土に対して2割か3割ほどの腐葉土か堆肥を追加してよく混ぜます。植え付ける日に苗を入れて隙間に用土を入れて最後にしっかりと水をやって完成です。

挿し穂で増やす

文章の修正挿し穂について
株を増やす時は挿し木で。
適期は5月から7月。
茎を二節以上になるように切ります。一番下の節の葉っぱを取り除いて、すぐに水につけます。水につけて葉っぱにしっかりと水をあげます。葉っぱがパリとなってから挿し木用の土に一番下の節が埋まるようにします。節から根が出ます。明るい日陰で乾燥しないように水をやって管理していると発根します。発根したら土に植えてください。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりで管理
日当たりがよく、風通しのいいところで管理します。鉢植えの場合、真夏の西日が当たる場所では極端に乾燥して根が傷みますので、出来れば避けてください。半日陰に移動する必要はありません。
●日光が少ないと徒長して、ひょろ長くなり、風で倒れやすくなりますので、しっかりと日光に当ててください。半日陰でもいいです。半日陰は1日のうち半分の時間だけ…例えば午前中だけ…日が当たるか、木漏れ日くらいの日当たりの場所のことです。

霜に当たると地上部が枯れる
冬になり霜に当たると枯れてしまいます。しかし寒冷地で土が凍って根まで枯れていなければ、春になって新芽が出てきます。マイナス3度以下にならなければ根までは枯死しません。寒冷地の場合は腐葉土やワラで防寒してやってください。地上部が枯れても根が生きていますので、水やりを忘れないでください。

暑さには強いです。

切り戻し

文章の修正梅雨前に切り戻す
6月7月あたり、もしくは梅雨前に全体を半分か三分の一ほど切り戻してやります。すると脇芽が出て開花する8月9月10月までに、株が大きくなり、花が増えます。梅雨前に剪定することで、梅雨の蒸れを避けられます。

切り戻しをしない場合、アメジストセージが好きなだけ大きくなって暴れてしまいます。下葉もスカスカになるので、切り戻して小さくまとめつつ、脇芽を出すと花も増えて綺麗です。
●アメジストセージは梅雨で枯れることはおそらくないですが、葉っぱが腐ったりして、見た目が良くないです。刈り込んで蒸れを予防するといいです。
●夏までに摘芯すると、成長を抑え、草丈が低い状態を維持できます。
●8月以降に切り戻すと、開花までに間に合わないです。切り戻しは7月中に。
●切り戻した花穂は切り花としても長持ち。ただし花びらが落ちて掃除が大変。

病害虫

文章の修正病害虫
病害虫はほとんど発生しないが、コナジラミが発生することがある。発見したら薬剤を散布して駆除しましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正アメジストとは紫水晶のこと。紫水晶は2月の誕生石です。セージとも呼ばれますが、スカボローフェアーなどで歌われるのは、チェリーセージ(こちらもセージと呼ばれます)。

ハーブの一種で葉っぱからミントのような香りがします。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

ラベンダーグロッソ
シソ科 ラベンダー
ラベンダー
シソ科
ローズマリー
シソ科
ラベンダーセージ
シソ科
プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科
ラベンダーデンタータ
シソ科 ラベンダー
イングリッシュラベンダー
シソ科 ラベンダー
チェリーセージ
シソ科
コバルトセージ
シソ科
クリーピングタイム
シソ科 タイム

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク