サルビアの育て方

MENU
TOP>シソ科>サルビア
スポンサードリンク

サルビア(ヒゴロモソウ・誹衣草・サルビアスプレンデンス)

サルビア
科名シソ科
属名アサギリ属
学名Salvia
別名ヒゴロモソウ・誹衣草・サルビアスプレンデンス
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日当りのいい場所が好ましいですが、真夏の直射日光に弱いために、春~秋にかけて楽しみたいと思うのでしたら、一日のうちで数時間だけ日の当たるような「半日陰」で管理するといいです。

真夏の高温多湿状態が嫌いなので、夏前に草丈を半分以下に刈り込んで、風通しをよくすれば、秋になってからまた咲いてくれます。

真夏は暑さに花が休みます。
サルビアといっても
ここでのサルビアはシソ科の「サルビア・スプレンデンス」とその色違い品種を指しています。一般にサルビアというとコレですが、サルビアと名のつく植物はいろいろあり、性質・育て方もちょっと違います。

蜜を吸うのはほどほどに
サルビアの花を摘んで蜜をチューチュー吸う人がいます。蜜にはわずかながら、毒が含まれていますので、あんまり吸うと気分が悪くなることも。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水切れに弱いのですが、長期間ジメジメした状態だと根が腐ってしまいますので、水のやり過ぎにも気をつけてください。
肥料を追加
花が咲いている時期は10日に1回液体肥料をやってください。肥料が足りないと花が付きにくくなります。肥料が少ないから、無いからといってかれるということはありません。単に花が少なくなる程度のことです。
真夏は花が咲きませんので肥料はやらないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


培養土で植え付けを
市販されている花と野菜の土(培養土)を利用するか、ハーブ用の土を利用します。もしくは赤玉土6腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。
秋にも苗が出回る
初夏から秋に掛けて花が咲くサルビアなのに、そろそろ霜が降りる頃になっても苗が出回ります。霜が降りる頃に枯れてしまいますので、絶対に買ってはいけません。サルビアはパっと見が派手で店先に並べている賑やかに見えるのでホームセンターの仕入れ担当者が仕入れるらしいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

サルビアは日当たりで管理します。出来るだけ日当たりで管理しないと、花つきや生育が悪くなります。そんなサルビアですが、真夏の高温時期はあまりの暑さでへたれます。鉢植えの場合は、半日陰に移動させてしまいましょう。

秋以降は霜に当たったら枯れてしまいます。サルビアを鉢植えにして室内で管理すれば越冬させることも出来ないこともないですが、普通はしません。やるだけ面倒ですし、苗が安いのですから、また来年、苗を買ってください。

その他

病害虫と対応の農薬
アブラムシ→ベニカXスプレー
タバココナジラミ→ベニカXスプレー

特徴・由来・伝承


サルビアの語源は「サルベオ(治療)」です。

良く見かけるのは赤いサルビアですが、最近は白や紫など多色の園芸品種があります。

赤いサルビアは育てやすい上に、赤い花の葉っぱに対するコントラストが強く、咲いてくれると花壇がとても鮮やかになるので、ガーデニング初心者には嬉しい。

ちなみにハーブのセージとサルビアは仲間です。赤い花が咲くものや観賞用とされるものをサルビアと呼ぶのに対して、同種(スプレンデンス種)で香りが強いものを咲かせるものを「セージ」と呼びます。育てる上では同じなので気にせず楽しんでください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サルビアの関連記事

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用