スーパーサルビアの育て方

TOP > シソ科 > サルビア
スーパーサルビアスーパーサルビアの基礎データ
最終更新画像投稿
スーパーサルビア
科名
シソ科
属名
アサギリ属
学名
Salvia
耐寒
マイナス5度
水やり
水控え目
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
スーパーサルビアの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
スポンサーリンク

育て方:スーパーサルビアってこんな植物です

スーパーサルビア:育て方:スーパーサルビアってこんな植物です参考画像
スーパーサルビア:育て方:スーパーサルビアってこんな植物です
スーパーサルビアはシソ科アサギリ属(サルビア属)の宿根草。サルビア属の種を掛け合わせて作られた、脇芽の出やすい、開花しやすく、暑さ・寒さに強い品種です。品種というか、こういう強いサルビアをスーパーサルビアと呼ぶみたいです。画像はスーパーサルビア・ロックンロールパープルです。

よく流通しているサルビアは赤いサルビア・スプレンデンスという種なんですが、これは寒さに弱いだけで自生地では多年草です。スーパーサルビアは他の宿根のものとも掛け合わせているからなのか、暑さにも寒さにも強く、越冬して来年も開花します。種子はつかない(できにくい)ので、他の場所に意図せず広がることはないです。
大きさ・草丈・樹高70cm〜100cm
スーパーサルビア 苗の商品画像
スーパーサルビア 苗の購入はこちら
Amazon
楽天市場

最初に簡単にまとめ

●土が乾いたら水をやる。夏以外は水のやりすぎに注意。
●夏は乾燥するので水をやりましょう。
●開花時期は肥料を。
●日当たりで管理。
●土が凍らなければ越冬も可能。

参考リンク他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やり

鉢植えの場合は、土が乾いたら鉢底から水が染み出すくらいいに、しっかりと水をやります。土が常時濡れていると根腐れしますので、夏以外は水のやりすぎに注意します。夏は逆に高温で水切れしますので、朝と夕方の2回、しっかりと水をやります。
冬は寒さで活動が鈍くなっているため、水やりは控えめにします。でも、根は生きているので完全に水を絶たないように気をつけましょう。

庭植えにした場合は、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫です。ただ、真夏は乾燥で水切れを起こすので庭植えであっても、水をやってください。

肥料

開花しているときは肥料をやります。スーパーサルビアは花がよく咲くので、肥料が切れると花が途絶えます。液体肥料を週に一回やるか、1ヶ月に一回緩効性化成肥料をやります。
液体肥料の商品画像
液体肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場
化成肥料の商品画像
化成肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え替え・植え付け

植え付け時期

霜が降りなくなる4月下旬から5月に植え付けをします。苗があるならそれ以降に植えてもいいです。植え替えは春か秋に行います。

用土

一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。地植えにする場合は、元の土に苦土石灰を混ぜて中和して、その1週間後に腐葉土堆肥を元の土の3割ほど追加してよく混ぜて用土とします。

鉢の植え付け

できるだけ大きな鉢を用意します。8号鉢以上で、10号鉢(直径30cm)がいいでしょう。10号鉢に苗を一つです。鉢底の穴を網で塞いで、その上に軽石を3cmほど入れます。その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れてきます。最後に水をやって完成です。

スーパーサルビアは根がよく張るので、植え替えはできれば毎年。二年に一回はやります。植え替えの時に株分けも可能です。

庭植え

植え付けの2週間前に深さ30cm直径30cmを掘り返して、苦土石灰を混ぜて中和しておきます。植え付けの1週間前に腐葉土か堆肥を元の土に対して3割ほど追加し、化成肥料を1平方mあたり100gほど入れて混ぜて用土とします。あとは苗を入れて隙間に用土を入れて、水をやって完成です。

管理場所

日当たりで管理します。半日陰でもいいですが、花が減りますのでできれば日当たりのいいところで管理します。夏の暑さにも強いので戸外の日当たりで管理してもいいですが、スーパーサルビアは夏の暑さでは負けないのですが、ダメージがあるので半日陰に移動するといいです。

越冬について

耐寒温度はマイナス5度で寒さには強い方。寒さに当たって地上部が枯れても、春になると芽吹いて開花します。土が凍ると根が枯れてしまいますので、土が凍る地域では腐葉土や藁でマルチングして防寒します。関東以西の平野部では問題なく越冬します。

鉢植えの場合は室内の日当たりで管理します。室内が厳しい場合は二重鉢をして防寒します。

3月〜4月に気温が上昇すると新芽が出てきますので、枯れた枝は刈り込み、日当たりで管理しましょう。

病害虫

カイガラムシハダニアブラムシウドンコ病など

ハダニ
乾燥すると発生します。葉っぱの裏に水をかけることで予防できます。

アブラムシ
たまに発生しますが、株が健康であればあんまり発生しないし、発生しても被害は抑えられます。新芽にたかって傷んで生育不良を起こします。数が少ないなら、手で取って、多いなら薬剤を散布します。前もってオルトランなどを使うといいです。

ヨトウムシ
葉っぱを食べられているのに、糞しかなく、犯人が見られないならヨトウムシの可能性が高いです。ヨトウムシは夜に葉を食べ、昼は土中にいます。土を掘ると芋虫がいたら、それがヨトウムシです。夕方に電灯を持って待っていると出てきますので、待ち伏せして駆除します。

剪定・切り戻し

スーパーサルビアは夏の暑さで弱りますので、梅雨前か夏前に半分ほどに刈り込んでやると、涼しくなった9月以降に、切り戻し摘芯となって枝が増えて花が増えて、綺麗に開花します。

花ガラ摘み

花がしぼんだら、植物は種子を作ろうとして、エネルギーをそちらに回します。すると次の花が咲きづらくなりますので、花が終わったら摘みましょう。スーパーサルビアはセルフクリーニングといって、花びらが落ちるので花ガラ摘みをしなくてもいいのですが、花を切り戻すと、その下から脇枝が出て花が増えますので、できればした方がいいです。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

スーパーサルビアのカテゴリ・タグ

庭植え鉢植え多年草寒さに強い宿根草サルビア

関連するユーザーの記事

スポンサーリンク