メドーセージ(サルビアガラニチカ)の育て方

TOP >シソ科>>管理

メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)

メドーセージ
科名シソ科
属名サルビア属
学名Salvia guaranitica
別名サルビア・ガラニチカ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. メドーセージの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 切り戻し
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承

メドーセージの育て方

メドーセージの育て方

メドーセージの育て方
文章の修正メドーセージとして流通しているのが「サルビア・ガラニチカ」ですが、本来、ガラニチカはメドーセージではないです。ですが、一般には「メドーセージ=ガラニチカ」となっているのではこのページでは同一のものとして解説していきます。

メドーセージは草丈は1メートルから1.5メートルほど。本来は常緑低木ですが、冬の寒さで落葉します。しかし根は生きていて春になると芽吹く宿根草です。メドーセージの地下茎はマイナス10度〜20度まで耐え、関東以西では戸外で越冬可能です。

それどころが、非常に頑健で環境が合うと地下茎でどんどんと広がり、野生化することもあり、駆除するのが大変な植物となることもあります。痩せ地であればいいのですが、そこそこ肥沃な土地だとかなり危険。植える前に考えた方がいいです。
アブラムシ避けのコンパニオンプランツにもなります。
まとめ
●鉢植えなら土が乾いたら水をやる。
●庭植えなら自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。
肥料はなくても大丈夫。
●日当たりで育てる。
●夏の暑さに弱いが枯れるほどではない。
●冬の寒さには強い。

参考他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やり

文章の修正土が乾いていたら水をやるようにします。どちらかというと乾燥気味を好み、過湿を嫌います。土が長い間濡れていると、根腐れして枯れてしまいます。

土が濡れている間は水をやらないようにします。メドーセージは冬は地上部が枯れますが、根は生きているので、完全には乾燥させないようにします。土が乾いてから数日たって水をやるようにします。

肥料

文章の修正肥料
肥料はなくても育ちます。肥料があると生育がよくなり、より大きくなり、花も増えるんですが、地下茎で伸びて庭を予想外に浸食したり、鉢植えであれば根詰まりをすぐに起こしますので、よほど生育が悪いかなと思わない限りは肥料はやらないでいいです。

植え付け・植えかえ

文章の修正挿し木・挿し穂で増えます。メドーセージは根が広くなるので、広い場所に植えてください。環境が合うと地下茎でどんどん伸び、飽きて引っこ抜いても地下茎が残っていると春になるとまた芽吹きます。完全に取り除くまでは結構時間がかかります。
地下茎が広がらないように地中20cmほどに仕切りを入れておくといいです。

用土

文章の修正用土
土質は選びませんが、水はけのよい土を好みます。庭の土がジメジメしていたり、粘土質で水はけが悪いのでなければ大丈夫です。プランターや鉢植えにする場合は、市販の培養土を使います。ハーブ用の専用土がより適しています。

庭植えにする場合

文章の修正庭植えにする場合
植え付けの1週間前に深さ20cmほど掘り返して、元の土に対して腐葉土堆肥を2割ほど追加しておきます。水はけが悪いのであれば、川砂か赤玉土かを追加して水はけをよくしてから植えましょう。
あんまり何株も植える植物じゃないんですが、株同士は50cm〜80cmは空けときます。

鉢植えの場合

文章の修正鉢植えの場合
できるだけ大きな鉢に植えましょう。10号鉢に1苗を植えます。鉢の底の穴を網で塞いで、その上に軽石を2cmか3cmほど入れます。用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れていって、最後に水をやって完成です。
鉢植えでも地植えでも、そのまま何年も植えっぱなしでもいいですし植え替えで株分けも可能です。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで管理しますが、メドーセージは半日陰でも十分育ってくれます。夏の高温に若干弱いですが、余程でない限りは枯れることはありません。

寒さには強い
メドーセージは冬は地上部が枯れてしまいますが、耐寒性があり、冬の寒さに強く、本によるとマイナス5度まで耐えられますが、実際にはマイナス10度くらいまで耐えます。寒冷地だとそれ以下になる地域もあります。寒冷地ならメドーセージは鉢植えにして冬は室内に取り込むようにします。霜が降りるくらいの地域ならば戸外の庭植えでまた来年芽を出します。
●元祖のサルビア・ガラニチカ(=メドーセージ)は耐寒温度はマイナス20度まで耐えるんですが、その園芸品種はマイナス5度〜マイナス10度と若干寒さに弱いです。

切り戻し

文章の修正メドーセージ(=ガラニチカ)は夏の暑さに若干弱くて、枯れることはないんですが、夏にそのまま繁茂させていると、辛い環境の中で開花しようとし、エネルギーを浪費します。そこで、梅雨前(6月〜7月)に一回、全体を半分から三分の一まで刈り込み、風通しをよくしつつ、夏に花を咲かせないようにします。これで、夏に養生して秋にたくさん開花させます。
切り戻しには摘芯の効果もあり、脇芽が出て花が増えます。
●8月以降に切り戻すと、開花時期に回復が間に合わないことがあります。
●切り花にしてもすぐに水が下がる。レウカンサ(=アメジストセージ)は切り花としても保つが、花びらが落ちて掃除が大変。

病害虫

文章の修正あんまり病害虫の被害にあうことはないですが、たまにコナジラミの被害にあいます。コナジラミは葉っぱの裏に潜んで汁を吸い、白い飛ぶ成虫になります。葉っぱを揺らすと白い虫が飛んでいたらコナジラミです。発見次第、薬剤を散布して駆除しましょう。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正メドーセージはブラジル・パラグアイ・アルゼンチン原産のシソ科アキギリ属の常緑低木。冬は地上部が枯れます。
ガラニチカとプラテンシス
サルビア・ガラニチカ(Salvia guaranitica)について記述していますが、本来のメドーセージはサルビア・プラテンシス(Salvia pratensis)のことです。ガラニチカを売り出すときに容姿の似ている(?)プラテンシスの通名である「メドーセージ」で売り出したところ、そちらが定着してしまいました。ちなみにプラテンシスは花つきはガラニチカよりもよく、花一つ一つも小さくて愛らしい。最近はプラテンシスの品種もネットで流通しています。

メドーセージのメドーとは牧草地のことで牧草地に生えるサルビアのことを漠然とメドーセージということもあります。ガラニチカは混同してメドーセージとして流通したんじゃなくて、聞こえのよい…イメージの良い響きのメドーセージの方が「売れる」と販売業者が判断したんだと個人的には思います。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

ラミウム
シソ科
プレクトランサス・ピンククリッカー
シソ科
コルシカミント
シソ科
サルビア・ネモローサ
シソ科
ラベンダーグロッソ
シソ科 ラベンダー

人気記事

良い香りがする花一覧
雑学
ラベンダーセージ
シソ科
イングリッシュラベンダー
シソ科
シャコバサボテン
サボテン科
ベンジャミン
クワ科

10月に開花する植物

ミズヒキ
タデ科
ガーデンブーゲンビレア・VERA(ベラ)シリーズ
オシロイバナ科 ブーゲンビリア
キンカン
ミカン科
トルコキキョウ・モレットマリン
リンドウ科 トルコギキョウ
ベラドンナリリー
ヒガンバナ科 アマリリス

10月に植え付け・植え替えする植物

カリフォルニアローズ・フィエスタ
ツリフネソウ科
サマーソング
バラ科 薔薇
コンテドシャンパーニュ
バラ科 薔薇
クリスマスローズ
キンポウゲ科
セントーレア
キク科
スポンサーリンク