ボッグセージ(サルビア・ウリギノーサ)の育て方

TOP >シソ科>>管理

ボッグセージ(サルビア・ウリギノーサ)

ボッグセージ
科名シソ科
属名アキギリ属
学名Salvia uliginosa
別名サルビア・ウリギノーサ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ボッグセージの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 夏の剪定
  7. 冬の剪定
  8. 病害虫
  9. 特徴・由来・伝承

ボッグセージの育て方

ボッグセージの育て方
文章の修正ボッグセージはシソ科アサギリ属の半常緑低木。学名はサルビア・ウリギノーサ(Salvia uliginosa)。最近はウリギノーサでも流通してます。ボッグセージの「ボッグ」は「湿地」「沼地」という意味で、湿地に自生するセージ。よって他のシソ科のセージとは違って、乾燥には若干弱い。「乾燥にとても弱い」ということはないのですが、同じ感覚で水やりをしているとすぐにしおれて結局枯れます。草丈は1mかそれ以上にもなる。花は透明感のある青花で水色から濃い青まであります。一本の花は少ないが群生するとすごい。少ない株で植えても、イマイチかもしれないです。寒さに強い。宿根草で毎年咲いて株が増える。

水やりさえクリアすれば、非常に長い間花を咲かせる上に、冬には地上部が枯れますが、春には芽吹いて、毎年咲きます。春になると根元からシュート(ひょろ長い芽)を伸ばして増えます。草丈が大きくなりすぎる。切り戻しをしましょう。丁度イイ高さになったら摘芯(切り戻し)をする。すると脇芽が出てボリュームが出て、花も増える。草丈が大きいのに支柱が無くても倒れない。だが、台風などの強風に会うと折れて倒れる。強風対策に支柱は必要かもしれない。

こういう簡単で毎年花が咲く便利な苗はホームセンターなどでは儲からないので出回りません。ネットショップが早い。
まとめ
●湿地性のサルビア(セージ)。
●乾燥が若干苦手。水切れに注意する。地植えの場合は乾燥した時だけ水やりをする。
●鉢植えの場合は生育時期に肥料をやる。
●庭植えの場合は肥料は不要。
●生育時期に適宜剪定して、小さくまとめるといいです。
●冬は落葉するが、春には芽吹く。鉢植えの場合は冬の間も水やりを忘れずに。
●庭植えが楽。ただ、広がりすぎるかもしれない。

参考他のサルビア・セージについてはサルビア・セージの種類の一覧を参考にしてください。
越冬できるハーブ
一年草のハーブ
スポンサーリンク

水やり

文章の修正水を好む
ボッグセージは湿地のサルビアですから、他のサルビア(=セージ)に比べると乾燥が苦手です。鉢植えの場合は、土が乾ききる前に水をやるようにします。梅雨や秋の長雨くらいなら根腐れしないです。

庭植えにした場合は、一旦根付いてしまえば、乾燥に(まぁまぁ)耐えますから、水やりに気を使うのは最初の2週間ほどです。ただ、夏や乾燥する時期は庭植えにしても、水やりをしましょう。

肥料

文章の修正肥料
ボッグセージは肥料がなくても枯れることはないんで、庭植えの場合は肥料をやりません。鉢植えの場合は肥料成分が流れ出て不足しやすいので(水やり頻度が多いため余計に流れ出やすい)、春に芽吹いて以降、二週間に一回程度、液体肥料をやります。

植え付け・植えかえ

植え付け・植え替え時期

文章の修正春か秋に植え替え、植え付けをします。

用土

文章の修正用土
用土は花と野菜の培養土。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたもの。ハーブ用の土では水はけが良すぎて、すぐにしおれてしまいますので使わないようにします。

鉢植えの植え替え・植え付け

文章の修正鉢植え
鉢植えにした場合、根の張りがよすぎてすぐに根詰まりを起こします。植え替えは芽吹き始めた春がもっとも適していますが、多少遅れても植え替えはしたほうがいいです。というのも根詰まりをすると、水もちが悪くなり、ボックセージの大敵「水切れ」を起こしやすくなるからです。
植え替えは多少乱暴に扱っても大丈夫。古い土を半分ほど落として植え替えをしましょう。植え替えは毎年です。
●株が大きくなること、乾燥が苦手であることから、鉢植えより庭植えに向いている植物です。
●植え替えの際に、株分けも可能。

庭植え

文章の修正庭植え
一旦植えると、毎年芽を出して花を咲かせます。増えすぎないように引っこ抜く勇気を持ちましょう。
植え付けの2週間前に深さ20cmほど、直径30cmの穴を掘り、掘り出した土に苦土石灰を混ぜて中和させておきます。植え付けの1週間前に腐葉土か堆肥を元の土に対して3割ほど足して、化成肥料を少量入れてよく混ぜておきます。苗を入れ、隙間に用土を入れて、水をしっかりとやります。これで植え付けは完成です。

株は横に地下茎で伸びていくので、何株も植えないで1株植えて様子を見ましょう。株が大きくなったら掘り上げて株分けすると、いくらでも増えます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりが無難
日当たりのよい、風通しの良い場所に植え付けをします。湿地性のサルビアですが極端な乾燥じゃなければ大丈夫です。
半日陰だと徒長(ひょろながになること)する。それでも日陰でないなら成育し、花をつける。

夏の剪定

文章の修正ボッグセージはよく生育し、放置していると1mかそれ以上になってしまうので、適宜切り戻して、小さくまとめた方がいいです。春から秋の開花時期であれば、いつ剪定しても新芽が出てきて開花します。
●他のサルビアは高温多湿が苦手なんですが、ボッグセージは多湿はそれほど苦手ではないので、気にしないでいいです。

冬の剪定

文章の修正ボッグセージは寒さに当たると、地上部が枯れ込んできます。枯れたら、地上部を刈り込んでしまいましょう。

病害虫

文章の修正ほとんど見られない。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正ボッグセージの「ボッグ(bog sage)」は「湿地」という意味。セージと名付いているのでお茶にしたいところですが、臭い。学名は「サルビア・ウリギノーサ」。開花が長く青と白が美しい。地下茎で広がる。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

オーデコロンミント
シソ科 ミント
シソ
シソ科
ローズマリー
シソ科
シルバータイム
シソ科 タイム
グレープフルーツミント
シソ科 ミント

人気記事

ポポラス
フトモモ科
ベンジャミン
クワ科
葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
トラブル
イングリッシュラベンダー
シソ科
切り戻し
ガーデニング基礎知識・雑学

10月に開花する植物

カリフォルニアローズ・フィエスタ
ツリフネソウ科
ドラゴンフルーツ
サボテン科
スマイルラッシュ
キク科 ヒマワリ
クレロデンドルム・ブンゲイ
クマツヅラ科
カトレア
ラン科

10月に植え付け・植え替えする植物

イタリアンパセリ
セリ科 パセリ
スカシユリ
ユリ科
アスター
キク科
ザポエッツワイフ
バラ科 薔薇
カメレオン
アジサイ科 アジサイ
スポンサーリンク