ライラックの育て方

MENU
TOP>モクセイ科>ライラック
スポンサードリンク

ライラック(ムラサキハシドイ)

ライラック
科名モクセイ科
属名ハシドイ属
学名Syringa
別名ムラサキハシドイ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

耐寒性があり、北海道以外では特に防寒の必要はありません。ただし夏の暑さに弱いために、西日が強く当たる場所や真夏に直射日光が当たる場所では乾燥で葉っぱが傷んで株が弱ってしまうことがあります。
花芽分化は夏
7月~8月にかけて花芽が出来ます。剪定は花が終わった6月前後にやってしまうか、冬の落葉時期に枯れ枝を落としたり、樹形を整える程度の弱い剪定にしておきます。花は枝の先に付くので、冬に剪定する場合はやたらと枝先は落とさないようにします。

水やりと肥料

鉢植えにした場合は土が乾いたらタップリと水をやってください。庭植えした場合、一旦根付いてしまえば降雨だけで特に水をやる必要はありません。

ライラックは冬の間に固形の肥料…アブラカスなどをやっておけば、後は肥料をやる必要はありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土ならば問題なく育ちます。庭に植える場合、土が粘土質で極端に水はけが悪い場合は腐葉土赤玉土・川砂などを混ぜて水はけをよくしてから植えてください。
庭植えが適しています
水やり不要に成り、何かと庭植えが便利です。ただし、植物が花を付けるのは「子孫を残そう」とするときで、居心地がいいと花より枝や葉を茂らせようとします。なので植えつけた年は花が咲いたのに、翌年以降しばらく咲かない……そんなことがあります。その場合は、まぁ、気長に待ちましょう。いずれ咲きます。

管理場所・日当たり

日当たりを好むのですが、夏の暑さ・西日などに弱く、暑さで株が弱り、枯れることもあります。西日が当たらないようにしましょう。特に根本に日が当たるのがよくありません。根本にグランドカバーを植えると蒸発・高温を幾らか予防できます。
北海道から九州まで
北海道南部から九州まで、栽培が可能です。
スポンサードリンク

その他

ライラックは台木に「プリペット(イボタノ木)」を使うことが多く、剪定しすぎたり、ライラック部分が傷んで枯れたり、イボタの部分から枝が伸びたりなどして、気がつくと、ライラックではなくイボタの花が咲いていることがあります。

特徴・由来・伝承


春に紫や白い花を咲かせる香のいい落葉樹。学名のSyringaは「笛」の意味。昔はこの木材で笛を作っていたため。

ライラックの花の色から薄紫色のことを「ライラック」と呼ぶように。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

モクセイ科の仲間


モクセイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用