キバナコスモスの育て方

MENU
TOP>キク科>キバナコスモス
スポンサードリンク

キバナコスモス(キバナアキザクラ)

キバナコスモス
科名キク科
学名Cosmos sulphureus
別名キバナアキザクラ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春から初夏にかけて種蒔きをするか苗を植え、夏から秋にかけて花を咲かせます。花が終わると枯れる一年草です。名前のとおりコスモスの仲間ですが、花の咲き方や色合いが通常のピンクや白のコスモスとは全く違います。性質はコスモスに近いです。

ひと株では種は出来ません。自家受粉はしないために、種を作るのであれば二株以上並べて植える必要があります。キバナコスモスはこぼれ種でそこいら中に増えてしまいます。毎年楽しめるので良いのですが、隣の家に侵食しないように気をつけましょう。逆に言えば、ひと株だけ植えれば、種は出来ませんので隣の家に迷惑を掛けずに済みます。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。キク科の植物なのでそれほど繊細な植物ではありませんが、極端に水をやりすぎると根が腐ることがあります。やせた土地で乾燥気味の環境を好みます。庭植えの場合は、一旦根づいてしまえば、日照りでもない限りは雨だけで十分育ちます。

種まきをした場合、芽が出るまでは土が乾かないように水をやってください。


<春>鉢植えの場合は、土が乾いたら水をしっかりとやります。庭植えならば水はやる必要はありません。
<夏>鉢植えの場合、一日二回水をやります。朝と夕方に水をやってください。昼に水をやると沸騰して根が傷みます。庭植えの場合も雨が降らない日が続くようであれば、水をやってください。
<秋>春同様に水をやります。
<冬>花が終わったら枯死します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

直根性で移植を嫌います。ポットに植わっているくらいの苗ならば、植え替えは可能ですが、根を張って大きくなってきたら移植は不可能です。庭植えする場合は、考えてから植えてください。

春先に植えると夏が花の最盛期になり、7月に植えると晩秋が花の最盛期になります。いつ咲かせたいかによって植える時期を調節します。暑さで花が減る真夏に咲かせるためには5月~6月に植えます。

矮性の草丈が小さいものもあります。矮性のものを植える時でも半径20センチの間隔は必要です。通常タイプの背の高いものは半径30センチの間隔を開けます。

用土はこれといって選びません。市販されている花と野菜の土で植え付けをします。庭植えする場合は苦土石灰を混ぜておきます。元肥えは必要ありません。肥料が多いと背が高くなって倒れやすくなります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのよい場所で管理します。
真夏の炎天下もなんのその。水切れに注意しなくてはいけませんが、それでも育てやすい植物です。

特徴・由来・伝承

大正時代には日本に渡来。
基本的な育て方はコスモスと同じです。真夏の炎天下にも強く、庭植えすれば水やりも日照りが無ければやらなくてもいいと、とにかく初心者向きのガーデニング材。
鉢植えも可能ですが、水切れが起きやすいのであまりお勧めしません。

気にしないといけないのはこぼれダネで毎年繁殖してしまうこと。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用