プラチーナの育て方

MENU
使い方 TOP

プラチーナ(カロケファルス・シルバーブッシュ・クッションブッシュ)

プラチーナ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名カロケファルス属
学名Leucophyta brownii
別名カロケファルス・シルバーブッシュ・クッションブッシュ
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
生育サイクル
秋から冬に掛けて植え付けをして、冬、春と観賞して夏になると多湿に弱いために消えてしまうことが多い。冬から春のカラーリーフと割り切ってしまうと精神的に楽。
意外と頑健で使いやすいカラーリーフ
まず冬は霜に当たると枯れるとされますが、霜にさえ当たらなければ大丈夫。霜に当たらないように何かしらの樹の下や霜よけがあって、寒冷地でなければ冬越しは可能です。
また多湿に弱いのですが、風通しがよければ夏越しも可能です。
樹高20cmから50cm
まとめ
●プラチーナは常緑小低木の銀色の葉っぱが綺麗なカラーリーフ。
●乾燥に強く多湿に弱いために、夏までには消える。特に梅雨が鬼門。ただし風通しの良い、雨に当たらない場所で管理すれば夏越しは可能。
肥料は控えめにする。
●寒さにも暑さにも強い(多湿には弱いが)。
●霜に当たらない方がいい。一発で枯れるわけじゃないが当たらない方がいい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
乾燥に強く、過湿に弱い
水のやりすぎに注意してください。鉢植えの場合は土が乾いてから水をやるようにします。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにしっかりとやりますが、やらないときは一切やらないようにします。土が濡れている期間が長いと根腐れします。特に春以降は根腐れしやすいので注意。
肥料
肥料は元気がないならば冬から春にかけてやってもいい。それでも控えめにすること。肥料が多いと根腐れしやすい。液体肥料を薄めてやる程度にしておく。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
挿木で容易に増えます。
用土水はけのよいものが好ましいです。市販されている花と野菜の土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものでもいいです。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
半日陰が適地
日当たりだとよく成長しますが、半日陰でもかまいません。庭植えするのであれば夏越しのことも考えて、風通しの良い半日陰に植え付けをします。鉢植えであれば、冬と春と秋は日当たりで、夏は半日陰で管理します。
寒さに強いが
寒さは強く、寒冷地でなければ戸外の野ざらしでも枯れることはないが、店舗で売っている苗は暖かいところで育てているからか、購入直後は寒さに弱い。霜に当たると痛んで枯れることもあるので、しばらくは寒さに慣らさないといけない。去年から育てている株は問題ないです。
なので、管理場所はできるならば霜に当たらない場所・・・戸外の軒下(霜よけになるように屋根の下か木の下)が好ましい。
雨に当たらない場所で
雨ざらしになると春以降は高温と多湿で腐って枯れてしまう。戸外で管理・植える場合は雨ざらしにならない場所で管理する。冬の間は問題ない。
夏越しについて
プラチーナは多湿には弱いが夏の暑さには強い。多湿にしなければ夏に枯れることはないです。なので夏は水やりを控え、傷んだ葉っぱを剪定して、風通しの良い場所で管理すること。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
プラチーナとかシルバーブッシュと呼ばれるカラーリーフです。あまり大きくならず、庭のワンポイントや寄せ植えなどにも利用されます。暑さに弱く、夏に消えてしまうことが多いので秋から冬に植えて春まで楽しむように計画します。
カロケファルスとも呼ばれます。カロケファルスは属名。シルバーブッシュ・クッションブッシュは別名。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用