シルバーレースの育て方

MENU
使い方 TOP

シルバーレース

シルバーレース
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
属名タナケツム属
学名Tanacetum ptarmiciflorum
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
よく似たシルバーリーフのシロタエギク(ダスティミラー)よりも蒸れ・寒さに弱いが、難しいというレベルではない。かなり頑健な方。育てるのは簡単。花が咲くと株が弱って夏越しできないことがあるので、花が咲く前に…ツボミが出てきたら摘んでしまうようにする。乾燥気味を好み、長雨や水のやりすぎや夏の多湿で蒸れると腐って枯れる。庭植えにすれば水やりはほぼ不要(自然の雨で十分)。
大きさ・草丈・樹高
草丈最大60cm(思ったより大きいと感じるはず)
流通時期
4月と10月
まとめ
●乾燥気味に管理する。
●育てるのは簡単だが、夏の蒸れと冬の強い霜に注意。
●花が開花すると株が弱るのでツボミが出たら切る。
●下葉が枯れて不恰好になったら、切り詰めて株の更新をする。
寄せ植えにすることが可能だが、意外と大きくなって他の植物を駆逐する。

参考リンク
シルバーダスト(シロタエギクの園芸品種
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
鉢植えの場合は、土が乾いたら水をやります。乾燥に強く、過湿に弱いです。乾燥気味に水やりをしてください。土が濡れているのに水をやっていると根腐れを起こします。庭植えにした場合は、自然に降る雨で十分です。ただし、日照りが続いたら水やりをしてください。
●受け皿の水は捨ててください。


夏の水やり
夏は気温が上昇して水がどんどん蒸発します。鉢植えの場合、晴れた日は毎日水やりをします。水やりをしても追いつかない場合は、風通しの良い半日陰に移動させてください。水やりは朝か夕方にします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めてしまいます。
●夏の高温多湿でシルバーレースは蒸れて枯れやすいです。高温は強い方なので、「多湿」を避けましょう。水やりを控えるといいですが、それにも限界があります。風通しの良い場所で管理することです。

冬の水やり
冬も乾燥気味に管理する。鉢植えの場合は土が乾いてから二、三日経って水をやるようにします。土の乾き具合は環境によりますし、土の表面が乾いていても鉢の中は水があることがあります。よく分からない場合は割り箸を土に差し込んで内部に水が残っていないか調べるといいです。
●熟練者は鉢を持ち上げただけで、重さで水の有無が分かる。水やりをする前に鉢を持ち上げるようにして違いが分かるようだと良いです。
●冬は生育が鈍くなります。

肥料
生育が良くなる春と秋に緩効性固形肥料を月に一回やるか、春と秋に二週間に一回液体肥料をやります。夏は高温多湿で冬は寒さで生育が鈍くなるので、肥料はやらないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
真夏と真冬以外ならば植え付け・植え替えが可能。苗が出回るのは4月前後と10月前後。その時に植えたり、植え替えることになります。植え替えは2年に一回か毎年。
用土
水はけが良ければ土質は選ばない。鉢植えの場合は一般的な花と野菜の培養土を使います。庭植えにする場合は、庭土を掘り返して、その土に二割か三割の腐葉土を混ぜて埋め戻してから植え付けをします。
●鉢植えの場合は必ず新しい土で植え付けしてください。

植え付け方法
苗から植える場合は普通。
植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落として、新しい鉢に植えます。根が多少傷ついても問題ありません。株分けもできます。
●寄せ植えによく使われる。色合いが他の植物を邪魔しない。頑健で意外と大きくなるので、他の植物を駆逐する(というか他の植物が見えなくなる)。で、寄せ植えだけど最後に残ったのはシルバーレースだけってことが良くある。

挿し木
土に挿していると発根して簡単に増えます。
病気になって株がダメになりそうな時の保険にしましょう。そんなこと滅多にないですが。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
日光を好み、多湿が苦手
日光を好み、日光が不足すると銀色の葉っぱが緑になり、徒長(=ひょろ長くなること)します。必ず、戸外の日当たりで管理します。花を観賞しないシルバーレースの葉っぱが緑になったら、ただの雑草です。必ず日当たりで管理します。夏の暑さ・直射日光には強いです。ただ「多湿」が苦手。風通しの良い場所で管理するようにします。
●夏の暑さ・夏の直射日光では枯れないが、多湿には腐ってしまう。

強い霜には負けるが
冬の寒さもまぁまぁ強いです。霜は最低気温が4度以下になると発生するんですが、そのくらいならシルバーレースは霜に当たっても枯れません。ですが、マイナス5度から8度あたりの「強い霜」に当たると枯れます。よって、関東より西なら問題なく戸外で越冬可能(ただし数年に一回の寒波で枯れる可能性はある)。
一番いいのは鉢植えで寒波がきたときだけ軒下に取り込む。面倒ですが。
●寒冷地は霜よけをする。鉢植えならば軒下に移動させる。

その他

その他
この項目の修正・提案をする
病害虫
アブラムシが発生します。発生したら薬剤をまいて駆除しましょう。
剪定(株の更新)
長く育てて、大きく育ってくると、シルバーレースの下葉が枯れて不恰好になります。これは切り詰めることで脇芽を出させて、元どおりのコンモリとした姿にしましょう。
具体的には根元から5センチか6センチほど残して切ってしまいます。すると株元から新しい枝が生えてきます。これ元どおりのコンモリになります。これを株の更新と言います。
●挿し木で株の更新をすることもあるけど、こっちが普通。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
カナリア諸島の常緑性多年草。葉っぱは細かく枝分かれし、小さな産毛が生えているために、ぱっと見には「銀色」に見えて、銀色のレースに見えることから「シルバーレース」と呼ばれています。見た目はほとんどシロタエギク(ダスティミラー)ですが、シルバーレースはタナケツム属、シロタエギク(ダスティミラー)はセネシオ属で違う。ただ、まー、ガーデナーにしてみればほぼ同じに見えるんですが。
シルバーレースの方が見た目が繊細で人気があるが、シロタエギク(ダスティミラー)より暑さ寒さに弱い(大した差はないけど)。
●シルバーレースを白妙菊(シロタエギク)・ダスティミラーと表示して売ってる花屋・ホームセンターもある。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用