レモンの育て方

MENU
使い方
TOP>ミカン科>レモン
スポンサードリンク

レモン(檸檬)

レモン
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ミカン科
属名ミカン属
学名Citrus limon
別名檸檬
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
常緑。自家受粉するので一本で結実する。隔年結実しやすい。トゲがある。危ないので取り除く。花芽分化が1月2月。5月に開花。8月に実を間引いて、10月11月あたりで収穫。
大きさ・草丈・樹高
3m
まとめ
●マイナス3度以下になると枯れる。寒い地域では室内に取り込む。暖かい地域では庭植えが適している。
水やりは普通。
肥料は2月・5月・7月・9月・11月に。
●誘引して枝を広げる。上へ伸びる枝には開花しづらい。
●鉢植えは2年に一回植え替え。
●日当たりで管理。

水やり

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやります。受け皿の水は捨てる。鉢植えだと水をやりすぎると根腐れします。庭植えの場合は自然に降る雨だけで十分です。

肥料

この項目の修正・提案をする
肥料
2月に骨粉入り油かす。5月・7月・9月・11月に緩効性肥料。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
初心者は棒苗(幹一本の苗…結実まで三年以上)ではなくて、結実の早い大苗(枝分かれしている苗)で植える。葉っぱが多くて、葉っぱの色が濃くつて艶のある苗を選ぶ。植え付け・植え替えは3月9月に。
用土
鉢植えの場合、一般的な花と野菜の培養土か、赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。
植え付け方法
鉢植えの場合は、根鉢より一回り大きな鉢を用意します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を入れて、軽石の上に土を入れ、根鉢をほぐして三分の一ほど根を切り戻して株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。植え替えの時も同じです。植え替えは鉢底から根っこが出てきていたらやります。植え替えの時に同じ大きさの鉢に植え替える場合は、根をノコギリやハサミで全体を3センチほど削り落としてから植えます。

庭植えの場合、深さ50cm直径70cmの穴を掘って、掘り返した土に3割ほど腐葉土を混ぜて半分戻して、根鉢の土はほぐして、根を三分の一ほど切り戻してから株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも、鉢植えも棒苗(枝分かれしていない苗)の場合は支柱をする。
●庭植えも、鉢植えも接ぎ木の境目を土の下に植えないようにする。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
栽培適地は関東以西、特に瀬戸内海の暖かいところから西。年間の平均気温が15度以上が適している。耐寒温度はマイナス3度前後。これを下回ると枯れる(ことが多い)。マイナス3度以下になる地域では鉢植えにして冬は室内で管理する。
夏の管理
夏も直射日光に当ててください。ただし、コンクリートの照り返しで乾燥でしおれたり、果実が傷みますので、そういう場所は避けて半日陰に移動させます。
冬の管理
マイナス3度以下になると枯れることがあります。冬はマイナス3度になる時間が少ない場所で管理するようにします。できれば戸外で、無理なら部屋の中で。室内で管理する場合でも日当たりで管理するようにします。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
アザミウマ・カイガラムシ・アオバハゴロモ・カメムシ・カミキリムシ・アゲハチョウ・ハモグリガ・ハダニ・サビダニ
トゲ
トゲがあるので取り除く。
摘果・摘花
四季咲きして春・夏・秋に開花する。夏・秋の花は摘花する。春の花が結実したら8月に間引きます。それまで実も花も間引きません。たくさん実をつけると株が弱って翌年実がなりにくいです。目安は葉っぱ25枚にレモン一個。8月は袋掛けをして実を守るといいです。
剪定
一年後・二年後の3月
棒苗を植え付けして一年後に、株から伸びた枝のうち、太いものを3本だけ残してあとは切る。2年目は全体の枝を三分の一ほど切り戻す。台木の部分から枝が出ている場合は切り落とす(台木はカラタチでレモンより強いから放置していると栄養がカラタチに回るので)。
●新芽が出る前の3月に選定をします。枝がよく伸びる時期に剪定すると枝が痛む。しかし、2月以前に剪定すると、風通しが良くなって寒さに弱くなります。3月がほぼ唯一の剪定時期。

大苗は2年を過ごしているので作業はここから。
三年後の3月
余分な枝を落として、長い枝を切り戻します。枝を誘引します。柑橘系は枝が上へと伸びるのですが、上に伸びた枝は結実しづらいです。紐で引っ掛けて枝が広がるようにひっぱります。
その後の剪定
毎年3月に剪定します。大きさを抑えるために十分な高さになったら天辺の枝を切り、春以降に幹まで風と日光が通るように枝を間引き、長い枝は三分の一ほど切り詰めます。また適宜誘引します。
●レモンは枝の先にだけ結実します。短い枝も長い枝も結実します。よって全体を切り戻すと花芽が全くなくなります。長い枝だけを三分の一だけ切り戻します。
●太い枝を切った場合は癒合剤を切り口に塗る。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
原産地はヒマラヤ。それが中東に伝わり、シチリアに伝わった。その後、ヨーロッパにレモンの存在は伝わったのですが、レモンは暖かい地域の植物でヨーロッパでは育たなかった。レモンだけでなく柑橘系はヨーロッパでは金持ちの象徴的存在で、貴族や金持ち商人は冬に枯れないように柑橘系の木を覆う建物を冬にだけ建てて多い、建物の中で火を焚いて冬越しまでさせた。その建物が「オランジェリー」。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ミカン科の仲間


ミカン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用