雌雄同株

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識(中級編)>雌雄同株
スポンサードリンク

雌雄同株とは


雌雄同株は、一本の木、一本の花草に、花粉を出す器官と受粉し結実する器官がある植物のことです。

大抵は一つの花の中に「おしべ」と「めしべ」がありますが、これを雄花と雌花という風に、花で分けたものを雌雄異花といいます。雌雄同株と反対に雌雄異株があります。雌雄異株はオスの木とメスの木と分かれていることです。

どうして雌雄で分けたり分けなかったりするのか?

植物にとって、雌雄を分けることは非常に大事なことです。雌雄同株であっても出来るだけ自家受粉しないように工夫をしています。
例えばこんな工夫を
例えばアボカドは雌雄同株で、一本の木で雄花と雌花が咲くのですが、雄花と雌花が咲く時間がズレていて、一本植えただけでは受粉する事はありません。他にもブルーベリーも雌雄同種なのですが、同種では受粉が出来ません。ドラゴンフルーツも自家受粉しないようになっています。ドラゴンフルーツの場合はDNAが違っていれば同種でも受粉可能なのですが、日本にやってきた直後は一株から栄養繁殖させたクローン体ばかりだったので、受粉しない状況でした。
自家受粉は最後の手段
植物にとって同じDNAで種子を作るということは、多様性を維持できず、非常にマズイことになります。多様性が維持できないと、一種の病気・害虫にやられて全滅する事があるからです。出来るだけ多様性を持ち、全滅を避けられれば、種は保存されるのです。

こんな工夫も

ウリ科の植物
ゴーヤヘチマカボチャといった植物は、まずは雄花が出来てから雌花が咲きます。最初に雄花ばかりが咲くので、「これじゃ、実がならないよ!」とパニックになる人も居ますが、普通です。多様性を保つ為に、雄花を先に咲かせ、他の株との交配をしようとします。
プリムラ(サクラソウ
おうちにプリムラがある場合は、花をちょっと覗いて、中心部分の雄しべと雌しべを見てください。すると雌しべ(花柱)が単独で飛び出している個体(ピン型)と、雄しべの方が長くなっている場合(スラム型)があります。実はピン型とスラム型という組み合わせでないと受粉しないようになっています。出来るだけ自家受粉を避ける工夫です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間


ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用