ユズの育て方

TOP >ミカン科>>管理

ユズ(柚子)

ユズ
科名ミカン科
学名Citrus junos
別名柚子
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ユズの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. 剪定と摘花・摘果について
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ユズの育て方

文章の修正柚子湯に食用に
庭に植えれば、時間は掛かるものの実がなって、柚子湯に使ったり、柚子料理に使うなど色々と利用価値がありますし、黄色い実がなっている様子はなかなか鑑賞価値があります。

アゲハチョウの幼虫があっというまに――
ミカン科の植物ですので、アゲハ蝶がタマゴを産み付けにきます。タマゴからは芋虫が生まれ、それが葉っぱを食べるのですが、そのままにしておくと、あっという間に葉っぱを食べられてしまいます。早めに捕殺しましょう。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水はけのよい土を好みますが、乾燥にも弱いです。庭植えした場合は、降雨だけで日照りでもない限りは、水やりをする必要はないのですが、冬場の乾燥や夏の乾燥で、水切れすることがあります。

根本に腐葉土を敷いてマルチングしたり、グランドカバーの植物を植えて蒸発を防いでやるとよいです。

肥料
3月・6月・10月に緩効性肥料を根本に撒きます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正苗木を買うと大抵は接木してあります。ユズは種から育てる「実生」の場合はなかなか実がなるまで時間がかかります。十数年とも(桃栗三年柿8年ユズの大馬鹿18年とか16年とか)。接ぎ木したものであれば数年です。
●ユズはスーパーで売ってるものの種子を取り出して蒔いていると発芽して育ちますが、実がなるまで時間がかかる上に、トゲあって、目が当てられないことになる可能性が高い。

地植えする場合は
深さ50センチの穴を掘り、そこに腐葉土を2割か3割、混ぜ込みます。堆肥をやる場合は、必ず堆肥と根が当たらないよう10センチ以上離して植え付けします。堆肥と根が当たると根が肥料焼けして、株が弱ってしまいます。
鉢植えもできるが
一般的ではないですが鉢植えも。鉢植えの場合は一般的な培養土か、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。
一本で実がなる
ユズは自家結実性があり、一本の木で実をつけることが出来ます。

管理場所・日当たり

文章の修正柑橘類の中では破格の耐寒性
耐寒温度はマイナス7度と、少々の寒波なら耐えられます。東北でも栽培されていますが、さすがに東北では冬には風除け・マルチングなどの防寒が必要になります。

日当たりを好む
日光を好み、日当たりで管理します。西日に弱いとされますが、これは西日が根本に当たって乾燥するためです。根本に西日が差さなければ問題ありませんし、根本にグランドカバーの植物植えたり、腐葉土などでマルチングすれば問題ありません。

耐陰性あり
半日陰程度ならば問題なく生育します。でも花のつきが悪くなり、果実が少なくなりますので、出来るだけ日光が当たる場所で育てます。ベランダでも育てられます。

剪定と摘花・摘果について

文章の修正剪定は3月に行います。
植えつけて数年はどちみち実がなりませんから、剪定せずに枝を伸ばします。その後、剪定をします。
ユズだけでなく、柑橘系は枝が「上」に向いていると花が咲かない傾向があります。ロープで太い枝を引っ張って「横」へと誘引させます。これを3月までに行います。その上で、邪魔な枝をさばいてやります。日光が幹まで当たるように細い枝は剪定します。
●前の年に伸びた枝に花が咲いて実がなるので、去年のびた枝は切らない。
●10月くらいに「去年伸びた枝」なのに花が咲かなかった場合は、その年、伸びた枝と同じくらいに切り戻すと良い。

葉っぱ100枚につき実を一個
花が咲き、その後、果実が膨らみ始めます。そのときに葉っぱ100枚に付き果実を一個程度に間引きます。果実を大きくする効果があります。また果実をたくさんつけることで株が弱まるのを防ぎますので、必ず間引いて下さい。

果実を長くつけておくと来年に果実がならない
果実が黄色く色づいても、そのままにしておくと株が弱まり、翌年に花が咲きづらくなります。すると一年おきに実がなるようになります。これを「隔年結果」といいます。柚子は比較的隔年結果になりにくいのですが、あまり長期間果実を放置せずに収穫しましょう。

夏以降の実は摘果
夏以降に出来た実はすぐに摘果した方が来年の実つきがよくなります。

植えてから二年は全てを摘果
植えてから二年は全ての果実を摘果することで株の成長が早まり3年目以降の花つきがよくなります。

剪定について
昨年、実がなった枝は落としても構いませんが、全体的に出来るだけ剪定しません。邪魔になったら切る程度にとどめます。

特徴・由来・伝承

文章の修正柚子の大馬鹿18年
「桃栗三年柿八年、柚子の大馬鹿18年」と言われるように、果実がなるまで時間が掛かります。しかし日本の東北地方でも育てられるほどに寒さに強く、収穫が出来るかんきつ類は柚子くらいのものです。カラタチに接木することで収穫は三年から五年程度まで短縮出来ます。

害虫が少ないことから庭木としても利用されます。柚子を植えるとあの実がなることから「橙(だいだい)=代々栄える」とされ縁起の良い庭木です。

柚子というと花柚子・本柚子とあります。ところがこの二種はまったくの別種。花柚子は本柚子よりも花も実も小さいですが、熟すのが早いです。

柚子の品種について
柚子には木頭柚子(きとうゆず)、山根柚子、多田錦(タダニシキ)という代表的な品種があります。この中では多田錦がトゲがないことや実がなりやすいこと、何より果実に種子が無いことで、庭木に植えらています。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ヘンルーダ
ミカン科ヘンルーダ属
ミカン
ミカン科カンキツ属
キンカン
ミカン科キンカン属
レモン
ミカン科ミカン属
ボロニア・ピナータ
ミカン科ボロニア属
コレオネマピンクファウンテン
ミカン科コレオネマ属
シキミア
ミカン科スキミア属
フィンガーライム
ミカン科ミクロシトラズ属
サザンクロス
ミカン科クロウェア属
ボロニア
ミカン科ボロニア属
スポンサーリンク