フイリノシランの育て方

TOP > キジカクシ科 > 更新日

フイリノシラン(シロスジノシラン)

nophoto
科名キジカクシ科
属名ジャノヒゲ属
学名Ophiopogon jaburan variegata
別名シロスジノシラン
みずやりたまにやる程度
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

フイリノシランの育て方

文章の修正育て方の概要
常緑多年草ノシランの斑入り品種。ノシランはただの緑の葉っぱなのでこちらの方がカラーリーフで綺麗。非常に頑健で、環境が合っているところに庭植えすればほぼ手入れなしでも綺麗に育つ。夏に開花して冬に濃い藍色の実がなる。株が大きく育つ。育て方はノシランを参考に。
大きさ・草丈・樹高
最大で草丈1m。普通には高さ40cmくらいか。
まとめ
●育て方はノシランを参考に。
●土が乾いたら水をやる。
●多少湿った環境を好む。
半日陰か日陰で育てる。
●庭植えにすれば非常に手間のかからない植物。

スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

水やりと肥料

文章の修正水やりのコツ
水やりは普通。水切れしないようにする。水切れすると葉っぱの先から枯れ込んでくる。
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。受け皿の水は捨ててください。
肥料
肥料は基本的には不要。 なくても育つ。
冬に緩効性肥料をやり、秋に緩効性肥料をやると生育がよい。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替え・植え付け時期
用土
一般的な花と野菜の培養土。 自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使う。
植え付け方法
株同士は20cmから30cm離す(60cm離した方がいいって人もいる)。
庭植えの場合は、30cmの深さ・30cmの直系の穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

鉢植えの場合は、ポットや鉢から株を取り出し、土をほぐしておきます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。
●植え替えの場合は株分けも可能。古い土を三分の一ほど落としてから植え替えてください。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好むが、半日陰がもっとも適していて多少の日陰でも問題なく育つ。
暑さ寒さに強い。耐寒温度はマイナス10度かマイナス15度で北海道でも育つ。

その他

文章の修正病害虫
サビヒョウタンゾウムシ。
剪定
春に新芽が出るので春前に、古い葉っぱをバッサリと根元から刈り取ると毎年綺麗な葉っぱでコンモリとした形を保つことができる。

特徴・由来・伝承

文章の修正斑入りのノシラン。ほぼ同じ容姿の植物にミスカンサススノードラゴン白竜フイリヤブランがあって、どうも販売業者も混同している。ただ、どれも育てやすく、性質が近いので、あんまり問題になってない(ように見える)。

関係記事・人気記事

リュウノヒゲ

リュウノヒゲリュウノヒゲ
キジカクシ科
(ジャノヒゲ属)

ヤブラン

ヤブランヤブラン
キジカクシ科
(ヤブラン属)

コクリュウ

コクリュウコクリュウ
キジカクシ科
(ジャノヒゲ属 )

白竜

白竜白竜
キジカクシ科
(ジャノヒゲ属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用