ココピートの効果・特徴と使い方は?ピートモスとの違いも

TOP >雑学>用土>ガーデニング基礎知識(中級編)>>管理

目次

  1. ココピートとは?
  2. ココピートの効果・特徴
  3. ピートモスより優れている点
  4. 問題点
  5. SNSボタン・関連記事

ココピートとは?

ココピートとは?
文章の修正ココピートはヤシの実の繊維を砕いた土壌改良材のこと。ココピートはエムアンドケイという企業の「商標」で、エムアンドケイ以外が販売しているものは「ココピート」ではないです(別の名前で販売している)。

ヤシの実の殻からマット・敷物などを作る。その残った繊維を堆積して、発酵させたものを粉砕・乾燥したものがココピート。ココはココヤシのココ。ピートは泥炭のこと。ネーミングからピートモスを意識していると思われる。
スポンサーリンク

ココピートの効果・特徴

中性

文章の修正ココピートのpHはおおよそ中性(6.3)。ピートモスと違って中和する必要がない。ただし、ピートモスと同じで、ヤシ繊維を堆積して長期間発酵させたものはpHが酸性になるため、中性というのも商品による。裏書きの数字を元にするか、計測器で調べて利用しましょう。

土壌改良剤として優秀

文章の修正保水性・保肥性
保水性とは水を吸収すること。保肥性は肥料を土中にとどめる性質のこと。水捌けの良すぎる土に混ぜることで、水もちをよくする土壌改良剤として優秀です。

また、ココピートは乾燥しても吸水する。ミズゴケやミズゴケを主成分としたピートモスでは、極端に乾燥すると逆に撥水して吸水しなくなる(つまり保水しなくなる)。ところがココピートは乾燥しても吸水できる。

フカフカになる
フカフカになる。土がフカフカになるのは間違いない。

使い方
土壌改良を目的として土に20%ほど混ぜる。これはピートモスと同じ使い方。

安い!

文章の修正安い。そもそもが廃棄物なので、これを加工しているだけで、非常に安く上がっている。ただ、これは「現在のところは」であって、需要が高まりすぎるとどうなるかは分からないです。

環境に良い…とされる

文章の修正ピートモスは自然に堆積した植物を剥がして、粉砕・乾燥して生成しているため、環境破壊ではないかと問題になっているのに対して、ココピートは本来廃棄されるヤシ殻の再利用で、環境に良いとされます。また、ココピートを種子栽培に使ったあとにも廃棄しやすく、土に混ぜれば分解されていずれは「土」になります。

軽い

文章の修正軽い。用土が軽いと作業効率がよくなる。ただ、これは生産者の話で、一般的なガーデナーにはあまり関係ない。

ピートモスより優れている点

文章の修正現在(2022年)、ココピートはピートモスの代替材として注目されてる。ピートモスには二つの問題がある。一つは「酸性」であること。ブルーベリーなどの用土には適しているが、その他の中性の土を好む植物に使う際は中和する必要がある。もう一つはピートモスの材料となる泥炭を採集する際に「環境破壊」があること。この二つの問題点をピートモスはクリアしている。

まずココピートは中性である。そしてココピートはヤシの実の繊維であり、廃材の再利用であるので環境破壊にはならない。その上、軽い、保水・保肥に優れ…何より「安価」であるとなると、ピートモスにとって変わるのは時間の問題に思う。といっても、それは生産者や園芸用品を作る企業の話であって、一般的なガーデナーにはあまり関係なく思います。

問題点

ココピートは商品名

文章の修正ココピートはエムアンドケイという企業の「商標」であって、類似商品は別の名前で流通している。ところが世間はこの「ヤシ繊維を原材料とした土壌改良材」=「ココピート」という認識で、別名の別企業の別商品も全て「ココピート」という認識にあります。

その類似品の中に、品質の低いものもあり、混乱があります。買う前に「安すぎないか?」と自問自答するといいです。そしてそれなりに有名なブランドから買うようにしましょう。
●安いココピート類似商品によっては適切に加工できていないことがあります。中にビニールが入っているとか、よくわからないがうまく育たないなんてこともある。

タンニンと塩分と品質

文章の修正ヤシの繊維にはタンニンが含まれていて、タンニンは根の発育を阻害します。そこで、ピートモスを生成する過程で、このタンニンを抜く作業が必要となります。本来は堆積・発酵で分解されます。

安価なココピート類似品では堆積→発酵が甘いのではないかと思われる。もしも今後、ココピートの需要が高まると、このあたりがさらに雑になって品質の悪い商品が出回り、需要も萎んでしまう可能性は結構ある。

この堆積→発酵を経ていないものは品質にばらつきがあって…つまり塩分やタンニンが残っていることがあり使いづらい。塩分やタンニンは水を何度もやっていると流れていきます。しかし、そんな作業が必要となると、コストがかかって高騰したり、購入者がタンニン・塩分を抜く作業をしなくちゃいけないとなると、ココピートは資材として魅力がなくなります。

この辺りの問題は今後の状況を注視していくしかないですね。
●ヤシ殻を材料にした園芸資材に「ベラボン」というのがある。これはココピートと違って、堆積させておらず、ヤシ繊維をチップにした培養土のこと。ベラボンは「アク抜き」をしてタンニンを除去している。
ベラボンの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

今後は高値に?

文章の修正そもそも農業を支えるほどの「ヤシ繊維の堆積」があるのか?という根本的な疑問がある。実際、そんなに堆積があるわけもなく、現在すでに原材料…つまり堆積物が不足しつつある(らしい)。今後は高値になる可能性もある。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

園芸で使った培養土を処分・廃棄するには?
ガーデニング基礎知識・雑学
用土
雑学
自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
ガーデニング基礎知識(中級編)捨てない・買わない土のリサイクル
100円ショップの安い土はダメか?(初心者向け)
ガーデニング基礎知識・雑学
苦土石灰
ガーデニング基礎知識(中級編)マグネシウムとカルシウム
必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)
ガーデニング基礎知識・雑学
堆肥
雑学
腐葉土
ガーデニング基礎知識(中級編)
酸性土
園芸用語
赤玉土
園芸用語
培養土
ガーデニング基礎知識・雑学
鹿沼土
ガーデニング基礎知識(中級編)
専用土
園芸用語
ゼオライト
ガーデニング基礎知識(中級編)土壌改良・根腐れ防止
ミズゴケ
園芸用語
生ゴミを堆肥・肥料に出来るか?
ガーデニング知識(上級編)

同じカテゴリの記事

繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
バーミキュライト
ガーデニング基礎知識(中級編)
真夏と真冬はガーデニングをしない
ガーデニング基礎知識(中級編)
米糠
ガーデニング基礎知識(中級編)
スポンサーリンク