コニファーの一覧…特徴などまとめ

TOP > 園芸用語 > 更新日

コニファーとは

コニファーとは
文章の修正コニファーは針葉樹の総称でこれといった品種を指すことはありません。
常緑樹で、成長しても樹形が乱れないために庭木に向いています。よく知られているのがゴールドクレスト。よくクリスマスのツリーにされるが、ゴールドクレストは日本の気候に合っていないので気を付けてください。
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

コニファーの特徴

文章の修正花も咲くが目立たないことが多く、ほとんど観賞価値はありません。香があることが多く、森林浴効果をうたって販売されることも。
肥料食い
肥料ぐいというか、肥料が切れると葉っぱの色が悪くなり、まばらになり、枯れこむ。肥料不足で枯れるということはほとんどないが、コニファーの良いところが消えるので肥料は消えないようにする。
大きくなりすぎるので剪定
庭植えにして管理できるのは3m程度。そこで芯止をして大きさを抑えるようにする。

ヒノキ科イトスギ属Cupressus

文章の修正
ホソイトスギ Cupressus sempervirens
スワンズゴールデン
樹高5mから7m。接木している苗は強い。

モントレーイトスギ Cupressus macrocarpa
よく流通しているが日本の気候に合っておらず、大きくなってからも突然、枯れることが多い。植えてる人が多いが、植えない方がいい。
ゴールドクレスト
放置しているとかなり大きく育ち、突然枯れる。

ゴールドクレスト・ウィルマ
ゴールドクレストの葉っぱの密度が高いもの。そのために蒸れやすく、なおのこと枯れやすい。

ゴールドクレスト・オーレア
葉っぱがより黄色く鮮やか。

アリゾナイトスギ Cupressus arizonica
ブルーアイス
樹高8m。成長が早く、葉っぱが白銀色で非常に綺麗でよく流通しているが、根が弱く、横風に弱い。

ラインゴールド
樹高2m。こんもりの半円球に剪定してまとめる。

サルフレア
樹高5m。ブルーアイス同様に根が弱く横風に弱い。

シダレイトスギ Cupressus funebris

ヒノキ科ビャクシン属Juniperus

文章の修正
コロラドビャクシン Juniperus scopulorum
スカイロケット
樹高5m。横幅が細くてかっこいい。

ブルーエンジェル
樹高5m。青色系。

ムーングロウ
樹高4m。青色系。

ブルーアロー
樹高5m。青色系。

ブルーヘブン
樹高5mから6m。青色系。ボリュームが出るのは樹高1.5mから。

ウィチタブルー
樹高3m。青色系。生育が遅い。

パスファインダー
スノーフラーリーズ
トルソンズウィーピングブルー
ウィンターブルー
グレイグレアム

ハイネズ Juniperus conferta
ブルーパシフィック
樹高20cm。横に広がる。青系。

ハイネズ・サンスプラッシュ
樹高1m?葉っぱの先が黄色い斑入り品種。

シルバーミスト
ハイネズ・オーレア

セイヨウネズ Juniperus communis
シルバーライニング
樹高50cm。葉っぱの裏が白い。

ゴールドコーン
樹高3m。新芽が黄色い。

スエシカ
樹高7m。改良品種は樹高4m。

コンプレッサ

アメリカハイネズ Juniperus horizontalis
ウィルトニー
樹高30cm。葉っぱは青緑。

バーハーバー
樹高50cm。葉色は灰がかった緑。

ブルーチップ
樹高50cm。青系。

ヤングスタウン
樹高50cm。

ブルーラグ
ゴールデンカーペット
プルモーサ

イブキ Juniperus chinensis
カイヅカイブキ
樹高10m。枝が螺旋状に伸びる。

ハイビャクシン
樹高50cm。横に伸びる匍匐性のイブキ

タマイブキ
樹高1m。丸く育つ。


ネズミサシ Juniperus rigida

フィツェリアーナビャクシン Juniperus pfitzeriana
サルファースプレイ
フィツェリアーナコンパクタ
フィツェリアーナグラウカ
セイブロックゴールド
オールドゴールド
ミントジュレフ

ニイタカビャクシン Juniperus squamata


エンピツビャクシン uniperus virginiana
バーキー
グレイオウル
ノヴァ
ペンデュラ
レプタンス
シルヴァースプレッダー

ヒノキ科ヒノキ属Chamaecyparis

文章の修正
ローソンヒノキ Chamaecyparis lawsoniana
アルミゴールド
樹高5m。新芽が黄色い。日陰で育てると葉色が濃くなる。

コニファー・サマースノー
樹高5m。葉色がクリームがかった緑。

シルバースター(=エルウッディ
樹高3mから8m。

★コニファー・コルムナリス
樹高10m。

コルムナリス・ゴールド
樹高6m。新芽が黄色い。

コルムナリス・グラウカ
樹高6m。葉っぱが青灰色。

★ヒノキ Chamaecyparis obtusa
グロボーサ・バリエガータ
樹高1.5m。矮性で斑入り。

コラリフォルミス
ナナグラシリス
ナナルテア
ツヤマヒノキ
クジャクヒバ
オウゴンクジャクヒバ
ナナ
ナナオーレア

サワラ Chamaecyparis pisifera
ゴールデンモップ
樹高2m。春から秋は葉色が黄緑。冬は黄色。生育が遅い。

ボールバード
樹高6m。

ヒヨクヒバ(フィリフェラ)
樹高15m。

フィリフェラオーレア
樹高5m。日当たりがいいと葉色が黄色になる。

ヒムロ杉
樹高10m。

ゴールドスパングル
イトヒバ

ヒノキ科クロベ属Thuja

文章の修正
ニオイヒバ Thuja occidentalis
エメラルドグリーン
樹高4m。冬は葉色が黄土色になる。


ヨーロッパゴールド
樹高5m。春から夏は葉色が緑。秋冬はオレンジ色になる。

グリーンコーン
樹高5m。

イエローリボン
樹高5m。春は葉色が黄色。夏は黄緑。冬はオレンジ色になる。

デグルートスパイヤー
樹高3m。生育が遅いのが特徴。

グロボーサオーレア
樹高1m。新芽は黄色で矮性。


サンキスト
ウッドワーディ
ゴールデングローブ
ローゼンタリ
タイニーティム
ワンズダイクニューシルバー
テディ

ヒノキ科レイランドヒノキ属Cupressocyparis

文章の修正
レイランドヒノキ Cupressocyparis leylandii
樹高5mから6m。生育が早い。アラスカヒノキとモントレーイトスギの交雑種。「レイランディ」で流通している。以下の園芸品種も日本の気候に合っている。
ゴールドライダー
樹高6m。レイランドヒノキ(レイランディ)の中でよく流通している品種。

ゴールドライダー・アルボバリエガータ
樹高5m。ゴールドライダーの斑入り品種。アルババリエガータより「斑入りゴールドライダー」の名前の方が一般的。

コニファー・シルバーダスト
樹高5m。乳白色の斑入りの品種。樹高1.5m以下だと斑入りが疎(まばら)になって不格好なので、それなりに広い庭じゃないとダメ。

キャッスルウェランゴールド
樹高10mから15m。夏に緑、冬には黄色になる。レイランディと同じくらいによく育つ。

マツ科

文章の修正
カナダトウヒPicea glauca
コニカ
★メイゴールド
★サンダースブルー
★エキニフォルミス
カナダトウヒ・オーレア
★ペンデュラ
★アルバータグローブ
★ローリン

ヨーロッパアカマツPinus sylvestris
★ファスティギアタ

スギ科

文章の修正
ヨレスギ Cryptomeria japonica
ヨレスギ・スパイラリス

スギ Cryptomeria japonica
スギ・ピグマエア

19世紀日本にやってきたプランツハンター

文章の修正19世紀前後、日本の幕末から明治にかけて、西欧のプランツハンターが日本や中国に新種の植物を求めてやってきました。彼らは有用な植物を求めてはいましたが特に需要があったのが、貴族の庭を飾る「針葉樹(コニファー)」であり、高値で取引されていました。
なぜ針葉樹が貴族に高く売れたのか?
貴族の庭は非常に広く、そこにあまり手間の掛る植物は植えられません。そこで剪定しなくても、自然と形の整うスギやマキといった針葉樹が重宝されました。

関係記事・人気記事

ゴールドコースト

ゴールドコーストゴールドコースト
ヒノキ科
(ビャクシン属)

ゴールドライダー

ゴールドライダーゴールドライダー
ヒノキ科
(レイランドヒノキ属)

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールドヨーロッパゴールド
ヒノキ科
(クロベ属)

ボールバード

ボールバードボールバード
ヒノキ科
(ヒノキ属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用