ブルーエンジェルの育て方

MENU
使い方 TOP

ブルーエンジェル(コロラドビャクシン)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名juniperus scopulorum blue angel
別名コロラドビャクシン
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
常緑高木の針葉樹。コニファー。コロラドビャクシンの一品種。葉っぱの色が鮮やか。コロラドビャクシンの品種には他にスカイロケットブルーヘブンがあります。育て方は「スカイロケット」を参考にしてください。シンボルツリーに適している。成長が早く、年間で30cmほど伸びる。育てるのは難しくないが、剪定水やりと樹木の割に手間がかかる。
大きさ・草丈・樹高
樹高5m。剪定で小さくまとめる。
まとめ
ビャクシン属は赤星病の中間寄生主で、ナシ栽培をしている地域では栽培を禁止されているかもしれないので、地域のHPでチェックしてください。
●意外と水切れする。庭植えでも様子を見て水をやる。
肥料を欲しがる。肥料が不足すると葉色が悪くなる。
●必ず剪定をしてちいさくまとめる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えでも、葉っぱや様子を見て水をやります。特に夏は水切れしやすいです。水切れするとてっぺんが萎れるのでしおれたら水をやってください。夏に水をやるときは早朝か夕方にやるようにします。昼に水をやると水が沸騰して傷んでしまいます。
肥料
肥料を欲しがり、肥料が切れると葉色が悪くなる。葉色が悪いのは肥料不足か日光不足。2月前後に寒肥として化成肥料か鶏糞をやり、9月にも同様にやる。意外と肥料喰いで肥料が多いほどよく生育するし葉色もよくなるが、もちろん限度を超えると枯れる。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
冬の間。
用土
水はけの良い土を好みます。
植え付け方法
庭植えの場合は、根鉢の二倍の深さと大きさの穴を掘って(深さ30cm直径30cmくらい)、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。必ず支柱を立てて、くくりつけてください。ブルーエンジェルというかコニファーは根の張りが弱く、強風で倒れがちです。予防のための支柱は必須。
●夏の高温多湿を避けるために2本以上植える場合は株同士を1.5mほど離す。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
東北南部以南で栽培可能。
日当たりを好む。
半日陰でも育つが、日当たりが悪いと葉色が悪くなってしまい、もったいないので出来るだけ日当たりで育てるようにする。幹の近くや、日光の当たらない側は徐々に葉っぱがなくなるが、これは「生理現象」としてあきらめる。
寒さに強く、暑さに弱い
寒さに強く、暑さに若干弱いとされますが、過湿・蒸れなければ九州などの暖地でも育てることは可能。北海道東北では逆に寒さで葉先が枯れこむことがあります。
雪に注意!
積雪の多い地域では、雪の重みで枝が折れてしまうことがあります。雪が降る前に、枝を紐で縛って枝折れを防ぎます。

その他

その他
この項目の修正・提案をする
病害虫
ほぼない。
剪定
ハサミで切ると葉っぱが茶色くなるので、強い剪定は新芽が出る2月に行います。ブルーエンジェルは年間で30cmも大きくなり、5mになります。なので小さくなるように剪定しないといけません。2月の強い剪定はイラストのように形を整えていきます。また、夏の高温多湿対策として風通しが良くなるように枝を落とします。
●夏の蒸れで内側が茶色く枯れる。ある程度はしょうがないけど。

あとは3月6月9月に樹形を整える剪定をします。葉っぱを手でむしってください。ブルーエンジェルは葉っぱの出ていないところからはもう枝も葉も出てこなくなるので、気をつけてください。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
コニファーの園芸品種
色合いがよく、スカイロケットに取って代わりそう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ヒノキ科の仲間


ヒノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用