ブルーヘブンの育て方

MENU
使い方 TOP

ブルーヘブン(コニファー・コロラドビャクシン)

ブルーヘブン
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名juniperus scopulorum Blue Heaven
別名コニファー・コロラドビャクシン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
ブルーヘブンはヒノキ科ビャクシン属のコロラドビャクシン園芸品種シンボルツリーとして人気。ゴールドクレストより育てやすいとされる(ゴールドクレストが育てにくいだけなんですけどね)。樹高は5m-6mにまで育ちますが、芯を切ることで高さは適度に抑えられます。ボリュームが出るのは樹高1.5m以上から。ブルーエンジェルより太くて青色が濃い。
ビャクシン属は赤星病の中間寄生主です。赤星病はナシやボケ病気でこれを栽培している地域の近くではビャクシン属の栽培を禁止していることがあります。地域のホームページでチェックしましょう。
樹高5mから6m横幅1.5m
まとめ
●土が乾いたら水をやる。庭植えでも観察して水をやる。
●春から秋は戸外で日当たりか半日蔭。蒸れに注意。
●暖房の効いた部屋では乾燥しすぎて傷む。
剪定で小さくまとめるように心がける。後から小さくするのは難しい。
●ビャクシン属は自治体によっては栽培を禁止しているので調べてから植える。
●春と秋に肥料をやる。肥料はなくてもいい。
スポンサードリンク

水やり

この項目の修正・提案をする
庭植えの水やり
庭植えの場合は、軒下といった雨が当たらない場所でない限りは、水をやらなくても自然雨だけで十分ですが、乾燥する時期は、土の状態を見て水をやるようにしてください。
●植え付けして一年か二年は根が広がっておらず、水切れが起きやすいので庭植えであっても二年以内は注意して水をやってください。特に植え付けして一年目の夏は危険。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやりすぎると根が腐るなどして枯れてしまいます。過湿に弱く、蒸れると内部から枯れこんできます。しかし水切れにも弱いので注意してください。

この項目の修正・提案をする
新芽が出る頃(2月3月)に緩効性化成肥料か、油粕や鶏糞をやります。
●ブルーヘブンは多肥を嫌います。肥料が多いと傷んでしまうこともあります。控えめにしましょう。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
用土
水はけのよい一般的な土に育ちます。肥沃な土を好むので植え付けの前に堆肥腐葉土を混ぜ込んでおきます。
●庭植えにするときでも、大きくしたくないときは、鉢植えのままで、土に植えてしまうという技も。
●移植は難しいです。移植する場合は専門家に。鉢植えの植え替えをするときは土を落とさないで植え替えをします。

庭植えの手順
直径40cm深さ40cmの穴を堀り、掘り出した庭土に腐葉土か堆肥を3割ほど追加してよく混ぜて用土とします。穴に用土を半分戻して、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやって完成です。
●生垣にするのであれば株間は80cmほど空ける。一本立ちにするのであれば1m以上空ける。
●植え付けの時に土を落とさず、根をいじらないでください。
●根が荒く横風に弱いため、植え付けて2年は支柱をしてやるといい。

栽培可能地域

この項目の修正・提案をする
九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部・関東北部・東北南部・北海道

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
春から秋
日向か半日蔭を好みます。半日蔭の場所でも十分生育します。日当たりがいいと葉っぱがシルバーになり、日当たりが悪いと葉っぱが濃くなります。夏は蒸れに注意します。出来るだけ風通しがよいのが好ましいです。
●あまりに日当たりが悪い部分は茶色く変色して落葉します。これは植物の光合成を効率よくするためにしていることで健康な生理現象です。


耐寒温度はマイナス15度。東北南部まで戸外で越冬可能。降雪地帯では雪囲いをしないと雪の重さで枝が折れる。下記リンクを参考にしてください。また、根の凍結は避けた方がいいので株元に腐葉土やワラでマルチングをする。
参考庭木の雪囲い
●うちのサイトでも「ブルーヘブンは寒さに弱い」と記述していたんですが、北海道(道央)でも越冬するよう。

剪定

剪定
この項目の修正・提案をする
一本立ちになってほしいのですが、放置していると複数の芯が立ってしまいます。不要な芯を切って一本立ちを維持します。剪定時期は3月~4月と6月と9月です。小さくまとめるためには年に3回剪定をします。その他の剪定は邪魔な枝を落とし、樹形を整えます。また新芽が暴れるのを防ぎます。
●剪定するときは各枝に葉っぱを残すように。
●芯のてっぺんを切ることで高さを抑えることが出来ます。
●一度大きくなったコニファーを小さく仕立てるのは無理。まぁ、小さくするだけで見た目を問題にしないのであれば、バッサリいくだけでいいのですが。
●大きくなってから剪定するのではなく、小さいときから、コマメに剪定して小さく保つように心がけます。
●葉っぱの生えていないところから新しい枝は出ない。
●生育して幹の部分に葉が生えていないなら、そこから枝が出ることは無い。よって内部がスカスカになってからバッサリいくと見た目がアレになります。
●よって幹から出る側枝を新しい芯に見立てて、古い芯を落として、小さくする剪定を繰り返して整えていくしかない。
●枝をさばいて幹まで日光が入るようにすると新しい枝が出やすい。
●ヨーロッパでは大きく生育し切ったら切り倒して新しいコニファーを植える。それが面倒なので、異常に生育が遅いコニファーが珍重される。ただし、それはヨーロッパの歴史ある大邸宅の広大な庭の話。
●側枝は斜めに出て、その後、上へと伸びます。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
常緑の高木。緑というよりは青、もしくは青緑といった方がよい葉色で、スカイロケットばりの縦長のコニファーですが、葉っぱの密度が荒い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用