コロラドビャクシンの育て方

TOP >園芸用語>コニファー>>管理

コロラドビャクシン

コロラドビャクシン
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus scopulorum
耐寒マイナス15度
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え
肥料
剪定
スポンサーリンク

目次

  1. コロラドビャクシンの特徴は?
  2. 品種
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え付け・植えかえ
  6. 管理場所・日当たり
  7. 病害虫
  8. 剪定・切り戻し
  9. SNSボタン・関連記事

コロラドビャクシンの特徴は?

文章の修正コロラドビャクシンは北アメリカに自生するヒノキ科ビャクシン属の常緑高木で針葉樹コニファー)。日本ではコロラドビャクシンの園芸品種が多く流通している。中でもスカイロケットが有名。暑さ・寒さに強く、日本全土で庭植えして育つ。生育速度が速いものも遅いものもある。

ビャクシン属は赤星病の中間寄生種でナシなどに被害があるため、自治体によってはビャクシン属の植え付けを禁止しているので、植える前に住んでいる地域の自治体のHPをチェックしてください。
スポンサーリンク

品種

スカイロケット

文章の修正スカイロケットは代表的な品種で、丈夫で寒さにも強いです。名前の通りに非常に細く伸びます。
スカイロケット
ヒノキ科ビャクシン属Juniperus scopulorum'Skyrocket'

ウィチタブルー

文章の修正ウィチタブルーは中でも白銀色の葉色です。ブルーヘブンよりも白銀が強く、年間を通して白銀です。一年で10cm〜15cmほどの成長と遅めで、株を増やすのに時間がかかるため、株単価はちょっとお高い。
ウィチタブルー
ヒノキ科ビャクシン属juniperus scopulorum Wichite Blue

ブルーエンジェル

文章の修正ブルーエンジェルはブルーヘブンの変異種。さらに枝葉が密に生え、白銀色で葉色が綺麗で人気があります。
ブルーエンジェル
ヒノキ科ビャクシン属juniperus scopulorum 'blue angel'

ブルーヘブン

文章の修正ブルーヘブンはブルーエンジェルより枝が荒いというか、風が通るようになっている。最近はブルーエンジェルの方が人気があります。
ブルーヘブン
ヒノキ科ビャクシン属juniperus scopulorum 'Blue Heaven'

ブルーアロー

文章の修正ブルーアローは青みがかった細い樹形の品種。スカイロケットよりは幅が出ます。
ブルーアロー
ヒノキ科ビャクシン属Juniperus scopulorum 'Blue Arrow'

ムーングロウ

文章の修正ブルー系で冬になると灰色がかった色合いになります。
ムーングロウ
ヒノキ科ビャクシン属Juniperus scopulorum MoonGlow

水やり

水やり
文章の修正庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
文章の修正コロラドビャクシンは根を張るのが遅いため、植え付けて2年は、庭植えでも水やりをします。特に植え付けて最初の夏は水切れしやすく、枝先から枯れ込んでくるので、庭植えでも水やりをしましょう。

鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。

肥料

肥料
文章の修正2月に寒肥として緩効性化成肥料を株元にまくか、根に当たらないように株の周囲に穴を掘って油粕を埋めてください。コロラドビャクシンは肥料が切れると葉っぱが枯れ込んでくるので、とにかく肥料は切れないようにする。

同様に6月と10月に肥料をやってください。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正植え付け・植え替えは寒さで活動が止まる10月〜3月に行います。できれば3月前後がいいです。植え替えは2年か3年に一回するようにします。

用土

文章の修正一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えするときは庭土に3割ほど追加してよく混ぜて用土として使う。

鉢植え

文章の修正鉢底の穴を鉢底網(鉢底ネット)で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石軽石)を2センチから3センチほど入れて、鉢底石(軽石)の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

植え替えのときは、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。根はいじらず、土は落とさないで植え替えをしましょう。

庭植え

文章の修正庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割入れて、化成肥料を規定量入れて、よく混ぜて用土とします。穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

植え付け後に支柱を立てて、くくりつけて固定します。コロラドビャクシンは根が浅く、また、根の張りが遅いので支柱をたててグラグラしないようにしておきましょう。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好むのですが、そこそこの耐陰性があり半日陰でも育ちます。ただ、日当たりがいい方が、葉色がよく、日当たりが悪い部分は葉が枯れ込むので、できるだけ日当たりがいいです。

越冬

文章の修正寒さには強いので大抵は全国で栽培できます。

雪が降る地域では、雪が積もって枝が折れる「枝割れ」が発生する。枝割れ対策として雪囲いをする。雪が積もっても折れないように、紐でぐるぐる巻きして割れないようにする。

病害虫

文章の修正赤星病・ハダニアブラムシカイガラムシスギドクガなど。

剪定・切り戻し

剪定・切り戻し
文章の修正樹高が高い品種は芯止をして高さを抑えます。芯止めはてっぺんの枝を切って、側枝を主枝にしなおして、高さを抑えつつ、樹形を整える剪定です。側枝と主幹については以下のページを参考にしてください。
枝の種類(剪定の基礎知識)
ガーデニング知識(上級編)
文章の修正剪定するとき、根本から落とすか、枝を出させる場合は、葉っぱが一枚も残らないように剪定はしないようにします。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

サルフレア
ヒノキ科イトスギ属
ホプシー
マツ科トウヒ属
ヨーロッパゴールド
ヒノキ科クロベ属
ゴールデンモップ
ヒノキ科ヒノキ属
グリーンコーン
ヒノキ科クロベ属
ブルーパシフィック
ヒノキ科ビャクシン属
ゴールドライダー
ヒノキ科レイランドヒノキ属
セイヨウネズ
ヒノキ科ビャクシン属
ドイツトウヒ
マツ科トウヒ属
モントレーイトスギ
ヒノキ科イトスギ属

同じ科の植物

ヒノキ科
ニオイヒバ・エレガンテシマ
ヒノキ科クロベ属
ボールバード
ヒノキ科ヒノキ属
グロボーサオーレア
ヒノキ科クロベ属
ヒヨクヒバ
ヒノキ科ヒノキ属
ゴールドクレスト・ウィルマ
ヒノキ科イトスギ属
コルムナリス
ヒノキ科ヒノキ属
パープルフェザー
ヒノキ科ヒノキ属
ローソンヒノキ
ヒノキ科ヒノキ属

タグ

庭植え コニファー 北アメリカ

タグ「庭植え」を持つ記事

ジンチョウゲ
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
エルダーフラワー
レンプクソウ科ニワトコ属
スポンサーリンク