ブルーアロー

MENU
使い方
TOP>ヒノキ科>ブルーアロー
スポンサードリンク

ブルーアロー(コニファー・コロラドビャクシン)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus scopulorum Blue Arrow
別名コニファー・コロラドビャクシン
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
寒さに強い。常緑高木。寒さに強く、暑さに若干弱い。とはいっても蒸れないようにすれば暖地でも栽培は可能。年間で20cmか30cmほど成長する。北海道・東北では寒さで葉っぱの先が枯れこむことがあるが、それで枯れるわけではない。
大きさ・草丈・樹高
一般家庭では5m。最大で30mになるらしい。
注意
ビャクシン属は赤星病の中間寄生主で、ナシに被害があります。ビャクシン属の栽培を禁止している場合があるので、地域のHPなどで調べてください。
まとめ
●育て方はスカイロケットと同じ。
●寒さに強く、暑さに若干弱いが、夏の蒸れを予防すれば暖地でも栽培できる。
水やりは普通。
肥料が多いと枯れるが、肥料が少ないと葉色が悪い。葉色が悪い時は大抵肥料不足。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合は自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏場の蒸れ、過湿に弱く、水をやりすぎると蒸れて枯れこんできます。かといって夏は水切れもしやすく、水切れすると葉っぱの色が鈍くなり、樹形も乱れてしまいます。葉っぱの様子を見つつ、水の頻度を調整してください。
●水切れすると葉先から枯れこむ。

冬の水やり
冬は水やりを控えめに。土が乾いて数日経って水をやるようにする。
肥料
年に二回か三回ほど肥料をやります。二月に緩効性肥料(油粕や鶏糞)を。これは3月以降の生育のためです。寒冷地は6月にも追加すると元気になります。夏を越してもう一回肥料をやります。これが暖地なら11月で、寒冷地ならば9月か10月になります。
肥料が多いと根がいたんでしまうのであくまで控えめですが、意外と肥料を欲しがる。肥料が少ないと葉っぱの色合いが悪くなりますので、追加してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
春(4月)か秋(9月10月)。植え付けも植え替えもこの時期。
用土
土は水はけがよければ、特に選びません。鉢植えならば市販の培養土。ブルーアローはコニファーの割には肥料を欲しがります。
植え付け方法
鉢植えの場合は、直径30cmの鉢を用意します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。庭植えの場合は支柱を立ててくくりつける。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●根づくまではグラグラしやすい。庭植えの場合は支柱を立てること。

管理場所・日当たり


この項目の修正・提案をする
暑さ・寒さに若干の注意が必要ですが、日本全国で育てることは可能です。
日当たりで
耐陰性があって、少々の日陰では枯れない。適地は日当たりか半日陰。半日陰でも十分です。 あまりに日当たりが悪いと枯れてしまいます。スカイロケットの日が当たっていない側や幹の近くが、徐々に枯れこんでしまいます。ですが、これはある程度は仕方がないと考えてください。
雪対策
寒さに強く、北海道でも育つが、雪が積もって雪の重みで枝が折れることがあるので、冬の前に枝を縛っておくと良い。

その他


この項目の修正・提案をする
病害虫
カイガラムシなど。
剪定
一年で30センチくらい成長するので5年か6年で見上げるような大きさになります。5mになると剪定するだけでも重労働なので2m前後で収まるように剪定するようにします。剪定時期は3月~4月と6月と9月。イラストのように小さくまとめるようにせんていします。
あとは邪魔な枝を落としたり、枯れ枝を落としたり、全体を好きな形に刈り込んだりします。
●剪定するときは各枝に葉っぱを残すように。葉っぱの生えていないところから新しい枝は出ない。
●一度大きくなったコニファーを小さく仕立てるのは無理。
●大きくなってから小さく剪定するのではなく、小さいときからコマメに剪定して小さく保つように心がけます。
●生育して幹の部分に葉が生えていないなら、そこから枝が出ることは無い。よって内部がスカスカになってからバッサリいくと見た目がアレになります。
●幹から出る側枝を新しい芯に見立てて、古い芯を落として、小さくする剪定を繰り返して整えていくしかない。
●枝をさばいて幹まで日光が入るようにすると新しい枝が出やすい。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
かなり細いコニファー。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ヒノキ科の仲間


ヒノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用