コルムナリス・グラウカの育て方

TOP > ヒノキ科 > ……

コルムナリス・グラウカ

nophoto
科名ヒノキ科
属名ヒノキ属
学名Chamaecyparis lawsoniana Columnaris Glauca
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
育て方の概要
コルムナリス・グラウカ はヒノキ科のローソンヒノキ園芸品種の一つ「コルムナリス(=コニファー・コルムナリス)」の改良品種。常緑高木の針葉樹(コニファー)。グラウカ は青灰色という意味なので、コルムナリスよりも葉っぱが青灰色。
ローソンヒノキの共通の特徴として寒さに強いが、暑さに弱く、基本的に関東北部より北に適した庭木。関東以西ではある程度の大きさに育っても枯れる。関東北部より北であっても夏の弱さで徐々に弱って枯れることもある。基本的に日本の風土にあっていない。
一年で30cm生育する。
樹高最大で6mから7m
まとめ
●コルムナリス・グラウカはヒノキ科のローソンヒノキの園芸品種。
水やりは普通。植え付けて二年以内は根を張っていないので様子を見て水やりをする。
●2月と6月あたりに肥料を。
半日陰が適している。
●夏の暑さで枯れやすい(病害虫が起きやすい)。
●関東北部より北が適している。
剪定して大きさを抑えて、風通しをよくする。
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして二年は根が張っていないために、庭植えでも水切れしやすい。植え付けて二年以内は庭植えでも様子を見て水やりをする。
●夏の高温多湿が苦手で、関東以西では特に株が弱って病害虫が発生しやすい。剪定して風通しをよくして、できれば高植えにし、水やりを調節する。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。

肥料

文章の修正を申請する
庭植えの肥料
2月に寒肥として緩効性化成肥料か油粕をやる。株の周囲に数カ所ふかさ20cmの穴を掘って、そこに肥料を埋める。同様に6月か7月にもう一回肥料をやる。
コニファー類は意外と肥料を食う植物で、肥料が切れると葉色が悪くなる。
鉢植えの肥料
3月に一回、6月に一回、緩効性化成肥料を株元にやる。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
文章の修正を申請する
植え替え時期
春(3月あたり)の新芽が出る前が適した時期。次点で秋(10月)の活動が鈍くなってから。鉢植えは二年に一回か毎年植え替えをする。鉢底化ら根が出ているようなら植え替えしましょう。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えの場合は庭の土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して用土を作って植える。
鉢の植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。植え替えの時に土を落とさず、根を崩さず切らずに、元の鉢からスポッと抜いて新しい鉢に入れるようにします。まず、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●根が荒く浅いので支柱を立ててくくりつける。
文章の修正を申請する
庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、穴の底に緩効性化成肥料か油粕を入れる。掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●高温多湿対策として高植えにするといい。
●地温をあげないようにするために夏に株元をマルチングするといい。

参考リンク
必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)
古い土の処分方法(初心者向け)
自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
プランターの植え付けの基礎
植え替えの基礎
大きすぎる鉢でギックリ腰に

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
栽培範囲
関東北部から北海道南部が適地。
最近では温暖化のせいか道央でも育つらしい。
関東以西で植え付けしても、半日陰で、高植えにして、蒸れないようにすれば夏を越せるが、そこまで頑張らないで素直にニオイヒバコロラドビャクシンスカイロケットなど)の園芸品種を育てた方がいいかも。
●中部地方平野部では栽培はほぼ無理。

日当たりを好むが
日当たりを好むが日本の高温多湿が苦手なのと、半日陰の方が葉っぱの色合いが濃くなるので、年間を通して半日陰で育てた方が良い。

病害虫

文章の修正を申請する
アブラムシハダニカイガラムシなど。

剪定・切り戻し

剪定・切り戻し
文章の修正を申請する
剪定時期
太い枝の剪定は冬(2月3月)に行うといいが、春以降であれば、多少剪定しても生育して盛り返すからさほど問題ない。6月7月あたりに夏の蒸れ対策として剪定して風通しをよくするといいです。
芯止
コルムナリス・グラウカは放置していると7mまで生育し、コニファーとしては成長も早い方(年間で30cmかそれ以上)で、いずれは持て余す大きさになる。そこで芯止をして大きさを抑える。できれば2mから3m以内に抑えたい(というか抑えないと管理できない)。
芯止はコルムナリス・グラウカの一番高い「芯」となっている枝を落とすことで、それ以上伸びづらくすること。芯を切っても別の枝が伸びてくるので、「それ以上、全く伸びなくなる」のではないです。
詳細は芯止のページで
樹形を整えて風を通す
綺麗な円錐形になるので、あんまり樹形を整える剪定はしなくてもいい。枯れた枝を落とし、変な方向に伸びた枝を落とし、徒長した枝を落とし、枝をさばいて風通しをよくする。枝を切るときは枝に葉っぱが残るように剪定する。葉っぱが全くないとそこ枝から新しい葉と枝が出てこないで、枯れてしまう。
●関東以西では外から見たときに内部の幹がうっすら見えるくらいに枝と葉を剪定するとよい。そこまで剪定した方がいいです。

参考リンク
芯止
枝の種類(剪定の基礎知識)
管理用リンク
管理用