アルミゴールドの育て方

TOP > ヒノキ科 > ……

アルミゴールド

nophoto
科名ヒノキ科
属名ヒノキ属
学名Chamaecyparis lawsoniana
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
育て方の概要
アルミゴールドはヒノキ科ヒノキ属のローソンヒノキ園芸品種。常緑高木の針葉樹(コニファー)。新芽が黄色のが名前の由来(だと思われる)。耐陰性があり半日陰で育てると青色が濃くなり、新芽とのコントラストがハッキリするようになる。樹形は細い円錐形になる。成長速度は一年で30cmと普通。
ローソンヒノキの仲間は日本の気候(夏の高温多湿)にあっていないため、何年か育てていても突然枯れる。アルミゴールドはローソンヒノキの中では強い方。
樹高最大5m横幅2m
まとめ
●アルミゴールドはヒノキ科のローソンヒノキの園芸品種。
●日本の気候にあっていないので突然枯れやすい。
水やりは普通。
●2月に肥料をやる。
●鉢植えで育てて夏は半日陰で管理するのがベター。
●関東北部より北が適しているが、他の地域でも育てられる。ただ、関東以西では夏の暑さに枯れやすい。
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして二年は根が張り切っておらず、水切れを起こしやすい。植え付けて二年以内は庭植えでも様子を見て水やりをする。
鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をやる。
ローソンヒノキは乾燥した地域の植物なので水をやりすぎると根腐れする。土が乾いてから水をやるようにする。受け皿に溜まった水は必ず捨てる。

肥料

文章の修正を申請する
庭植えの肥料
2月に緩効性化成肥料か油粕をやる。根に当たらないように穴(深さ20cm)を掘って肥料をやる。6月7月あたりも一回同様に肥料をやる。
コニファーは肥料が切れると葉っぱの色合いが悪くなり、生育不良を起こすので肥料切れしないようにする。ただし、肥料が切れたからといって枯れる訳ではない。
鉢植えの肥料
3月に緩効性化成肥料を株元にやる。同様に6月7月あたりに一回やる。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
文章の修正を申請する
植え替え時期
春か秋に植え付け・植え替えをする。土が凍らない地域であれば冬にやってもいい。鉢の植え替えは二年か三年に一回。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えの場合は、庭土に腐葉土か堆肥を3割ほど追加して植え付ける。
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、土を落とさず、根を崩さず切らずに植え替えをする。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。

文章の修正を申請する
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株間は1.5mから2mほど空ける。
●移植は難しい。
高植えにすると夏の多湿対策になる。
●グラグラするなら支柱を立ててくくりつける。
●夏の暑さに弱いので鉢植えにして夏は半日陰に移動させる方が良い。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
栽培地域
関東北部と東北と北海道南部。
関東以西の暖かい場所では夏に枯れやすい。
上にあげた栽培可能地域でも夏の暑さで枯れることがある。
半日陰で
日当たりを好むが、耐陰性があり多少の半日陰でも問題なく生育するし、半日陰だと青葉が濃くなり、春の新芽の黄色とコントラストがハッキリして綺麗。また、夏の高温多湿が苦手なので夏の高温対策としても一年中、半日陰で管理するのが良い。

病害虫

文章の修正を申請する
アブラムシハダニカイガラムシなど。

剪定・切り戻し

文章の修正を申請する
剪定時期
剪定は冬か新芽が出る前の3月あたりに行う。葉っぱを摘む程度なら冬でなくてもいいです。
芯止
放置していると5mくらいになり、一年で30cmほど生育するので、いずれは持て余す大きさになる。そこで2mちょいくらいに小さくまとめるような剪定をする。アルミゴールドの一番高い枝「芯」を切ってしまう。これを芯止と言います。芯止をすると、成長点の芯に向かう栄養が下の枝に回って、大きくなるのを抑えられる。ただし、いずれは別の枝が芯として出てくるので、それが予定の高さになったら、また芯止する。
樹形を整える
基本的に円錐形で整うので、樹形を整える剪定はほぼ不要。乱れたらやる程度。
枯れた枝や変な方向に伸びた枝や邪魔な枝を落として、樹形を整えるように乱れた枝を切ってしまう。
枝を切るときは枝に葉っぱが残るように切る。葉っぱが一枚もない状態に切ってしまうと、その枝から新しい葉っぱも枝も出てこないで枯れてしまう。
●6月7月あたりに剪定して風通しを良くすることで、夏の高温多湿対策をするといいです。

参考リンク
芯止
枝の種類(剪定の基礎知識)
管理用リンク
管理用