ヒムロ杉の育て方

MENU
使い方
TOP>ヒノキ科>ヒムロ杉
スポンサードリンク

ヒムロ杉(スカローサ・檜榁杉・姫榁杉)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名ヒノキ属
学名Chamaecyparis pisifera Squarrosa
別名スカローサ・檜榁杉・姫榁杉
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
耐寒性常緑樹。針葉樹。ただし若干寒さに弱く、霜に当たると葉っぱが赤茶色になる。葉っぱが柔らかく、チクチクしない。その上、リースにしても長い間い緑の葉っぱのままなので、需要は高い。切り花として結構流通している。

大きく育つため一般的には庭に植えない。植えるんならば同じサワラでカラーリーフとしても優秀なゴールデンモップフィリフェラオーレアボールバードなどを植える方が普通。
大きさ・草丈・樹高
5mから10m
まとめ
水やりは普通。過湿にすると根腐れする。しかし乾燥が長く続くと生育が鈍くなる。
●庭植えでも乾燥する時期は水をやる。乾燥すると葉っぱの先から枯れ込んでくるのでそうなるようなら水やりの頻度を上げる。
●日当たりに植える。
●過湿(蒸れ)に注意。
●寒さにつよいが、霜に当たると赤茶色になる。
●病害虫にも強い。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合は一旦根づけば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。
肥料
冬の2月に寒肥として緩効性肥料を。9月にも同様に緩効性肥料を。意外と肥料を好み、肥沃な土を好む。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
3月から6月が適しているが、真冬と真夏を避ければいつでもいい。
用土
水はけの良いものを。
植え付け方法
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。根付くまでは庭植えでも水をやってください。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
東北南部以南であれば庭植え可能。
必ず日当たりで育てる。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
剪定
葉っぱが密になるので生垣に使われてきたが、内部が群れて枯れ込んで、この掃除が大変なので、他の樹木を植えるのが一般的。
また、放置していると大きくなるので、芯を切って小さくまとめるように剪定しないといけない。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ヒムロスギはサワラの品種の一つ。薩摩杉とも呼ばれることがある(屋久杉のことを薩摩杉と呼ぶこともあるのでややこしい)。スギではない。ヒノキに近いが、ヒノキとサワラは一応別物。ただし、ヒノキとサワラで交雑するので違うといっても、かなり近い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ヒノキ科の仲間


ヒノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用