グロボーサ・バリエガータの育て方

TOP > ヒノキ科 > ……

グロボーサ・バリエガータ

nophoto
科名ヒノキ科
属名ヒノキ属
学名Chamaecyparis obtusa ‘Globosa Variegata’
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
育て方の概要
グロボーサ・バリエガータはヒノキ科ヒノキ属のヒノキの変種。グロボーサは球形のことで矮性種を指し、バリエガータは斑入りのこと。どちらも品種名・学名でよく見かける単語。ニオイヒバにグロボーサ・オーレアがあるが別属。ヒノキの仲間なので日本の気候が合っていて育てやすく、また矮性種で大きくなりづらい。斑入りは人によっては「病気」に見える。綺麗かどうかはあなたの感性次第。生育速度は一年で20cmほど。グランドカバーにも使われる。
冬になると褐色になる。
樹高1.5m
まとめ
●グロボーサ・バリエガータはヒノキ科のヒノキの園芸品種
●樹高は矮性で、葉っぱの一部に斑が入る。
水やりは普通。庭植えした場合は自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。
●2月・10月あたりに肥料をやる。肥料が少ないと葉色が悪くなる。
●球形に適当に剪定する。
●病害虫はほとんどない。
●一年で20cmくらい伸びるが、条件が悪いともっと生育が遅い。
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けて二年ほどは根が広がっていないので、庭植えでも様子を見て水やりをしてください。

肥料

肥料
文章の修正を申請する
肥料
2月か3月に緩効性化成肥料(か油粕)をやる。肥料をやると春以降の新芽の生育が良い。肥料が不足すると葉っぱが少なくなり、斑入りが鈍くなるので肥料はあった方がいい。ただ、肥料がなかったからといって枯れるわけじゃない。
10月あたりにも肥料をやる。これは夏の間に減った栄養を補うため。

植え付け

植え付け
文章の修正を申請する
植え替え時期
秋から3月の新芽が動き始める前までに植え付けをします。寒冷地では冬は避けます(というか植えられないだろうけど)。よって春(3月)と秋(10月から12月)あたりに植え付け・植え替えをします。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えの場合は庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて使う。
植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、穴の底に緩効性肥料を入れて、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●植え付けの時は根についた土を落とさず、根を崩さず、いじらないで植え付けた方が植え付け後の回復が早い。
●株に布が巻いてある場合は布は取り除かずに植える。布はいづれ腐って消える。
●植え付けてしばらくは横風に弱いので支柱を立ててくくりつけた方がいい。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正を申請する
半日陰で育てる。半日陰とは1日のうち半日日光が当たる場所か、木漏れ日が当たる場所のこと。夏の強い直射日光には斑入りの部分が葉焼けすることがある。ただ、それで枯れることはないので日当たりで育ててもいい。

病害虫

文章の修正を申請する
スギドクガ
幹近くの葉っぱから食べるので、ぱっと見には分からない。根元にフンが落ちていたら内部にいるので見てみる。鮮やかな黄緑色の体に茶色と白色のまだら模様がありすぐ分かる。ドクという名前がついているが、幼虫でも成虫でも毒はない。
ミノガ
ミノムシのこと。葉っぱを食べる。

剪定

文章の修正を申請する
剪定
3月に全体を球形になるように剪定する。毎年するといいが、しなかったからといって、そこまで乱れない。剪定すると脇芽が出てより密になる。
●ヒノキの葉っぱは二年で落葉する。これは健康的な生理現象。
●二年で落葉するので、古い葉っぱだけが残るように剪定すると、しばらくすると枯れ込んでしまうこともある。新しい葉っぱが残るように剪定する…よくわからない場合はあんまり気にしないで剪定してもいい。
管理用リンク
管理用