グリーンコーン(コニファー・ニオイヒバ)の育て方

TOP >ヒノキ科>ニオイヒバ>>管理

グリーンコーン

グリーンコーン
科名ヒノキ科
属名クロベ属
学名Thuja occidentalis 'green cone'
耐寒マイナス15度
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
剪定
スポンサーリンク

目次

  1. グリーンコーンの特徴は?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え替え・植え付け
  5. 栽培可能地域
  6. 管理場所
  7. 病害虫
  8. 剪定・切り戻し
  9. 秋に葉っぱが落ちる
  10. SNSボタン・関連記事

グリーンコーンの特徴は?

グリーンコーンの特徴は?
文章の修正グリーンコーンはヒノキ科ロベ属の常緑高木の針葉樹コニファー)のニオイヒバ園芸品種。鮮やかな緑色の葉っぱと、葉を折ると爽やかな香りがあり、枝が上に伸びるので樹形は自然と、細い円錐形に整いシンボルツリーとしても利用できますし、葉っぱが密になるので、刈り込んで生垣にも利用できます。

耐寒・耐暑性があり、育てやすいコニファー。夏の葉は鮮やかな緑になり、冬はベージュがかる。かなり流通している品種。エメラルドグリーンスマラグ)よりも葉っぱが平たいです。

一年で芯が30cmから50cmほど生育し、生育は早い。
樹高最大で4mから5m
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。グリーンコーンは水を欲しがり、水が切れると生育不良を起こして葉色が悪くなるので、水切れしないように様子を見て水やりをしてください。特に夏は水切れしやすいです。
文章の修正庭植えして2年は根が張り切っていないので、水切れしがち。庭植えでも2年は様子を見つつ水やりをしてください。

肥料

肥料
文章の修正2月〜3月に緩効性化成肥料油粕をやる。化成肥料であれば、周囲にまきます。もしくは、株の周囲に深さ20cmの穴を数カ所に掘って油粕を埋める。
文章の修正この肥料は春以降に新芽のための肥料で、肥料が不足すると葉色が悪くなり、生育不良を起こし、葉がスカスカになりがちです。

それとは別に10月前後に同様に肥料をやる。この肥料は春から秋に消費した栄養を補給するためのもの。

植え替え・植え付け

時期

文章の修正ポットに植わったものを土を崩さずに植えるのであれば植え付けの季節は選びません。ある程度大きな株…株元を朝布で巻いてあるようなのは…梅雨前後(6月〜7月)です。移植には強い方で根を多少いじっても枯れはしません。

用土

文章の修正一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えの場合は庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜてから植え付けをします。

庭植え

文章の修正庭植えの場合は根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほど入れて、化成肥料を説明書きの規定量を入れてよく混ぜて用土とします。穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

根鉢に麻布が巻いてある場合は、いずれ腐ってなくなるのでそのままで植え付けます。ビニールや針金が巻いているなら、これは取り除いて植え付けてください。

グリーンコーンは根が浅いので、横風に若干弱い。支柱を立ててグリーンコーンに結びつけた方がいいです。

生垣にするのであれば、株同士は60cm〜80cmは離すようにします。

栽培可能地域

文章の修正北海道中部から九州までで、戸外・庭植えで栽培可能です。

管理場所

管理場所
文章の修正日当たりを好むが、耐陰性があり、多少の半日陰なら十分生育する。日当たりが悪いと葉っぱがまばらになる。

越冬

文章の修正耐寒温度マイナス15度で暑さにも強いので、冬も夏も問題ありません。

寒さには強いが、積雪で枝割れが起きます。雪が降る前に、雪囲いをして枝割れを防ぎます。雪が積もらないように紐で縛って、積もらないようにします。雪が積もらないか、そこまでではないなら不要です。
庭木の雪囲い
トラブル

病害虫

文章の修正コガネムシ
コガネムシの幼虫が根を食べて枯らす。前もってオルトランを使っておくか、ダイアジノン粒剤で駆除します。
ダイアジノン粒剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
コガネムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

カイガラムシ
白い蝋に覆われた虫で、内部で汁を吸っています。発生したら歯ブラシで削ぎ落とし、それでも追いつかないなら薬剤を散布します。糞にスス病が発生します。
カイガラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

アブラムシ
植物の汁を吸う虫。前もってオルトランを散布しておくと予防できます。これで枯れることはほとんどないですが、糞にスス病が発生して美観を損ねるので、早めに駆除しましょう。
アブラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

スス病
黒いカビ。害虫ハダニ・アブラムシ・カイガラムシ)の糞が植物にくっついて発生する。株がところどころ黒いならこれ。こすっても落ちない。これ自体で植物が枯れることはほとんどないが、見た目が悪いし、光合成が阻害されて株が弱る。
スス病
病害虫

ミノムシ
ミノムシが発生する。ミノがぶら下がっていたらすべて取り除く。ただし、最近はほとんど見かけない。

剪定・切り戻し

文章の修正剪定しなくてもある程度は円錐形に整う。でも放置していると一年で30cmから50cm伸びて5mくらいに育つ。これは一般家庭に庭には大きすぎる。それに、放置していると芯が何本も立って円錐形が壊れるので、芯を整理して円錐形になるようにする。

時期

文章の修正強い剪定するのは冬(11月から2月)が理想。ただ、いつ剪定してもそんなに大差ないので気が向いたときにやってもいい。新芽が出る3月から6月にすることが多い。

剪定の手順

文章の修正小さく抑えるための剪定としては芯を切って「こら以上大きくしないように」する。切っても次の芯が伸びてくるので、いずれはその芯も切って小さくまとめるように剪定を繰り返していく。

あとは全体を円錐形にカットしていく。
芯が複数立って、円錐形が乱れる。そういう場合は芯を一つにして後は落としてしまう。

秋に葉っぱが落ちる

文章の修正病気ではなく、秋になると幹の近くの内部の葉っぱが枯れてしまいます。放置していると次の葉っぱが生え辛いので、取り除いておきます。軍手をして撫でるとポロポロと落ちます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

ヨーロッパゴールド
ヒノキ科クロベ属
ニオイヒバ・エレガンテシマ
ヒノキ科クロベ属
デグルートスパイヤー
ヒノキ科クロベ属
ニオイヒバ・タイニーティム
ヒノキ科クロベ属
グロボーサオーレア
ヒノキ科クロベ属
イエローリボン
ヒノキ科クロベ属
ニオイヒバ・ダニカ
ヒノキ科クロベ属
ホルムストラップイエロー
ヒノキ科クロベ属
ホルムストラップ
ヒノキ科クロベ属

同じ科の植物

ヒノキ科
スカイロケット
ヒノキ科ビャクシン属
ヌマヒノキ
ヒノキ科ヒノキ属
スパルタン
ヒノキ科ビャクシン属
ローソンヒノキ
ヒノキ科ヒノキ属
ゴールデンモップ
ヒノキ科ヒノキ属
パスファインダー
ヒノキ科ビャクシン属
キャッスルウェランゴールド
ヒノキ科レイランドヒノキ属
スワンズゴールデン
ヒノキ科ホソイトスギ属

タグ

コニファー 園芸品種 香り シンボルツリー ニオイヒバ

タグ「園芸品種」を持つ記事

サンタンカ・クィーンピンク
アカネ科イクソラ属
カプリッチオネオ
ナス科カリブラコア属
アジアンタム・フリッツルーシー
ワラビ科ホウライシダ属
スポンサーリンク