ヨーロッパゴールドの育て方

MENU
使い方 TOP

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールド
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名クロベ属
学名Thuja occidentalis EuropeGold
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
ヨーロッパゴールドはニオイヒバの一種。北米出身。ニオイヒバと同じで柑橘系のいい香りがするし、ゴールドクレストと違って庭植えでちゃんと育つ。日当たりに植えると葉っぱが黄色くなる。その上、大きさも芯を切れば抑えられると、いいことづくめ。庭植えにして生け垣にも十分可能。春は若い緑。夏は緑。秋冬はオレンジ色になる。季節によって色が違うのも人気。
樹高5m…頂点を切ると大きさを抑えられる。
まとめ
●ヨーロッパゴールドはニオイヒバの仲間の常緑高木。
●刈り込みにも強く、生け垣に利用される。
●北海道でも育つくらいに寒さには強い。
●生育は遅い方で、樹形が乱れにくいため、管理が楽。初心者向け。
●日当たりでも半日陰でもいいが、日当たりじゃないと葉色が悪い。
肥料を好む。春と秋に肥料をやる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。極端に乾燥するとやっぱり駄目なので注意。庭植えでも植え付けして二年以内は水切れしやすいので注意(植え付けして二年は根が広がりきっておらず、水を吸い上げる力が弱いため)。特に夏は水切れしやすく、水切れすると葉っぱが枯れ込み、生育不良を起こします。

鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。土が濡れているのに水をジャンジャンやっていると根腐れします。一般的には庭植えにするもの。鉢植えだと水切れしやすい。
肥料
ヨーロッパゴールドは肥沃な土を好みます。3月の「これから新芽が出るぞ!」って時期に緩効性化成肥料か油かすをやります。また9月から10月のあたりで春から秋に消耗した分を補填するために緩効性化成肥料か油かすをやります。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
植え替え・植え付け時期は冬から初春(2月から3月)か、秋(10月から11月)。根が活動していない寒い時期に植え付けをする。根が活動している時期に植えるとダメージから生育不良を起こすかも。
用土
鉢植えの場合は一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭植えの場合は庭土に腐葉土か堆肥を3割か4割ほど足してから植えます。

植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●同じ大きさの鉢に植え替えてもいいが、基本的に毎回一回り大きな鉢に植え替える。寒い時期なら多少は根をいじってもいいが、いじらないに越したことはない。いじればダメージがあって取り返すに時間がかかる。
●基本的に庭植え推奨。

庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株同士は1mから1.5mほど空ける。数年後には間がなくなります。
●支柱をする。ヨーロッパゴールドが根を張る前に台風など強風に吹かれてグラグラして、グラグラすることで根が傷んで生育不良を起こす、かも。支柱をしてくくりつけてできるだけ動かないようにする。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
水はけを良くするために「高植え」にするといい。
●植え付けして一ヶ月は庭植えでも水をやり、植え付けして一年は水切れしないように気をつける。特に一年目の夏は注意する。
●根が広がる場所が少ないと大きく育たない。なので生け垣にするときに意図的に狭い場所に植えることがある。これだとあまり大きくならない。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
必ず日当たり
建物の東に植えるといい。西より南より東。東が無理なら南。西はやめとく。半日陰でも育つが、日当たりじゃないとヨーロッパゴールドが「ゴールド」にならないので、日当たりじゃないならこの種類を植える意味はない。
暑さにも寒さにも強い
暑さ・寒さに強い。北海道でも育つ。寒さに関しては問題なし。寒い地域だと樹形が細くなる。
ただし地域によっては夏に蒸れて、傷みやすい。

剪定

この項目の修正・提案をする
剪定
剪定は2月から6月にする。理想的な剪定時期は2月。新芽が出てからハサミで葉や枝を切ると鉄と反応して切り口が汚くなります(それで枯れるわけじゃないが)。風通しが悪いと、蒸れて葉っぱが枯れ込む。株が若い、枝が少ないときは問題ないが密生してきたら枝をさばいて風通しを良くする。枝を落とすときは、枝分かれした部分で切るようにする。
●夏は蒸れやすいので、蒸れそうならば前もって剪定する。
●枯れ枝はさっさと切る。枯れ枝から葉っぱが出ることはない。

芯どめ
ヨーロッパゴールドの一番てっぺんを切ると、そこから大きくならなくなります(正確には「なりにくい」)。なので「これ以上大きくなったら困るなぁ」と思ったら、ヨーロッパゴールドのてっぺんを切ってしまいます。
●芯を切ると、その芯となった幹は育たないが、その下の脇枝が次の芯になろうとして伸びてくるし、芯がそもそも何本か出ることがあるので、小さくしたいなら定期的に芯を切る。

葉っぱが落ちる
秋に幹に近い部分が枯れ込むが、また復活する。ただ、枯れた葉っぱを放置していると、これが病気のもとになったり、害虫の餌とか住処になるので、取り除いたほうがよりよいが、気にしないでもいい。軍手をして、むしればすぐに取れます。

病害虫

この項目の修正・提案をする
コガネムシ
コガネムシの幼虫が根を食べて枯らす。オルトランか、ダイアジノン粒剤で駆除します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ヒノキ科の仲間


ヒノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用