フェニックス

MENU
使い方
TOP>ヤシ科>フェニックス
スポンサードリンク

フェニックス(ロベ・ロベレニー)

フェニックス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヤシ科
属名フェニックス属
学名Phoenix roebelenii
別名ロベ・ロベレニー
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
庭植えも可能な南国風観葉
0度まで耐えられます。霜に当たると枯れこんでしまいますが、霜が当たらないならば、霜が降りる地域でも越冬が可能です。関東ではほぼ無理。静岡以西の太平洋側くらいなら戸外での越冬が可能。
まとめ
●乾燥に弱い。水を欲しがる。夏はかなり水を吸う。また、葉っぱに霧吹きで水をやったり、葉っぱに水をかけて乾燥を防ぐ。
●冬は寒さで生育が止まり、水は控える。冬でも葉水をする。
●春から秋に肥料をやる。
●急に戸外に出すと葉焼けする。
●耐陰性があり、室内でも育つ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
春から秋の水やり
フェニックス・ロベレニーは他の観葉同様に土が乾いて居たら水をやってください。夏場は乾燥しやすく、水が切れやすいので気をつけてください。春から夏は葉っぱに霧吹きを掛けてあげると、よく生育します(葉っぱからも水を吸収するので)。
●夏は非常に水を欲しがります。受け皿に水を貯めていても吸い上げてなくなるくらいです。夏はよほどじゃない限りは根腐れはないです。
●フェニックスは「乾燥に強い」のですが、上記のように「水を欲しがる」ので、夏はとにかく乾燥に注意。乾燥しすぎると株が弱ってしまいます。ところが、冬になると株が休眠状態になり、水を全然吸い上げなくなります。このギャップを理解して水やりすると失敗が減ります。

冬の水やり
冬は生育が止まっているので水を控えて下さい。土が乾いてから数日立って水をやります。
●冬は生育が止まり、水を控えるのですが、冬も葉っぱに葉水をすることで乾燥を防ぎます。

肥料
春から秋にかけて、緩効性肥料を一ヶ月に一回やるか、液肥を二週間に一回ほどやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
二年に一回は植え替えを
根詰まりを起こしやすく、根詰まりをすると水切れを起こしやすくなります。鉢から出して、古い根を切り落としてから、観葉植物の土で植え替えをします。同時に古い葉っぱや邪魔な葉っぱを切り落とします。このときに開ききっていない新しい葉っぱは切らないでください。コレを落とすと復活できずに枯れてしまいます。植え替えはフェニックスにとってストレスです。養生させるために植え替え直後2週間くらいは直射日光に当てないで下さい。また植え替えのときに肥料をあげないでください。肥料はインフルエンザで弱っている人にステーキを口に押し込むようなもの、枯れることも十分あります。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日向でも日陰でも
直射日光にも非常に強いのですが、日陰にも強く、室内で育てることも十分可能です。室内から急に夏の直射日光に当てると葉焼けを起こします。また、環境が変わると葉っぱを落とすので、極端な環境変化は避けた方がいいです。
●本来は夏の直射日光は問題ない。

0度まで耐えますが、出来れば5度以上
冬は室内が無難です。暖房の風が当たらない場所で管理しましょう。暖房の風はひどく乾燥していて、フェニックスの葉っぱが枯れこんできます。
●冬の室内は暖房がかかっていて乾燥しているので、葉水をして乾燥を防ぎましょう。

戸外で育てたいならば
フェニックスを庭で――という夢を抱いている人は多いですが、熱帯性の植物のわりに寒さに強いといっても、関東で野ざらしはちょっと難しいです。四国でも寒さで枯れることがあります。関東以西の庭植えで育てる場合は、冬は霜よけ・寒風よけが必須です。フェニックス全体をビニールなどで覆って寒さから守ります。霜が降りなくなるまで覆っていてください。
●霜は最低気温4度以下で発生します。
●地域・寒波によってはビニールで覆っても寒さで葉っぱが枯れます。
●葉っぱが枯れても、幹まで枯れていなければ春以降に復活します。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
ハダニカイガラムシが発生します。見つけ次第、捕殺するか薬剤を散布して駆除します。少量であれば捕殺でいいです。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ヤシ科の植物。フェニックスという名前よりもロベレニーやロベという名前で流通しています。切花としてよく開店祝いや御供えのアレンジメントにも使われます。
頑健で育てやすいですが、大きすぎる!
南国風で優美な立ち姿で耐寒性もそこそこ、耐陰性があって室内で育てるのに問題なしの頑健さといいことづくめ……といったところですが、弱点は大きすぎること。フェニックスの立ち姿の優雅さを堪能しようと思ったら天井まで三メートルくらいは無いと頭がつっかえます。ホテルのロビーやお店の装飾・観葉植物としては最適です。暖地では露地植えも可能です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

フェニックスの日記

ヤシ科の仲間


ヤシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用