テーブルヤシの育て方

MENU
TOP>ヤシ科>テーブルヤシ
スポンサードリンク

テーブルヤシ(チャメドレア・チャマエドレア)

テーブルヤシ
科名ヤシ科
属名カマエドレア属
学名Chamaedoreo
別名チャメドレア・チャマエドレア
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

強い日を当てると、葉っぱが黄色くなってしまいます。一年中直射日光は避けてください。窓辺に置いていて黄色く変色しませんでしたか??

水やりと肥料

比較的湿気のある状態を好むのですが、ずっとジメジメしていると根ぐされします。土が乾いたら、水をしっかりとあたえて、葉っぱに直接霧吹きを掛けてやることで、調節します。冬はテーブルヤシの活動が弱まっているので乾燥気味に管理してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。市販されている観葉植物の土か、赤玉土7:腐葉土3を混ぜた土を使います。
植え替えの際、鉢から抜いた苗から古い土を半分くらいおとしてください。

管理場所・日当たり

直射日光のあたらない、明るい場所が適しています。直射日光が当たると葉やけして黄色く変色して枯れてしまうのですが、かといって日光が少なすぎても葉っぱのつやが無くなり、徐々に弱っていきます。

日が挿す部屋の直射日光が当たらないところ…そういう場所です。春から秋に掛けては戸外で管理しても構いません。戸外で管理する場合は「明るい日陰」で管理します。

冬は室内で管理して下さい。0度まで耐えられますので、氷点下にならなければ枯れませんが、冬も葉っぱのつやをよくするには10度前後の場所で管理します。
冬の室内の暖房が効いている場所で管理するときは、土への水やりは控え、代わりに葉っぱに霧吹きで掛けてあげるとよいです。

特徴・由来・伝承

室内で育てるのには充分な耐寒性があり、耐陰性もあるので、少々日が少なくても枯れることがありません。そこで観葉植物として重宝されています。テーブルヤシの良い点は「成長が遅いこと」にもあります。成長が早いと、植え替えの必要が出たり、部屋には邪魔になったり……緑が欲しいならテーブルヤシがおすすめですね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ヤシ科の仲間


ヤシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用