シュロチクの育て方

MENU
使い方 TOP

シュロチク(棕櫚竹)

シュロチク
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヤシ科
属名ラピス属
学名Rhapis humilis
別名棕櫚竹
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
ポイントは置き場所
シュロチクは直射日光が当たると葉焼けし、耐陰性があるので室内で管理しますが、少々耐陰性があるといっても暗いところでは、いずれ枯れてしまいます。あくまで日差しが入ってくる場所で管理して下さい。
風に弱い、乾燥に弱い
強い風に当たると、葉っぱが裂けるので、風が当たらない場所で管理します。また、室内で管理していると冷暖房の乾燥した空気で葉っぱが乾燥してしまいます。葉っぱがカサカサになって、先から茶色くなってきたら乾燥を疑います。葉水をして乾燥を防いで下さい。
草丈最大2m
まとめ
水やりは普通。土が乾いていたら水をやる。
半日陰か日陰で管理する。
●特に夏の直射日光・乾燥に注意。
●葉っぱに霧吹きで水をやる(葉水)。
●春に緩効性化成肥料をやるか、春から秋に液肥をやる。
●植え替えは2年か3年に一回。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
水やりは一般的観葉植物と同じ
土が乾いたら水をやります。土が濡れているならば水はやらないようにします。長期間土が濡れている状態が続くと、根腐れを起こします。土への水やりと葉っぱへの葉水の二本柱で給水すると考えてください。
葉っぱには水を
シュロチクは室内で管理することが多いですが、室内は冷暖房で意外と乾燥しています。しかし土への水遣りが頻繁だと根腐れを起こします。そこで葉っぱに水を掛けてあげることで水分を補給するようにします。霧吹きで掛けててもいいですし、戸外に出して水をバシャーっと掛けてもかまいません。
●しばらく管理しているとホコリが葉っぱについて、光合成を邪魔するので、戸外で水をかけてホコリを洗い流すが、ティッシュや布で葉っぱを一枚一枚拭いてホコリを取り除きます。これは葉水の目的もあります。
●水が不足すると、葉っぱの先から枯れ込んできます。まぁ、シュロチクの葉っぱの先は枯れ込んでるもんなんで、気にしないでもいいです。

冬は水を控える
冬は生育が鈍くなり、水を吸い上げる力が低下します。春から秋同様に水をやっていると根腐れします。冬は土が乾いてから数日たって水をやるようにします。冬も葉水をしてください。
●水を控えることで、シュロチクの樹液が濃くなって寒さに強くなる、と言われています。

肥料
春に固形肥料をやっておくか、春から秋に掛けて観葉植物用の液肥をやります。肥料が無くても枯れることはありませんが、葉色や樹勢がよくなります。
●有機肥料をやるとコバエがわくので、化成肥料がいいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
用土は観葉植物の土で
赤玉土と川砂を混ぜた水はけの良いものを使うか、観葉植物の土で植え替えをします。一般的な培養土腐葉土が入っていて匂いがします。もしくは観葉植物の土に赤玉土を2割か3割ほど混ぜて水はけ良くしてから植えます。自作する場合は赤玉土小粒4鹿沼土3腐葉土3を混ぜたものを使います。
植え替えは二年か三年に一回
植え替えは2年か3年に一回。鉢底から根が出ていたら植え替えしましょう。植え替えは寒い時期にはしない。
根がよく張って根詰まりを起こすと下葉から枯れてきますし、水切れが置きやすくなります。鉢から株を取り出して、腐った根を切り、古い土を三分の一ほど落としてから新しい土で植え替えをします。一回り大きな鉢に植えても、ノコギリで根を三分の一ほど落としてしまって、同じ大きさの鉢に植え替えてもいいです。植え替え直後に水をやり、一週間ほど日陰で管理します。
根詰まりで危機を感じて花が咲くことがあります。
●植替えのときに株分けも可能です。株が大きいので、のこぎりで真っ二つです。
●同じ大きさの鉢に植え替える場合、ノコギリで底の軽石の部分を切り、周囲を3センチくらいザックリと切ってから植え替える。イラストは多少大げさに描いています。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
寒さに弱いが、観葉としては寒さに強い方
耐寒温度は0度。霜に当たると枯れますが、霜が降りない地域であれば戸外での越冬も可能。一般的には年間を通して室内で管理する室内観葉植物です。
●秋まで戸外で育てている場合、気温が10度以下になったあたりで室内に取り込みます。霜が降りるまでには絶対に取り込む。

半日陰か室内の明るい場所
直射日光に当たると葉っぱが茶色く変色して葉焼けを起こしますので、直射日光が当たる場所に置く場合は、カーテンやヨシズなどで30%から50%ほど遮光する必要があります。
一般的には室内の明るいところで管理します室内で管理する場合も直射が当たるのであれば遮光します。
耐陰性があり、少々日光が当たらなくても大丈夫です。
●気温が高くなると葉焼けが起きやすくなる。40度以上になったら日陰に移動させる。
●室内で育てる場合、完全に日陰で全く日が当たらないのもまずい。やっぱりある程度は日光が当たるべき。春・秋・冬は室内の日当たり。夏だけは室内の直射日光の当たらない場所で管理します。
●強風に当たると葉っぱが避ける。強風の通らない場所が好ましい。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
ハダニナメクジダンゴムシバッタカイガラムシが発生します。見つけ次第、捕殺・薬殺します。
ハダニ・カイガラムシなどは葉っぱに葉水をすることで予防できます。
剪定
古い葉っぱや枝を切り落とします。剪定時期は樹液があまり動いていない成長時期以外、もしくは成長が終わりかけの秋(9月10月)に行います。
切り戻し
シュロチクは株の根元から新芽が出てきます。よって、大きくなりすぎたり、株が密生しすぎたら、地際まで切ってしまうと新芽が出てきます。全部をいきなり地際まで切ってしまうと、回復まで時間がかかるので、間引くように、何本か地際まで切って、徐々にのぞみの大きさを整えていきます。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
観音竹(カンノンチク)と同じヤシ科ラピス属。カンノンチクよりも葉の薄く、葉の幅が狭く、成長が遅い。寒さにも強い。タケと名前にありますが竹の仲間じゃないです。シュロというのは「ヤシ科ヤシ属」のこと。つまり葉っぱがヤシの木に似ているからシュロチク。江戸時代には日本に来たらしい。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「シュロチク」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ヤシ科の仲間


ヤシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用