シュロチクの育て方

MENU
TOP>ヤシ科>シュロチク
スポンサードリンク

シュロチク(棕櫚竹)

シュロチク
科名ヤシ科
属名ラピス属
学名Rhapis humilis
別名棕櫚竹
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ポイントは置き場所
シュロチクは直射日光が当たると葉焼けし、耐陰性があるので室内で管理しますが、少々耐陰性があるといっても暗いところでは、いずれ枯れてしまいます。あくまで日差しが入ってくる場所で管理して下さい。
風に弱い、乾燥に弱い
強い風に当たると、葉っぱが裂けるので、風が当たらない場所で管理します。また、室内で管理していると冷暖房の乾燥した空気で葉っぱが乾燥してしまいます。葉っぱがカサカサになって、先から茶色くなってきたら乾燥を疑います。葉水をして乾燥を防いで下さい。

水やりと肥料

水やりは一般的観葉植物と同じ
土が乾いたら水をやります。土が濡れているならば水はやらないようにします。長期間土が濡れている状態が続くと、根腐れを起こします。
葉っぱには水を
シュロチクは室内で管理することが多いですが、室内は冷暖房で意外と乾燥しています。しかし土への水遣りが頻繁だと根腐れを起こします。そこで葉っぱに水を掛けてあげることで水分を補給するようにします。霧吹きで掛けててもいいですし、戸外に出して水をバシャーっと掛けてもかまいません。
冬は水を控える
冬は生育が鈍くなり、水を吸い上げる力が低下します。春から秋同様に水をやっていると根腐れします。冬は土が乾いてから数日たって水をやるようにします。冬も葉水をしてください。
肥料
春に固形肥料をやっておくか、春から秋に掛けて観葉植物用の液肥をやります。肥料が無くても枯れることはありませんが、葉色や樹勢がよくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は観葉植物の土で
赤玉土と川砂を混ぜた水はけの良いものを使うか、観葉植物の土で植え替えをします。一般的な培養土腐葉土が入っていて匂いがします。
植え替えは二年か三年に一回
根がよく張って根詰まりを起こすと下葉から枯れてきますし、水切れが置きやすくなります。鉢から株を取り出して、腐った根を切り、古い土を落としてから新しい土で植え替えをします。根詰まりで花が咲くことがあります。

管理場所・日当たり

耐寒温度は0度。霜に当たると枯れますが、霜が降りない地域であれば戸外での越冬も可能。一般的には年間を通して室内で管理する室内観葉植物です。
半日陰か室内の明るい場所
直射日光に当たると葉っぱが茶色く変色して葉焼けを起こしますので、直射日光が当たる場所に置く場合は、カーテンやヨシズなどで遮光する必要があります。
一般的には室内の明るいところで管理します室内で管理する場合も直射が当たるのであれば遮光します。
耐陰性があり、少々日光が当たらなくても大丈夫です。
スポンサードリンク

その他

カイガラムシが発生します。

特徴・由来・伝承

観音竹(カンノンチク)と同じヤシ科ラピス属。カンノンチクよりも葉の薄く、葉の幅が狭く、成長が遅い。寒さにも強い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ヤシ科の仲間


ヤシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用