ニイタカビャクシン・ホルガーの育て方

TOP > ヒノキ科 > ……

ニイタカビャクシン・ホルガー

ニイタカビャクシン・ホルガー
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus squamata Holger
みずやりたまにやる程度
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
育て方の概要
ニイタカビャクシン・ホルガーはヒノキ科ビャクシン属のニイタカビャクシンの一品種。常緑低木で針葉樹(コニファー)。匍匐して横に伸びるが、ニイタカビャクシン・ブルーカーペットより若干、上方向に伸びる。葉っぱは青緑。冬は褐色を帯びる。ビャクシン属の植物は赤星病の中間宿主になるため、自治体によっては栽培を禁じています。自治体HPをよくチェックしてから植え付けてください。
樹高1.5m
まとめ
●ニイタカビャクシン・ホルガーはヒノキ科ビャクシン属のニイタカビャクシンの一品種。
●一年の生育は40cmほど。
●庭植えにした場合は自然雨だけで十分。
●春と秋に肥料を。
●日当たりでもいいが、夏に蒸れて枯れこむことがあるので半日陰が好ましい。

参考リンク
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして一年か二年は根が張っていないので水を吸い上げる力が弱く、水切れが起きやすいです。庭植えでも植え付けして二年以内は様子を見て水やりをしてください。
●泥がはねて葉っぱにつくと葉が枯れこむ。そこで泥はねしないように、地面に腐葉土やバークでマルチングをする。

鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。

肥料

文章の修正を申請する
肥料はさほど必要としていない。
春と秋に緩効性化成肥料か油粕をやる。

植え付け・植えかえ

文章の修正を申請する
植え替え時期
春から梅雨。

用土
庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。

庭植えの植え付け
直径40cm深さ40cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほど混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

鉢植えの手順
一般的には鉢植えにはしない。
鉢植えにする場合は普通に植える。

株の増やし方

文章の修正を申請する
挿し木
元気の良い、葉っぱの綺麗な枝を10cmほど取り、切り口側の葉っぱを取り除き、水揚げをする。水揚げは水を貼ったコップにつけること。30分から1時間ほどで葉っぱの先まで水が行き渡り、シャキっとする。赤玉土単用の苗床を作り、そこに切り口を土に埋めておき、日陰で乾燥しないように管理していると発根する。発根材を塗ると成功率が上がる。発根したら鉢か庭に植え替える。
種まき
9月10月に種まきをします。発芽温度は15度から20度。用土を入れた育苗箱や鉢に種まきをして土を5mmほど被せます。発芽までは二週間。乾燥しないように水をやってください。霧吹きでやるといいです。日陰で管理します。たくさん生えたら間引いて減らしてください。本葉が4枚以上になったら庭や鉢に植え替える。

栽培可能地域

文章の修正を申請する
九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部・関東北部・東北南部・東北北部
参考自分の地域で育てられるのか分からないときに読むページ

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
できれば半日陰
日当たりでもいいが、できれば半日陰が好ましい。

寒さには強いが北海道では流石に寒すぎる。北海道でも防寒すれば越冬も可能。

病害虫

文章の修正を申請する
ハダニアブラムシカイガラムシスギドクガなど。

剪定・切り戻し

文章の修正を申請する
剪定
春…3月から5月に全体を刈り込むと、摘芯になって枝分かれして葉っぱが密になる。しかし、あんまり密だと蒸れて内部が枯れこみます。なので全体の樹形を整えるように刈り込んで、枝分かれさせつつ、群れるようなら内部に風が通るように枝をさばく。
参考リンク
枝の種類(剪定の基礎知識)
コニファーを金属のハサミで切ると切り口が茶色になる?
管理用リンク
管理用