アリゾナイトスギの育て方

TOP > 園芸用語 > コニファー > 更新日

アリゾナイトスギ(クプレッサス)

nophoto
科名ヒノキ科
属名イトスギ属
学名Cupressus arizonica
別名クプレッサス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

アリゾナイトスギの育て方

文章の修正育て方の概要
アリゾナイトスギはヒノキ科の常緑針葉樹。円錐形に育つ。日本ではアリゾナイトスギの園芸品種ブルーアイス・ブルーマウンテン・サルフレア・ピラミダリスなどが流通している。一番有名なのがブルーアイス。園芸品種はそれぞれ多少性質が違うのでここでは簡単な記述にとどめておく。
別名のクプレッサスは学名。
大きさ・草丈・樹高15mから30m(品種によるが原種はこのくらい)
まとめ
●アリゾナイトスギはヒノキ科の常緑針葉樹。
●育て方は品種によって若干違う。
●根が浅くて横風に弱い。
スポンサードリンク

アリゾナイトスギの水やり

文章の修正庭植えにした場合、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。日照りの時には雨をやる程度。

アリゾナイトスギの肥料

文章の修正春と秋に緩効性肥料をやる。

植え付け

文章の修正植え付け時期
春に植え付けをする。
用土
庭土に腐葉土堆肥を3割ほど混ぜて、緩効性肥料を元肥を入れてから植える。
植え付け
根鉢の二倍ほどの穴を掘って掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほどよく混ぜて、半分戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水を入れる。支柱を立ててヒモでくくりつけて倒れないようにする。

日当たり・管理場所

文章の修正管理場所
日当たりで育てる。半日陰でも育たないわけじゃないが、葉っぱが少なくなる。
横風
アリゾナイトスギの仲間(園芸品種)は根が浅く、横風に弱い。支柱を立てて倒れないようにする。

病害虫

文章の修正ハダニアブラムシカイガラムシスギドクガなど。

剪定

文章の修正毎年剪定して樹形を整えるようにする。じゃないと乱れる。

関係記事・人気記事

エメラルドグリーン

エメラルドグリーン(クロベ属)
[育て方の概要] 常緑高木。針葉樹。ニオイヒバの品種でスッとした香りがする。育て方はニオイヒバと同じ。暑さ・寒さに強く、育てやすい。刈り込まなくても割と円錐形に育つが、そのままだと葉っぱが密生すると夏…

ブルーヘブン

ブルーヘブン(ビャクシン属)
ブルーヘブンはヒノキ科ビャクシン属のコロラドビャクシンの園芸品種。シンボルツリーとして人気。ゴールドクレストより育てやすいとされる(ゴールドクレストが育てにくいだけなんですけどね)。樹高は5m-6m…

スカイペンシル

スカイペンシル(モチノキ属)
[育て方の概要] 常緑低木。雌雄異株。庭植えするものでシンボルツリーにもどうぞ。イヌツゲの園芸品種で枝が「上へ」伸びるため、全体が珍妙な樹形になる。大きくなると横にも枝が張り出してくる。日向でも日陰で…

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールド(クロベ属)
[育て方の概要] ヨーロッパゴールドはニオイヒバの一種。北米出身。ニオイヒバと同じで柑橘系のいい香りがするし、ゴールドクレストと違って庭植えでちゃんと育つ。日当たりに植えると葉っぱが黄色くなる。その上…
管理用リンク
管理用