セイヨウネズの育て方

TOP > ヒノキ科 > ……

セイヨウネズ(ジュニパーベリー・西洋杜松)

nophoto
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus communis
別名ジュニパーベリー・西洋杜松
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
育て方の概要
セイヨウネズはヒノキ科ビャクシン属の常緑低木で針葉樹(コニファー)。ネズは「ネズミサシ」のこと。雌雄異株。葉っぱは螺旋状につく。風媒花。英語でジュニパーベリーと呼ばれ、酒のジンの香りづけに使われる。北極から北緯30度まで分布する寒い地域の植物で日本の気候には適している。
本来は低木ではあるが、生息地域が広く、種類によっては10mの高木になる。日本ではミヤマネズが自生している。園芸品種が多種ある。
ここでは簡単な育て方の記述にとどめる。育て方は格品種のページを参考に。
大きさ・草丈・樹高3mから10m
品種
シルバーライニング
コンプレッサ
ゴールドコーン
スエシカ
スポンサードリンク

水やり

文章の修正を申請する
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして一年か二年は根が張っていないので水を吸い上げる力が弱く、水切れが起きやすいです。庭植えでも植え付けして二年以内は様子を見て水やりをしてください。

肥料

文章の修正を申請する
二月に寒肥として緩効性化成肥料か油粕をやる。秋に同様に肥料をやる。
肥料はさほど必要としない。やせ地でなければやらないでいい。

植え付け

文章の修正を申請する
植え替え時期
春か秋。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。
庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴…例えば深さ50cm直径50cmの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
参考植え付け直後に水をやる

栽培可能地域

文章の修正を申請する
九州・中国・四国・関西・中部・関東・関東北部・東北・北海道南部
参考自分の地域で育てられるのか分からないときに読むページ

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
日当たりを好む
日当たりを好み、日当たりが悪いと生育が悪くなる。

耐寒温度はマイナス15度。雪が降る地域で横に貼る品種ならば雪囲いをして枝割れを防ぐ。
参考リンク
庭木の雪囲い

病害虫

文章の修正を申請する
赤星病ハダニカイガラムシスギドクガなど
芋虫・青虫の対策…カラシ・ワサビ・唐辛子のスブレーのまとめ

剪定・切り戻し

文章の修正を申請する
剪定時期
強い剪定(=太い枝を落とす)は樹液が動かない2月に行う。軽い剪定は3月あたりと6月あたりに行う。補助的に9月にも行う。
剪定方法
放置していると樹高が高くなるので、芯止をする。芯止で大きさを抑え、枯れた枝や変な方向に伸びた枝を切り、樹形を整える。枝を切る時は枝に葉っぱが残るように切る。葉っぱが一枚もないと新しい葉っぱや枝が出ず、そのままその枝は枯れてしまうこともある。
参考リンク
枝の種類(剪定の基礎知識)
芯止

トラブル

文章の修正を申請する
庭木が枯れたかどうかの確認
葉っぱが落ちる理由と対処法
葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
どうしても枯れてしまう
環境が変わると葉が落ちる
管理用リンク
管理用