ハイネズ・サンスプラッシュの育て方

MENU
使い方 TOP

ハイネズ・サンスプラッシュ

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus conferta Sunsplash
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
サンスプラッシュはヒノキ科ビャクシン属のハイネズ園芸品種。常緑低木で針葉樹(コニファー )。枝の先の葉っぱが黄色く、この斑入りが特徴。ハイネズが日本全土に生育する植物なので暑さ・寒さには強い。冬は枯れたような茶色い色合いになるが枯れておらず、春になると回復するので心配しないように。ブルーパシフィックに比べると生育が遅い(一年で20cmくらい)。グランドカバーに使われるとされるが、生育が遅いので広がりにくく、また、株単価が高く、生産自体も少ないため、グランドカバーは現実的ではない。育てること自体は簡単。
●遠目に見ると黄色い葉っぱが枯れたように見える(個人的感想)。

樹高高さ1m?←本当??
まとめ
●サンスプラッシュはヒノキ科ビャクシン属のハイネズの園芸品種。
水やりは普通。庭植えにしたら自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。ただし、植え付けて二年以内は水切れしやすいので注意する。
肥料はあってもいいが、なくてもいい。
●日当たりか半日陰で育てる。
●暑さ・寒さに強く、日本全域でほぼ生育する。
●グランドカバーは現実的じゃない。ちなみにグランドカバーにしても雑草よけにはならない。
●生育が遅い。
ビャクシン属は赤星病の中間宿主で自治体によっては植え付けを禁止している。HPを見て確認してください。
スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けて一年から二年は根が張っていないために庭植えでも水切れが起きやすい。二年以内は様子を見て水をやる。特に一年目の夏は枯れこむことがある。
鉢植えの水やり
鉢の土が乾いていたら水をやる。

肥料

この項目の修正・提案をする
やせ地でも育つ植物なので、肥料はなかったからといって問題はないが、葉っぱの色が悪い・葉っぱが少ないなど問題があるようなら2月に寒肥として緩効性化成肥料か油粕をやる。

植え付け

植え付け
この項目の修正・提案をする
植え替え時期
適した時期としては春か秋。根を崩さずに植えるのであれば、さほど季節は選ばない。
用土
水はけの良い土を好む。一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。庭土が粘土質で水はけが悪いならば、軽石や川砂を混ぜて水はけをよくしてから植え付けをする。
鉢植えの植え替え
現在の鉢よりひと回り大きな鉢を用意し、古い土を落とさず、根を崩さないで植え替えをする。鉢底の穴に網を敷いて、その上に軽石を2センチから3センチほど敷き、その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れる。鉢を揺らすと隙間ができるので、その隙間に用土を入れる。これを隙間ができなくなるまで繰り返す。最後に水をやって完成。
この項目の修正・提案をする
庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、底に緩効性化成肥料をやる(なくてもいい)。株の根についた土は落とさず、崩さずに植え付けをする。掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
成長が遅いので株同士は20cmから30cm間隔に植えないと穴が開いた状態が長く続く。
●根が荒いので移植はできない。
●10cm以上の葉っぱの付いた枝を切って土に刺していると発根して株が増える。これなら1株からグランドカバーとして広げることも可能。挿し木に適しているのは春から6月あたり。
●庭植えでも鉢植えでも土に緩効性化成肥料を混ぜておくといい。でも、なくてもいい。
参考植え付け直後に水をやる

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
栽培可能地域九州・中国・四国・関西・中部・関東・関東北部・東北・北海道

サンスプラッシュはハイネズの園芸品種。ハイネズがほぼ日本全土に自生するものなので暑さ寒さには強く、どこでも問題はない。日当たりか反日陰で育てる。もちろん日当たりの方が生育が良い。

耐寒温度はマイナス15℃。土が凍っても枯れない。寒さに当たると葉が茶色く変色して枯れているように見えるが枯れておらず、春になると回復するので、継続管理する。
●もちろん手で触って葉っぱがポロポロと落ちるのは枯れている。

病害虫

この項目の修正・提案をする
病害虫
赤星病・ハダニアブラムシカイガラムシスギドクガなど。
赤星病はビャクシン属を中間宿主とする病気で、1.5キロ圏内のナシなどの果樹に甚大な被害をもたらす。ビャクシン属は赤星病では枯れない。自治体によってはビャクシン属の植え付け自体を禁止しているのでHPなどで確認してください。

剪定・切り戻し

この項目の修正・提案をする
一年で20cmほどしか生育しないので(環境が悪いとさらに生育しない)、剪定すると回復まで時間がかかる。よって、放置していることが多い。が、一応、剪定して切ると脇枝が出て地面を密に覆うようにはなる(時間がかかるのでは普通はやらない)。
剪定するときは枝に葉っぱが残るように切ること。葉っぱがない状態に切ってしまうと新しい葉っぱも新しい枝も出ず、その枝は枯れてしまう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用