ブルーパシフィックの育て方

TOP > ヒノキ科 > ……

ブルーパシフィック

ブルーパシフィック
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus conferta Blue Pacific
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
育て方の概要
ブルーパシフィックはヒノキ科の常緑低木ハイネズ園芸品種。ハイネズの園芸品種の中でも生育速度が速く強健な種。針葉樹(コニファー)で樹高が低く、グランドカバーによく使われる。育てやすい。葉っぱがチクチクする。暑さにも寒さにも強い。土質を、選ばない。潮風に強い。チクチクするので剪定がしづらい。冬になると若干枯れたようなベージュがかった色合いになる。
樹高10cmから20cm・横2mから3m
まとめ
●ブルーパシフィックはヒノキ科の常緑低木。グランドカバーによく利用される。
●庭植えにしたら、あとは自然に降る雨だけで十分。
肥料はなくてもいいがあった方がよく生育する。
●日当たりで管理。
●暑さ・寒さには強い。
●毎年剪定をする。
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。乾燥に強く、過湿が若干苦手。庭植えにしている限り、過湿で枯れることはほとんどないし、水やりはほぼ不要なんで気しないでもいいですけど。
●根が荒く、根が張り切らない一年か二年は水切れしやすいので、植え付けてしばらくは、水やりをしてください。

肥料

文章の修正を申請する
肥料
肥料はなくてもいい。やせ地でも育つものなので。ただ、葉っぱが少ない・葉色が悪いなどどうにも「肥料が足りていない」ようならば、2月に緩効性化成肥料か油粕をやる。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
文章の修正を申請する
植え替え時期
基本的に植え付け時期は「いつでもいい」。苗はネットでは年中販売してあるので買って植えれば問題ない。適した時期としては春か秋。
用土
基本的に水はけの良い土を好むが、土質はよほどじゃなければ問題ない。土を掘ると水が染み出すとか、あまりに粘土質じゃなければ問題なく育つ。植えるときは庭土に腐葉土堆肥を2割から3割ほど混ぜておく。元肥はなくてもいいが、あった方がよく生育する。
植え付け・植え替え
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほど混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。植え付ける時に苗の土は崩さないこと。崩すと生育不良を起こす。株間は1mくらいを目安に。
●根が荒く、移植には向いていない。一度植えたら動かせないものと考えて、植える場所を決めてください。どうしても移動させたい場合は挿し木で増やして移動させる。
●10cm以上の葉っぱがついた枝を土に挿していると発根して増える。
●環境が合えば、年間で50cm成長する。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
栽培可能地域九州・中国・四国・関西・中部・関東・関東北部・東北・北海道
参考自分の地域で育てられるのか分からないときに読むページ

春から秋
日当たりで育てる。日光が不足すると葉っぱが減り、葉っぱがない部分が出てきて変。

耐寒温度はマイナス15度。土が凍っても枯れない。冬は葉っぱが枯れたような色合いになるが、春になると復活する。
●ブルーパシフィックはハイネズの中では寒さに弱いとされるが、気にしないでいい。

病害虫

文章の修正を申請する
赤星病ハダニアブラムシカイガラムシスギドクガなど。
芋虫・青虫の対策…カラシ・ワサビ・唐辛子のスブレーのまとめ

赤星病
ブルーパシフィック自体は感染しても枯れることはないんですが、1.5km圏内の梨が被害を受けるため、自治体によっては植え付けを禁止しています。自治体のホームページなどで確認してください。

剪定・切り戻し

剪定・切り戻し
文章の修正を申請する
剪定
剪定すると枝が伸び、葉っぱが増える。よって剪定すればするほど地面を密に覆う。ので剪定は毎年、行うといいです。適当に切ってもそれで枯れることはないです。
●葉っぱがチクチクするので剪定のときは軍手を。

参考リンク
枝の種類(剪定の基礎知識)

コツ

文章の修正を申請する
雑草
グランドカバーに植えて密になると雑草が生えにくくなるが、完全に雑草を抑えることはできないので、ちょくちょく草取りは必要です。
また、樹高が低すぎて雑草に負けることがあります。
また、植え付けしてしばらくは草取りは必要です。
土がかぶると…
樹高が低すぎて、ブルーパシフィックに土がかぶさることがあります。土がかぶさるとその部分の葉っぱがなくなりますので、土がかぶったら払って取り除いてください。
管理用リンク
管理用