タマイブキの育て方

TOP > 園芸用語 > コニファー > 更新日

タマイブキ(タマビャクシン)

タマイブキ
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Juniperus chinensis Globosa
別名タマビャクシン
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

タマイブキの育て方

タマイブキの育て方

タマイブキの育て方
文章の修正育て方の概要
タマイブキはヒノキ科のイブキ(ビャクシン)の園芸品種。常緑低木の針葉樹(コニファー)。樹高が1mと低くまとまり、剪定すると枝分かれして細かい枝が出て葉っぱが密生する。丸く仕立てるのが普通。丸く剪定するだけで厄介な作業はない。
樹高1m
まとめ
●タマイブキはヒノキ科のイブキの園芸品種。樹高が1mと非常に低い。
●庭植にしたら自然に降る雨で十分。
●2月に肥料を。
●日当たりで育てる。
●寒さに若干弱く、寒冷地では枯れる。

品種
オウゴンタマイブキ
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

タマイブキの水やり

文章の修正庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けして一年か二年は根が張っていないので水を吸い上げる力が弱く、水切れが起きやすいです。庭植えでも植え付けして二年以内は様子を見て水やりをしてください。

タマイブキの肥料

文章の修正二月に寒肥として緩効性化成肥料か油粕をやる。タマイブキの周囲に浅い溝を掘って肥料をやる。地下の根は地上部の枝張りの外側にはないので、タマイブキの外側に溝を掘る。

植え付け・植えかえ

文章の修正
植え替え時期
春か秋に植え付けをする。

用土
水はけの良い肥沃な土を好む。庭土に3割ほど腐葉土堆肥を追加して混ぜて用土として使う。粘土質の庭土の場合は川砂を混ぜて水はけをよくする。

庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

株の増やし方

文章の修正挿し木
元気の良い、葉っぱの綺麗な枝を15cmほど取り、切り口側の葉っぱを取り除き、水揚げをする。水揚げは水を貼ったコップにつけること。30分から1時間ほどで葉っぱの先まで水が行き渡り、シャキっとする。赤玉土単用か鹿沼土単用の苗床を作り、そこに切り口を土に埋めておき、日陰で乾燥しないように管理していると発根する。発根材を塗ると成功率が上がる。発根したら鉢か庭に植え替える。

栽培可能地域

文章の修正九州南部・九州北部・中国・四国・関西・中部・関東南部・関東北部

管理場所・日当たり

文章の修正春から秋の管理
日当たりで管理する。日陰だと葉色が悪くなり、葉っぱが減る。といっても半日陰くらいなら問題ない。塩害(潮害)にも強い。
冬の管理
冬に特に何もしなくていい。

病害虫

文章の修正基本的に病害虫には強い。
赤星病カイガラムシハダニアブラムシウドンコ病などが発生する。

剪定・切り戻し

文章の修正
剪定時期
一年に二回、新芽が落ち着いてきた6月7月と、夏を過ぎて涼しくなった9月10月に剪定をする。

剪定の手順
放置していても半球状になるが、剪定することで分枝して枝・葉が密生する。タマイブキの剪定は形状を整えるのが一番の目的。球形をイメージして6月7月はそのイメージより「深め」に剪定する(その後も生育するので深く剪定しても回復する)。9月10月の剪定はイメージ通りに剪定するか、球形に軽く整える程度にする。

関係記事・人気記事

コニファー

コニファーコニファー
園芸用語

ゴールドコースト

ゴールドコーストゴールドコースト
ヒノキ科
(ビャクシン属)

ゴールドライダー

ゴールドライダーゴールドライダー
ヒノキ科
(レイランドヒノキ属)

ヨーロッパゴールド

ヨーロッパゴールドヨーロッパゴールド
ヒノキ科
(クロベ属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用