コニファー・サマースノーの育て方

MENU
使い方 TOP

コニファー・サマースノー(ホワイトサマー・サマーホワイト・ホワイトスノー・スノーホワイト)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒノキ科
属名ヒノキ属
学名Chamaecyparis Lawsoniana Summer Snow
別名ホワイトサマー・サマーホワイト・ホワイトスノー・スノーホワイト
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
サマースノーはヒノキ科ヒノキ属のローソンヒノキ園芸品種の一つ。常緑高木の針葉樹(コニファー)。葉っぱがの色合いが独特なパステル調のクリームがかった淡いグリーンで、円錐形に育つ。ローソンヒノキは寒さには強いが、日本の暑さに弱く、日本の栽培には適していない。関東北部より北の涼しいところで育てても夏の暑さで突然枯れることがあり、ある程度「覚悟」のあるガーデナーじゃないならオススメしない。サマースノーのこの色合いは一目惚れして買う可能性が高い(そしてよく枯らす)。
樹高5m
まとめ
●サマースノーはヒノキ科のローソンヒノキの園芸品種。
●日本の気候にあっていないのでよく枯れる。
●適した栽培地域は関東北部以北。
水やりは自然に降る雨でほぼOK。ただ植え付けて二年は水切れに注意。
●鉢植えの水やりは普通。
●2月あたりと6月あたりに肥料を。
●肥料が切れると葉色が悪くなる。
●日当たりか半日陰で育てる。
●3月あたりに剪定をする。
スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
庭植えの水やり
庭植えの場合は一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ十分。日照りの時に水をやる程度です。植え付けて一年か二年は根が張り切っていないために水を吸い上げる力が弱いので水切れしやすいです。植え付けて一年か二年は庭植えでも様子を見て水やりをしてください。特に一年目の夏は危険。
鉢植えの水やり
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。

肥料

肥料
この項目の修正・提案をする
庭植えの肥料
2月に寒肥として緩効性化成肥料か油粕をやります。株の周囲に深さ20cmほどの穴を数個ほど掘って肥料を埋めます(肥料が根に当たらないようにする)。6月も同様にやります。肥料が切れると葉色が悪くなり、生育が悪くなり、枯れ込んできますので肥料は切れないようにします。
●様子を見て肥料は調節してください。

鉢植えの肥料
3月と6月に緩効性化成肥料をやる。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
植え替え時期
春か秋に植え替え・植え付けをする。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割ほど腐葉土か堆肥を追加して混ぜて用土として使う。
鉢植えの植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。土は落とさず、ほぐさず、根を傷つけないようにして植え替えをします。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●同じ大きさの鉢に植え替えるときは土を三分の一ほど落とし、地上部を刈り込んでから植え替えます。土をいじるとダメージが大きいので、できれば土を落とさずひとまわり大きな鉢に植え替えてください。

この項目の修正・提案をする
庭植えの植え付け
庭植えの場合は、根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、底に緩効性化成肥料を入れ、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●庭植えも鉢植えも植え付け時に緩効性肥料を混ぜる。一般的な培養土には最初から肥料が入っているので不要。
●夏の過湿対策に高植えする。
参考植え付け直後に水をやる

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
栽培可能地域関東北部・東北・北海道
夏の暑さに弱いので関東以西は適さないが、夏に風通しを良くして半日陰で育てれば育てられないわけではない…いや、やっぱやめといた方がいい。って感じ。関東北部でも突然枯れることがあるので、基本的にはオススメしない。

日当たり
日当たりを好むが半日陰でもいい。夏の暑さに弱いことを考えると半日陰が適している。

耐寒温度マイナス15度と寒さには強い。

剪定・切り戻し

この項目の修正・提案をする
剪定の時期
新芽が出る前の3月に剪定するのが理想。ただ、サマースノーはよく芽が出るので3月から6月の間であればいつ剪定しても回復する。
小さく抑える剪定
放置していると5mになる高木なので、ある程度の庭に適切な大きさ…2mとか3mになったら芯止をします。芯止は成長点の芯を切って大きさを抑えること。芯止をしても、その下の枝が芯になって伸びてくるので、いずれは大きくなるので、今度はその新しい芯を切って芯止をしてください。
形を整える剪定
枯れた枝を落とし、変な方向に伸びた枝(上下や反対方向に伸びた枝)、邪魔な枝、樹形を乱す枝を落として、風通しをよくしてから、全体を円錐形になるように剪定していきます。放置していても基本的には円錐形になるので、整える程度の剪定になります。
●ハサミで切ると切り口が茶色になる…って言いますが、何で切っても(手で摘んでも)茶色くなります。茶色の部分はいずれ回復するので気にしない。
●夏の高温多湿対策のために6月に剪定して風通しを良くすると良い。
剪定をするときは枝に葉っぱが残るように切る。葉っぱが一枚にもないように切るとその枝から新しい葉っぱや枝は出てこない。

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用