アネモネの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>アネモネ
スポンサードリンク

アネモネ(ボタンイチゲ・ベニバナオキナグサ・ハナイチゲ)

アネモネ
科名キンポウゲ科
属名イチリンソウ属
学名Anemone
別名ボタンイチゲ・ベニバナオキナグサ・ハナイチゲ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


夏の高温多湿に弱いので、夏に植えっぱなしにしていると球根は腐ってしまいます。掘り起こして風通しのいい日陰で管理しましょう。

チューリップより早く咲きます。春を感じる鮮やかな花なので、とっても嬉しくなります。

水やりと肥料

水やりは土が乾いてから
土が乾いていたら水をたっぷりとやってください。土が濡れているうちに水をやると、根が傷んでしまいますので、気をつけてください。

花には水を掛けないように
開いている花に水が掛からないようにしましょう。水が掛るとすぐに花がしおれてしまいます。水をやる時は上からバシャーと掛けるのではなく、口の細いジョウロで注ぐようにしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

球根を横から見るとダイアモンドの形をしている…と言えばそうも見えなくも無いですが、形がいびつなので、園芸本に載っているようなモノとは限らないです。とがっている方を下にして植えますが、ゆがんでいるものはどっちが尖っている方か分からない場合もあります。そういうのはもう適当に植えちゃうか、日の当たる場所に脱脂綿を引いて、その上に置いて根が出るを待ってから植えましょう。

●根が深く張りますので、充分根を張るスペースを確保しましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好みますので、日当たりで管理します。夏には高温多湿で球根が腐ってしまいますので、夏になったら掘り上げます。

寒さに当たらないと花が咲かない
秋に植え付けをして、その後5度の寒さに当たらないと花芽が出来ません。戸外の日当たりでしっかりと寒さに当ててください。

特徴・由来・伝承

ギリシャ語で「風(anemos)」を意味します。ギリシア神話中に、美少年アドニスが流した血よりこの植物が産まれたとする伝説があります。

アネモネの種は長い毛を持っていて、それが風に吹かれて飛んでいくことから「風」を語源とした名前が各地で付けられています。

宿根アネモネもありますが、本項で取り上げているのは宿根ではありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用