水耕栽培…アボカドの場合のコツなどまとめ

MENU
使い方
TOP>雑記>水耕栽培…アボカドの場合のコツなどまとめ
スポンサードリンク

アボカドの水耕栽培

アボカドの水耕栽培
この項目の修正・提案をする
アボカドはスーパーで売っているものでも発芽させることができ、観葉植物として育てられます。発芽させる方法の一つは土植え。普通に培養土に植えていると発芽します。もう一つの方法が水耕栽培。ネットでよく見るのがなぜか水耕栽培です。このページでは水耕栽培の方法とユーザーから投稿された画像を掲載しています。

水耕栽培の方法

水耕栽培の方法
この項目の修正・提案をする
食べた日にすぐ土に植える
アボカドは種子は非常に乾燥に弱く、「気が向いたら植えよう」と保管していると乾燥で発芽しなくなります。冷蔵庫に入れて寒さに当ててしまっても発芽しなくなります。成木は寒さに耐性があるのですが種子は寒さに弱いので気温が20度前後になるまでは、植えないほうがベター。

植える前によく洗う
水耕栽培する場合でも、土植えする場合でも、種はしっかりと洗ってください。果実に脂肪が多く、水洗いしただけでは、果肉が残って水や土が腐ってしまいます。腐ると発芽しません。洗うときは薄い洗剤で洗い落として下さい。
●果肉には発芽抑制物質が入っているってのもある。

種に上下があります
種には上下があって、平たくなっているほうから根が出ますので、これを下にします。

水耕栽培
よく爪楊枝をさしてコップの淵に爪楊枝を引っ掛けてコップの中に浮かばせ、種を半分か三分の一ほど水につけて水耕栽培している人がいます。
カッコイイです。ガラスの器で育てると根が丸見えになっておしゃれです。インテリアとして部屋に飾りたい!!!のですが、水が腐ると枯れてしまいます。冬はまだいいのですが春以降は水替えが面倒で、忘れて枯らすことが多いので、あまりおすすめしません。
でも、ブログでいい写真が載ってるんですよねぇ…
●発芽には20度前後の気温が必要。

水耕栽培してもいずれは鉢植えに
水替えも大変ですが、生長のためにも、いずれは鉢植えに植えかえします。酸性の水はけのよい土を好みますが、酸性でないといけないってわけではなく、用土は観葉植物の土でOK。植え付けは一般的な観葉植物の植え替え方法で構いません。

根っこが出てきた画像

根っこが出てきた画像
根っこが出てきた画像
この項目の修正・提案をする
根っこが出てきた画像。
一枚目がお尻が割れて根が出かけの状態。二枚目が根がニョキっと完全に出てきた状態です。
種子の薄皮も剥いでいます。
下側のお尻を削ったほうが割れて発芽しやすいのだそうです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用