ヒッペアストラム・エバンシアエの育て方

TOP >ヒガンバナ科>アマリリス>>管理

ヒッペアストラム・エバンシアエ

nophoto
科名ヒガンバナ科
属名ヒッペアストラム属
学名Hippeastrum evansiae
水やり乾かし気味に
場所季節による
難易度チャレンジャー
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ヒッペアストラム・エバンシアエ
  2. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ヒッペアストラム・エバンシアエ

文章の修正ヒッペアストラム・エバンシアエとは?
ヒッペアストラム属の球根植物。ヒッペアストラム属は日本では「アマリリス」として流通しているので、ヒッペアストラム・エバンシアエは「アマリリスの原種」という言い方で、交配の親としてネット掲示板でちょくちょく登場する。日本では流通していないのですが、基礎知識としてまとめておきます。
性質
南米のボリビア原産。花びらが黄色く、ウェーブしている(フリルしているとも)。ボリビアの気候は…5月から9月の間は雨がほとんどなく、12月から2月は雨が多くなります。年間の降水量は570mm。ちなみに東京の降水量が1500mmなんで、雨が多いと言っても日本の感覚で言えばそうでもない。5月から9月は日本で言うところの冬で、冬は乾燥状態。1月前後が日本で言うところの夏になり、雨が多い。
ボリビアは緯度が低く、暑い地域です。首都のラパスは標高3600mで涼しいですが、ヒッペアストラム・エバンシアエはボリビアの森林で自生する球根植物で、内陸の乾燥した暖かい場所で育ちます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

アマクリナム
ヒガンバナ科アマクリナム属
アマリリス
ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
アマリリスの花の後の処理
アマリリスの管理
ベラドンナリリー
ヒガンバナ科ホンアマリリス属
アマリリス・パピリオ
ヒガンバナ科ヒッペアストラム属

同じ科の植物

スイセン
ヒガンバナ科スイセン属
ナツズイセン
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
リコリス
ヒガンバナ科ヒガンバナ属
ヒメノカリス
ヒガンバナ科ヒメノカリス属
スノードロップ
ヒガンバナ科マツユキソウ属
ティタティタ
ヒガンバナ科スイセン属
タマスダレ
ヒガンバナ科ゼフィランサス属
ツバメスイセン
ヒガンバナ科スプレケリア属
クンシラン
ヒガンバナ科クンシラン属
クリナム
ヒガンバナ科ハマオモト属
スポンサーリンク