アマリリスの育て方

MENU
使い方 TOP

アマリリス

アマリリス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ヒガンバナ科
属名ヒッペアストルム属
学名Hippeastrum
みずやり水控え目
場所季節による
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
来年も咲きます
春に花が咲いて、花の後に葉っぱが出ます。花がしぼみ、その後は葉っぱだけで生育し、冬には寒さで葉っぱが枯れます。冬には水やりを一切ストップします。変に水をやりすぎて枯らすことが多いです。
花芽をつけるためには、寒さに当てて、水を切る必要があります。これをしないとただ球根が肥えるだけで、開花しません。
●冬に普通に管理すると葉っぱも枯れない。でもこれでは花芽が付かず、花が咲かない(咲きづらい)。
●アマリリスは意図的に寒さに当てて休眠させないと、休眠しません。
●冬に休眠させないで常緑で越冬させても花は咲く品種も多いが、寒さに当てて休眠させたほうが開花しやすい。

葉っぱ4枚につき、花芽が
花が終わった後にも葉っぱが光合成をして球根を太らせます。この花後~秋に掛けてしっかりと生育することで翌年の花芽が形成されます。この時期にしっかりと日に当て、肥料をやって育ててください。葉っぱ4枚につき花が咲く。葉っぱが8枚あったら2本の花が咲く。
育て方まとめ
●花が終わったら、茎の根元から切る。葉は切らない。
●水のやりすぎに注意。
●花が終わってから秋までの間に、球根を太らせると翌年咲きやすい。
●秋冬の寒さに当てないと花芽ができないが、基本的に寒さには弱い。
●10度以下で葉っぱが枯れる。葉っぱが枯れてから室内に取り込む。室内では5℃以下にならないように管理する。

スポンサードリンク

水やり

水やり
この項目の修正・提案をする
春~夏は土が乾いたら水やりを
春~夏に掛けては、土が乾いたら水をしっかりやってください。土が乾いていないうちは水は控えましょう。球根の植物は乾燥に強く、多湿に弱いです。水を多くあげると腐ってしまいます。球根や葉っぱに水をかけないようにする(病気になりやすいから)。
●水やりは土を触るなり、見るなりして確認してから。ぬれているなら水をやらない
宅配商品のアマリリスは宅配中に水切れしないようにピートモスが詰まっています。これが水もちがよすぎて根腐れしやすい。水を控えるしかないです。
コバエが飛んでいるのは水のやりすぎ。
●4月、最低気温が10度以上になったら水やりを再開します。

気温が下がってきたら水を控える
秋~冬にかけては、成長は鈍化して葉が枯れ始め、休眠期間へと移行します。このとき夏の感覚で水をやっていると、ほぼ確実に球根が腐ってしまいます。涼しくなってきたら水は控えて、真冬は水を一切やりません。
●冬に水を切ることで花芽が形成されやすくなります。
●気温と水があれば、休眠に入らず、葉っぱが枯れません。休眠しないと花芽が形成されづらい品種もあります。
●水をやらなくても枯れません。また、活動をしていませんから、水をやっても吸い上げません。
●最低気温が10度以上になったあたりから水やりを徐々に再開します。4月くらいからです。

肥料

この項目の修正・提案をする
肥料
春夏の成長期に養分が蓄えられるので、この時期に栄養剤を与えて球根を太らせましょう。肥料は一般的な液肥でいいです。アマリリスは根が強く「多肥」にも耐えるし、どちらかというと肥料食いです。花が咲くことでスカスカになった球根を回復させることが翌年の花の第一歩です。
冬は肥料をやらないでください。
●肥料は鶏糞でもいいが、室内で管理することが多いので、液体肥料がよい(鶏糞は臭い)。
●液肥は花が咲くように「リン」が多く含まれることが多いですが、アマリリスには「5−5−5」や「8−8−8」のようなバランスよく配合されているものを使用するといいですが、ま、そんな気にしないでもいいです。大して差はないです。
●肥料を多めにやることで分球もしやすくなる。
●肥料が少ないと花が咲きづらくなる。肥料は大事。

植え付け・植えかえ

この項目の修正・提案をする
植え替え時期
植え替えは休眠中(冬)にします。植え替えは葉っぱが枯れる10月以降から新芽が出てくる3月までの間。適した時期は1月から3月あたり。このとき、球根の横に球根の小さいのがあったら分球して株分けが出来ます。
●アマリリスは自生地によって開花時期・休眠時期が違う。夏の暑さで休眠して秋冬で開花するパターンもある。冬に休眠して春に開花するのが一般的。
●夏に休眠するパターンは夏の終わりの涼しい時期に植え替えする。

用土
市販の花と野菜の土で育ちます。自作する場合は赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。プラスチックの小さな鉢に植わっている場合は、植え替えをします。
●冬に水と肥料を切って寒さに当てると「休眠」します。これは意図的にしないと休眠しません。
●ピートモスで植わっている場合もありますが、植え替えの時はピートモスは捨てて、上記の用土を使う。
●球根が太ってくると分球して自然と分かれる。理想は別れてから別の鉢に植える。多少、固めにくっつている状態の場合はナイフなどを割れ目に入れて「パキ」と分ける。

鉢について
鉢の大きさは6号鉢から8号鉢に球根一個くらい。鉢が大きい方が球根は大きくなりやすい。小さいプラスチックの鉢に植えていると花と葉っぱの重みでひっくり返る。重い鉢に植え替えた方がいいです。材質は空気・水が通る素焼きの鉢が好ましい。
●葉っぱの健康がアマリリスの健康なので、朝顔の支柱(行燈仕立てのあれ)で、葉っぱを囲って強風から防御してやるといいです。支柱が余ってるなら。

この項目の修正・提案をする
植え替え手順
鉢植えの場合…鉢の底の穴を網で塞いで、軽石を2センチから3センチほど入れ、用土を入れて球根を入れて、隙間に土を入れていきます。球根の半分から三分の一が土から出るように植え付けをします(球根が腐らないようにするため)。古い土は落として新しい土で植え替えをするんですが、球根についた「ピートモス」は取り除くこと。ピートモスは腐っているので。
●根が切れても、それで枯れることはない。生育不良も起こさない。そんなの気にしない。

庭植えの場合…植え付けをする二週間前に、深さ20cmほど掘り、苦土石灰を混ぜて中和させておきます。植え付けるまえに腐葉土や完熟堆肥を入れてよく混ぜます。その上で球根を植えます。大きな球根は株間30cm。小さな球根は20cm程度空けて植えてください。
種子から育てる
種子から育てるのは一般的じゃない。種子から開花までは最低でも3年以上かかる。普通は5年くらいか。また、交配して品種をつくっているため、種子から育てると親の性質を受け継がない(花いろも違い、大きさも違う。同じものが増えないのでショックを受ける)。

水耕栽培

この項目の修正・提案をする
水耕栽培は普通は、やらない
水耕栽培もできる。できなくもない…って感じ。
アマリリスの球根が水に浸かっていると球根が腐ってしまうので、球根は水に浸かっていないが根は水に浸かっているようにする。
球根の頭頂・中心から花茎や葉っぱが出ないため、バランスが崩れやすい。花も横に向いて咲くために余計にバランスが崩れる。水耕栽培はどうにも倒れる。大型のタイプは花茎が何本か出てバランスが取れやすい。小型は一本しか出ないので、倒れやすい。
水耕栽培にすると肥料不足になって、球根が太りにくいため、来年は開花しづらい。
●水耕栽培の根っこは「水中向け」の根で、土に植えると腐って消えて、「土用」の根が出るまで生育が鈍い。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
春から秋は日当たりで管理します
日光を好みますので、春~初夏に掛けては外の日当たりに置くか、窓辺の日の当たる場所に置いてください。真夏の直射日光には弱いので、真夏は半日陰に移動してください。
●1日の最低気温が10度以下にならないならば戸外に出しても良い。万が一のために15度からがいい。
●台風の時は室内に移動。強風で球根ごと倒れる。
●戸外においても雨には当てないようにする。球根・葉っぱに水をかけないように。球根が腐って枯れてしまう。球根に触ってみて柔らかいなら腐っている。

花が咲いているなら人目がつく場所で
ギフトで貰った場合、花が咲いている間は玄関などに飾って観賞して、花がしぼんだら日当たりに移動させるといいです。
冬は室内で管理
寒さに弱いので冬は室内で管理してください。霜や雪に当たると枯れてしまいます。鉢植えの場合は植えっぱなしで構いません。庭植えしている場合は、秋には掘り上げて室内で管理します。越冬させれば、来年また花を咲かせてくれます。
●翌年開花させるには、地上部の葉っぱが枯れるくらいの寒さには当てないと花芽は付きづらい。暖地中間地では霜と雨の当たらない軒下で管理します。
●花芽ができる休眠するくらいの気温は「10度」です。
●5度あたりで球根も完全に枯死します。
●休眠期間は日光に当てなくていいです。
●よって晩秋まで戸外で管理して、葉っぱが枯れたら、取り込むというのがパターンです。
●寒さに当てないと花芽ができないと、書きましたが、これは一般的なアマリリスのことで、品種や個体によっては寒さに当てないでも毎年咲きます。
●一般的に店頭に流通しているアマリリスは冬に休んで、春に開花するんですが、原種に近いものは夏に休んで、秋に開花し、冬に生育します。ベランドンナリリーを参考にしてください。

病害虫

この項目の修正・提案をする
赤斑病
アマリリスでよく発生する病気。赤い斑点が徐々に広がっていく。原因はそこいらへんにいるカビ。真夏以外の4月から10月に発生する。つまりアマリリスが生育している間はほぼ発生時期になる。葉っぱにハリがなくなって倒れ、球根もなにもかもダメになる。水やりで葉っぱや球根に水をかけていると発生しやすい。対応する薬剤は今の所ない(2019年)…と言われている(ネット上では何々で治ったという意見もある)。
予防としては「密生させずに風通しをよくする」「赤斑病が発生した株は速攻で焼却する」「水はけの良い土に植える(水やりを乾燥気味にする)」。
赤斑病の症状があったからといって枯れるわけではなく、治ることもあるらしい。ただし、それは株が健康で、環境が健全な場合のみ。
ナメクジ・カタツムリ
気温と湿度の高い時期に出現して葉っぱを食べる。
ウィルス病
葉っぱにモザイク状に黄色い班が出る。すぐには枯れないが徐々に弱って枯れる。また治療方法はなく、簡単に他の株に感染する(葉っぱ同士が当たるだけで感染)ので、速攻で焼却処分する。剪定するときのハサミを必ず、火で炙って殺菌してから利用するようにする。
アブラムシ
戸外で管理すると発生する。アブラムシはウィルス病に感染させるし、スス病も発生させるので危険。
ヨトウムシ
正確にはハマオモトヨトウ。夜中に活動して葉っぱを食べる。夕方から懐中電灯を持って待っていると土の中から出てくるので、捕まえて駆除する。幼虫でも小さいうちならオルトランが効く。アファームとかマッチ乳剤は老齢幼虫にも効くが高い。

花の後の処理

この項目の修正・提案をする
花が枯れたら
花が枯れたら、太い花の茎ごと根本から切り取ってください(葉っぱは切らないで)。
茎と花を残しておくと種を作ろうと栄養がそこに行ってしまい球根が痩せてしまいます。花だけ切って茎を残すと、この太い茎の部分が腐って病気の元になりますので、花の茎の根本から切ってください。

品種・雑記

この項目の修正・提案をする
品種:ダズラー、ミネルバ、レッドライオン、リロナ、アイキャッチャー、スイートセックスティーン
●アマリリスは本来熱帯の植物。気温が25度以上だと生育し続け定期的に開花する。この理屈だと冬の休眠は不要。ところが、アマリリスは雨季と乾季のある地域を原産としている種類もあり、これとの交配を繰り返している。よって休眠…つまり乾季が花芽形成のトリガーにはなっている。
●リロナは開花しづらい。
●グリーンアマリリスやオーリカムは秋咲で、夏に休眠して秋に開花する。夏の終わりに地上部が突然枯れる。
カリプトはマイナス三度くらいまで耐える。
●アマリリスの原種は熱帯雨林・雨季乾季がある地域など自生地が違う。その原種から配合しているため、性質(開花時期・休眠時期など)が品種によって結構違う。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
この項目の修正・提案をする
中南米に生息する球根の植物。ヒガンバナ科の球根には微量ですがリコリンという毒素を含んでいます。

アマリリスといえば、リコーダーの練習曲にそういうものがある思い出があります。この大きな拡声器のような花とイメージが違う。

このページに載っている写真は厳密に言うと「ヒッペアストラム属」です。昔から言われる正式なアマリリスは「ベラドンナリリー」とか「ホンアマリリス」という名前で流通しています。

園芸に詳しい人がこのページを見ると「けしからん」と思うかもしれませんが、ヒッペアストラム属がアマリリスとして流通していますので、アマリリスとして掲載しています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用