クモマグサの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>クモマグサ
スポンサードリンク

クモマグサ(セイヨウクモマグサ・雲間草)

クモマグサ
科名ユキノシタ科
属名サキシフラガ属
学名Saxifraga
別名セイヨウクモマグサ・雲間草
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


早春から春まで咲いてくれる高山植物です。多年草に分類されますが日本の夏の暑さと湿気に弱いために、夏に枯れてしまいます。寒冷地では夏越しも可能ですが大変です。

夏越しのテクニックとしては
●まずは梅雨の間は雨の当たらないところへ移動する。
●夏の間は日陰で管理する
●すこし間引いて風通しを良くする

というのがあります。だけど誰に聞いても、「無駄な努力だ」と言われてしまいます。

色んなブログを見てみると、地上部が枯れても翌年花が咲いた~♪っていう記述もありましたので、出来るだけやったら後は野となれ山となれ~という精神で見守りましょう。

水やりと肥料

土が乾いているなら水をタップリとやってください。鉢植えの場合は鉢底から水がたっぷりと染み出すくらいにしっかりとやってください。

花に水が掛からないように水をやった方が長く楽しめます。

管理場所・日当たり

秋~春までは日当たりのいい場所で管理します。霜が降りても枯れることはありませんが、当たると少し花付が悪くなります。ただ、一般的には気にしません。

夏の暑さに弱いので、夏越しをさせる場合は、初夏に刈り込んで風通しを良くさせるか、株を細かく分けて、蒸れにくくします。
スポンサードリンク

その他

暑くなると、下草が枯れて、不恰好になります。そこで、枯れた葉を取り、ハゲたところまで土を盛ります。すると土に埋まった場所には根が生えてきます。

これを「増し土」と言います。

特徴・由来・伝承

日本にもクモマグサという高山植物がありますが、園芸店で流通しているのはヨーロッパで品種改良された西洋のクモマグサで、日本のそれとは花の形なども全く違います。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用