「段」とは(家庭栽培トマトの基礎知識)

MENU
TOP>雑学>トマト栽培の「段」とは
スポンサードリンク

トマトの段とは


トマトは一般的には一本仕立てにします。最近は二本仕立ても多いですが、一般的には一本です。主幹に葉っぱが7枚ほど出たあとに、花が咲いて、最初のトマトが成ります。このトマトが一段目です。

脇芽をとって、一本仕立てにしていくと、更に三枚ほど葉っぱが出てから花が咲き、トマトが成ります。これが二段目。また葉っぱが出てトマトで三段目、葉っぱが出てトマトで四段目という具合に、トマトが成る――ミニトマトの場合は1房で1段ということになります。
●結実する枝と結実する枝の間に葉の枝が三つある。つまり結実する枝と三つの葉枝、計4枝で一段と言える。まぁあくまで目安です。

こんな感じ


脇芽を取って、一本仕立てにして、十分な段数になったら、摘芯してこれ以上大きくならないようにします。

もっと段数を増やしていいかどうかは、腕とか土とか環境とか考慮して毎年チャレンジしてみましょう。すごい人は十数段とりますが、そこまでするのは味とか量とかではなく、自分への挑戦というニュアンスが強い、らしいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用