木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いと見分け方

MENU
使い方 TOP
雑記>木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いと見分け方

木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いと見分け方

木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いと見分け方
この項目の修正・提案をする
まとめ
モクレンコブシは同じモクレン科モクレン属(マグノリア属)で、樹皮や葉っぱの感じは同じで見分けがつかない。
●モクレンには真っ白なものと、紫のものと、その中間のものがあり、色がついていたらモクレン。
●白い木蓮とコブシも開花すると見た目が全然違う。
●白木蓮は開花の間は葉っぱがない。コブシは葉っぱがある。
●白木蓮は花弁が9枚。コブシは花弁が6枚。
●白木蓮は上に向いて咲く。コブシはあちこちに向いて咲く。
●白木蓮は花弁が肉厚。
スポンサードリンク

木蓮と辛夷

この項目の修正・提案をする
同じモクレン科モクレン属(=マグノリア属)
モクレンもコブシも同じモクレン科モクレン属(=マグノリア属)の植物で、分類上はほぼ同じ。だから樹皮の感じはほぼ同じです。モクレンは中国原産で、平安時代以前に日本に渡来しました。平安時代に編纂された和名類聚抄にはすでにモクレンがあったことが書かれています。モクレンは当初、漢方薬として渡来していて、モクレンの蕾が「辛夷」という薬でした。モクレンが渡来する前には、この辛夷の代用品として、日本原産のコブシが使用されていました。だから、現在、辛夷をコブシに当てて表記するのです。

木蓮とは
木蓮というのは本来は「紫色」のもので、そのうち白いものを「白木蓮」としていました。紫と白は性質が違いますし、開花する時期も違います。もちろん同じ木蓮なんですよ。で、日本に平安時代に渡来したのは紫のもの。白い木蓮は江戸時代に渡来したのだと思われます。
白い木蓮も中国原産で、唐の時代に絵画で書かれていたらしいので、その頃に栽培されるようになったのでしょう。
●白木蓮は本来は紫木蓮の亜種という位置づけだったのですが、白木蓮の方が目立つのか、現在「木蓮」というと白木蓮を指すことが多い(ような気がする)。

コブシとは
コブシも木蓮と同じ「モクレン科モクレン属(マグノリア属)」で、こちらは日本原産。どうも千昌夫の「北国の春」で歌われる植物というイメージが強いです。モクレンもコブシも寒さに強く、北海道でもどちらも育つので、コブシの方が格別寒さに強いってことはないです。コブシの名前の由来は種子がボコボコして「拳」のようだからとも、蕾が「拳」のようだからとも。学名はそのまま「Kobus」。

開花するまで違いは分からない

この項目の修正・提案をする
葉っぱも樹皮も同じ
モクレンもコブシも、さすが同じモクレン科モクレン属だからなのか、葉っぱも同じ、見分けがつきませんし、樹皮も同じです。違いが明確になるのは開花してから。

開花すれば一目瞭然
モクレンには紫と白があり(正確には紫と白でグラデーションになっているものもある)、コブシには白しかありません。よって紫やピンクやグレデーションの花が咲いたら、それは間違いなくモクレンです。で、白木蓮かコブシか?ってことになりますが、これも花を見れば一発で分かります。

コブシの花

コブシの花
この項目の修正・提案をする
コブシの花はこんな感じです。花びらは完全に開き、いろんな方向に向いて開花します。コブシの花びらは6枚。
●コブシは開花と新芽が吹くのが近いので、花と葉っぱが同時に見られる。

白木蓮の花

白木蓮の花
この項目の修正・提案をする
白木蓮の花は、花弁が完全には開かず、「上」に向いて開花します。上です。だから私たちは白木蓮の横姿しか見てないことが多いです。花びらは9枚。しかも花びらはコブシに比べてかなり肉厚。あと、白木蓮は開花している間は葉っぱがありません。花が終わってから葉っぱが出てきます。
●紫木蓮は開花し始めた時には葉っぱがないが、開花期間の間に葉っぱが出てくる。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用