バラ・トーマスエイベケットの育て方

TOP > バラ科 > …

バラ・トーマスエイベケット(イングリッシュローズ )

バラ・トーマスエイベケット
科名バラ科
属名バラ属
学名rose Auswinston
別名イングリッシュローズ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
概要
バラ・トーマスエイベケット(Thomas à Becket )はバラ科のイングリッシュローズの品種。2013年発表。トーマス・ベケットはイギリスのカンタベリー大聖教の司教の名前で12世紀にヘンリー2世と対立して暗殺された聖人。
明るい赤のカップ咲きがロゼット咲きになる。徐々に花びらが反り返る。一番花は一輪が多いが、二番花以降は房咲きになり、重さで下に垂れる。硬いシュートが伸びて房咲きする。開花後に切り戻せば丁度いい高さになる。庭植えでもいいが鉢植えでも適している。
樹高が低く、ブッシュ樹形に近いです。黒星病・ウドンコ病に強い丈夫な品種。トゲは大きくて多い。
性質四季咲き 返り咲き 花壇 鉢植え 耐病性(黒星病・ウドンコ病) 初心者向き
花径8cm(花弁70枚)ダマスク フルーツ
樹高125cm横幅100cm
樹形シュラブ樹形(ブッシュ樹形に近い) 半直立性
作出者デビット・オースチン

育て方の詳細は…イングリッシュローズを参考に。
バラの新苗・大苗(二年生苗)・鉢苗の違い
バラの咲き方のタイプ別まとめ
バラ栽培の専門用語
管理用リンク
管理用