ネナシカズラ(根無葛)

TOP >ヒルガオ科>>管理

ネナシカズラ(根無葛)

ネナシカズラ
科名ヒルガオ科
属名ネナシカズラ属
学名Cuscuta
別名根無葛
水やり水不要
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ネナシカズラとは?
  2. 仲間・種
  3. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ネナシカズラとは?

文章の修正ネナシカズラはネナシカズラ科(もしくはヒルガオ科)ネナシカズラ属の一年草の寄生植物。葉緑素を持たず、葉もほぼ退化して小さな鱗状になり、ツルだけになっている。植物に寄生し、栄養を吸い上げてしまう。

普通、植物は自力で光合成して栄養を作るので「独立栄養生物」と呼ばれます。植物以外の人間や動物は、植物や他の生物を食べて生きているので「従属栄養生物」と呼ばれています。植物の中にも「従属栄養生物」があり、それがネナシカズラです。

種子が地面に落ちて、発芽すると根を出して、寄生する植物を探してツルを伸ばしていきます。このとき寄生する植物が見つからない場合は、そのまま数日で枯れてしまいます。ネナシカズラはフェンスや支柱には絡まず、枯れた植物も無視して、健康な植物を探して伸びていきます。植物に達したら、巻き付いて、寄生根と呼ばれる根を差し込んで栄養を吸う。そして、最初の根はなくなってしまいます。

寄生しはじめ、夏〜秋にかけて穂状の花を咲かせ、結実して種子を残し、種子で越冬してまた、春になると発芽して寄生します。

ネナシカズラにはいくらか種があって、マメダオシはマメ科、アマダオシは亜麻を専門としているが、他のネナシカズラはかなり多種の植物を寄生対象としています。
スポンサーリンク

仲間・種

ネナシカズラ

文章の修正ネナシカズラ(Cuscuta japonica)は元々から日本に自生している日本中で見られる寄生植物。山地などで見かけます。

マメダオシ

文章の修正マメダオシ(Cuscuta australis)はマメ科によく寄生しているネナシカズラの種で、特にダイズの被害が多い。現在は絶滅危惧種に指定されています。

ハマネナシカズラ

文章の修正ハマネナシカズラ(Cuscuta chinensis)は海岸部でよく見られ、ハマゴウなどに寄生します。アメリカネナシカズラとよく似ていて、生育場所も似ているので、現在は見かけなくなっている。

クシロネナシカズラ

文章の修正クシロネナシカズラ(Cuscuta europaea)は北海道の海岸で見かける寄生植物。花がピンクというか赤くて、他のネナシカズラとは一眼で違うのがわかる。

アメリカネナシカズラ

文章の修正アメリカネナシカズラ(Cuscuta campestris)は北アメリカからの外来種で、日本全土に侵入しており、現在、外来生物法で「要注意外来生物」に指定されています。海岸・砂浜でよく見られます。ハマネナシカズラと似たところで見かけるが、アメリカネナシカズラの方が全体的に黄色い。畑に侵入して作物に被害があったり、在来種に寄生して被害が見られます。

種子をつけるまえに刈ってしまえば、種子がのこらず、駆除は可能です。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ディコンドラ
ヒルガオ科
ルコウソウ
ヒルガオ科サツマイモ属
ディコンドラ・ミクランサ
ヒルガオ科ディコンドラ属
サツマイモ
ヒルガオ科サツマイモ属
テラス
ヒルガオ科イポメア属
イポメア
ヒルガオ科サツマイモ属
西洋朝顔
ヒルガオ科サツマイモ属
桔梗咲朝顔
ヒルガオ科サツマイモ属
朝顔のコツと雑記
ヒルガオ科イポメア属
コンボルブルス
ヒルガオ科セイヨウヒルガオ科
スポンサーリンク