六高菊桜(ロッコウキクザクラ)の特徴は?

TOP > バラ科 > サクラ > 管理
六高菊桜
最終更新
植物名
六高菊桜
科名
バラ科
属名
サクラ属
学名
Cerasus serrulata 'Chrysanthemoides'
別名
菊桜、ロッコウキクザクラ
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
上級者向け
六高菊桜の開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
目次
六高菊桜の特徴は?
関連記事・タグ
スポンサーリンク

六高菊桜の特徴は?

六高菊桜:六高菊桜の特徴は?
六高菊桜はバラ科サクラ属の落葉樹のサトザクラ系の園芸品種ソメイヨシノより1ヶ月ほど後に開花しはじめる。小さな八重咲で、小さな花びらが100枚〜150枚ほど密生している。花自体が3cmくらいと小さいため、目立たないが、よくよく見るとすごい。六高とは岡山県の旧制第六高等学校のこと。この学校に生えていた品種ですが、そもそもはそれ以前から存在していた桜で、これが中世にいなくなったとされます。それが昭和初期…戦時中にお六高で発見されたことが名前の由来。単に「菊桜」と呼ばれます。

ツボミは赤く、開花すると徐々に白くなっていく。

上の画像は時期が悪くて花が少ないですが、もっと咲いていると綺麗。といっても、ソメイヨシノや関山に比べると地味。桜というと、花びらが舞って落ちるというものですが、この菊ザクラというか、この手の小さな桜は多少傷んでも落ちないで、しばらく枝に残っている。
樹高5m〜10m

一般的には栽培されていないですが、栽培する場合は通常のソメイヨシノと同じなのでそちらを参考にしてください。
サクラ・染井吉野(ソメイヨシノ)の育て方
サクラ・染井吉野(ソメイヨシノ)の育て方
バラ科サクラ属Prunus × yedoensis
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

六高菊桜のカテゴリ・タグ

園芸品種落葉樹

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク