ミツデカエデ(三手楓)の特徴は?

TOP > ムクロジ科 > カエデ > 管理
ミツデカエデ
x最終更新
植物名
ミツデカエデ
科名
ムクロジ科
属名
カエデ属
学名
Acer cissifolium
別名
三手楓
耐寒
マイナス15度
水やり
水を好む
場所
外の日なた
難易度
上級者向け
ミツデカエデの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。
目次
ミツデカエデの特徴は?
関連記事・タグ
スポンサーリンク

ミツデカエデの特徴は?

ミツデカエデは日本(北海道〜九州)に自生するムクロジ科カエデ属の落葉高木。雌雄異株。5月に開花し、それが翼の付いたカエデらしい実ができる。花も実も垂れ下がります。秋に黄色に紅葉して、冬は落葉する。冬に実が残っていることがあります。

葉っぱが三つに分かれて出るのが特徴。葉っぱにはキザキザがある。

紅葉が綺麗なカエデでとされ、紅葉は黄色が普通だが、日当たりがよく、温度差があれば綺麗な赤になります。大きく育つため、庭木には適しておらず、庭には植えられていませんが、公的(公園・街路樹)な広い場所などには植えられている。
樹高15m〜20m
栽培については
カエデ
カエデ
ムクロジ科Acer
を参考にしてください。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ミツデカエデのカテゴリ・タグ

紅葉落葉高木カエデ

関連する花BBSの投稿

関連するユーザーの記事

スポンサーリンク