雲南桜草は採種・種まきで来年も咲かせましょう

TOP > サクラソウ科 > プリムラ属 > ウンナンサクラソウ…最終更新 > 管理
目次
種を採取し、種まきをすることもできます
採種と育苗
関連記事・タグ
スポンサーリンク

種を採取し、種まきをすることもできます

雲南桜草の採種・種まき:種を採取し、種まきをすることもできます
ウンナンサクラソウ雲南桜草)は中国原産のサクラソウ科多年草。通常は夏に枯れる一年草扱いで、夏越しは厳しいですが、種を採種して育苗して継続栽培させることもできます。

開花後、花を摘まずにいると種子ができます。この種子が落ちれば、来年も生えてくることがあるので、放置して、運を天にまかせるのも手です。庭に発芽した小苗を別の場所に移植したり、鉢植えに仕立てるといいです。

ただ、確率は低いので、採種育苗がいいです。
スポンサーリンク

採種と育苗

種を採取する場合は、花がしぼんでサヤができたら、茶漉し袋などで包んで、根本を縛って、落下するのを防ぎます。熟したら、採取し、紙袋に入れて濡らさないようにし、常温保存しておきます。

種まきするのは9月〜10月、気温が25度以下〜20度前後になったら種をまきます。ポットに培養土を入れ、種をまいて、うっすらと土をかぶせて、乾燥しないように水をやって、明るい日陰で管理していると2週間〜1ヶ月で発芽します。

あとは、普通に植え替え・植え付けをすればいいです。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE
スポンサーリンク