ランババの育て方

TOP >ラン科>>管理

ランババ

ランババ
科名ラン科
属名コクリオダ属
学名Goodaleara Lanbaba
みずやり水控え目
場所室内
難易度上級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ランババの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 管理場所・日当たり
  4. 特徴・由来・伝承
  5. SNSボタン・関連記事

ランババの育て方

文章の修正造花のようでもあり、花の大きさも大きすぎず、小さすぎず…名前が特徴的で、印象に残ります。「ランババ」…ランダバじゃないのですね。どうしてこんな名前にしたんでしょうか?
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正バーグなどに植えられていると思います。これらが乾いていたら、水をやります。

春から秋は水をしっかりとやります。受け皿に水が溜まっていたら水を捨てます。その上で葉っぱに霧吹きを掛けてやります。

冬は水の蒸発が鈍く、一度に大量にやると、水が残って腐り、根が傷んでしまうので、霧吹きで根本を適宜濡らしてやります。

水やりの頻度
ランババの水やりは冬は一週間に一回か、それ以下。春から秋は植えている素材が乾いていたらです。三日に一回程度になります。

管理場所・日当たり

文章の修正春から秋は直射日光が当たらないけども明るい場所で管理します。リビングなどで日光が入る部屋で、直射日光が当たらないような場所です。もしくは戸外の日陰や半日陰で管理します。日光がバリバリと当たると葉っぱが焼けて傷んでしまいます。

冬は室内の日光の当たるところでも構いませんし、春から秋同様に室内の明るい場所でもかまいません。

特徴・由来・伝承

文章の修正ビーララとオンシジュームを掛けた新しい品種。2009年あたりから見かけるのですが、あまりキレイじゃなかったり、若干弱いという印象があったのですが、2011年の冬あたりから、育て方が確率されたのか、品種改良があったのか、急に色鮮やかになりギフト…御歳暮などに重宝されるようになっています。華やかなのですが、その割りに安く取引されるのも利点かもしれません。今後はどうなるかわかりませんが。

育て方に関してはまだ未知数です。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

同じ科の植物

グラマトフィラム
ラン科
ホンコンシュスラン
ラン科ルディシア属
ネジバナ
ラン科ネジバナ属
アスコセントラム
ラン科
冬咲きカトレア
ラン科カトレヤ属

12月に開花する植物

ギンリュウ
トウダイグサ科ペディランサス属
ハナキリン
トウダイグサ科ユーホルビア属
ボンザマーガレット
キク科アルギランセマム属
ルビーネックレス
キク科オトンナ属
カランディーバ
ベンケイソウ科

12月に植え付け・植え替えする植物

グレイス
バラ科バラ属
マルベリー
クワ科クワ属
アオハダ
モチノキ科モチノキ属
ムーングロウ
ヒノキ科ビャクシン属
ハーロウカー
バラ科バラ属

人気記事

皇帝ヒマワリ
キク科
ペンタスの冬越しの方法のまとめ
雑記
ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替えのまとめ
ビオラ・パンジーの管理
チューリップの鉢植えの方法
チューリップの管理
リトルミッシー
ベンケイソウ科
スポンサーリンク