ホンコンシュスランの育て方

TOP >ラン科>>管理

ホンコンシュスラン(ルディシア・ディスカラー、ヘマリア・ディスカラー)

ホンコンシュスラン
科名ラン科
属名ルディシア属
学名Ludisia discolor
別名ルディシア・ディスカラー、ヘマリア・ディスカラー
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ホンコンシュスランの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. 病害虫
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事

ホンコンシュスランの育て方

文章の修正自生地は東南アジアの熱帯で寒さには弱い。また真夏の直射日光にも葉焼けするので、年間を通して室内の明るいところで管理するのが普通。中級者なら、気温にさえ気をつければ育てるのは難しくない。
まとめ
●ホンコンシュスランはラン科観葉植物多年草
●室内の明るい部屋で管理する。
●窓辺で管理するときは直射日光には葉焼けするのでカーテンで遮光するなどする。
水やりは普通。土が乾いていたら水をやる。
●冬は水やりを控える。
●寒さには弱いが水を控えることで5度程度まで耐える。普通の観葉植物と同程度の耐寒性。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やり
土が乾いていたら水をやります。土が濡れているうちは水をやらないようにします。土が濡れているのに水をやっていると、根が腐ってきますので注意してください。水やりの頻度は環境によって全く違います。室温と湿度で全然違うので、土を見てから水やりの判断をします。土を触ってから乾いていたら水をやります。
●受け皿の水は捨ててください。水が腐ると根腐れします。
●水をやるときに葉っぱにかけてやるとハダニ予防になります。葉っぱの裏にも水をかけてください。
●室内で育てていて葉っぱに水をかけられない場合は霧吹きで掛けてあげます。

冬は水を控える
冬は生育が鈍くなり、水を吸い上げる量が減りますし、蒸発量も減るので水を他の季節と同じ感覚でやっていると確実に根が腐ります。土が乾いてから数日たって水をやる程度に控えます。また水を控えることで、水分量が減り、植物の体液の濃度が高くなり耐寒性があがって寒さに強くなります。
●冬の水やりの間隔は風通しや、環境によって全く違います。目安としては二週間に一回程度ですが、あくまで目安です。コツをつかんでいってください。
●冬は空気が乾燥しているのですが、土からは水が蒸発しにくい。すると土は濡れているのに、葉っぱがカラカラということもあります。そういうときは土への水やりではなく葉っぱに霧吹きを掛けて水分補給してください。
●土の表面が乾いていても、土の中に水が残っていることがあるので、持ち上げて重さで確認するか、割り箸を突っ込んで中が濡れているかどうか確認してから水をやります。

肥料は控える
気温が高くなる5月から10月に液体肥料か緩効性固形肥料をやるとよいです。でも、肥料が多いと花が咲きづらくなりますし、ラン類は肥料は控えめにした方が元気です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正水はけのよい土を好みます。赤玉土腐葉土3ピートモス1を混ぜたものを使用します。植え替えのときに古い土を三分の一ほど落として、ひとまわり大きな鉢でも同じ大きさの鉢でもいいので植え替えてください。新しい土で植え替えてください。植え替えと一緒に株分けも出来ます。株分けは簡単です。植え替え時期は5月が適期。
挿し木でも
挿し木で容易に株を増やせます。挿し木も5月が適期です。

管理場所・日当たり

文章の修正室内で管理
基本的に室内で管理します。春から秋は戸外でも管理できますが、半日陰(=木漏れ日の場所)で管理するといいです。
直射日光に注意
日当たりは半日蔭が適しています。真夏以外は木漏れ日落ちるような半日蔭が適地。真夏は直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまうので、カーテンで遮光するか、日陰に移動させます。
●年間を通してカーテンで遮光するのが無難。
●熱帯の植物といっても森の木の根元に咲いているので、直射に弱い。
●霜に当たると枯れるので、夏に戸外に出した場合は忘れないようにする。
●冷暖房の風が当たらない場所においてください。冷房も暖房も非常に乾燥した風で、これが当たると枯れてしまいます。風が直接当たらなければ大丈夫です。

気温に注意?
寒さに弱く、10度以下になると枯れます。10度というのは一般家庭では微妙な温度です。昼間に暖房を炊くような…人が生活するリビングなどの場所では冬場の深夜でも5度以下になることはなかなかありませんが、10度となると一般家庭では無理。温室が必要……なはずですが……
いやいや実際の耐寒温度は5度!
ネットで調べるとホンコンシュスラン(ヘマリアディスカラー)は10度が耐寒温度とされますが、実際に育ててみると5度くらいまでは耐えます。だから難しくありません。
●水を控えることで耐寒性がついて冬越ししやすくなります。
●5度まで耐えるので普通の観葉植物と扱いは一緒です。

病害虫

文章の修正ハマキムシが発生する。

特徴・由来・伝承

文章の修正赤い筋の入ったラン科の植物。もちろん多年草。葉っぱが非常に綺麗で、「観葉植物」というポジションですが、花も咲き、葉っぱの濃い紫に白い花が非常によく映える。
●日本に自生する「シュスラン」とは別種。シュスランは絶滅危惧種です。ヤフーオークションなどにもシュスランは出品される。
●ホンコンシュスランは葉っぱにラメが入っていることから「ジュエルオーキッド(宝石ラン)」と呼ばれます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ミルトニア
ラン科
シュンラン
ラン科シュンラン属
デンドロビューム
ラン科セッコク属
アスコセントラム
ラン科
エピデンドラム
ラン科エピデンドラム属

1月に開花する植物

エリカファイアーヒース
ツツジ科エリカ属
ニホンスイセン
ヒガンバナ科スイセン属
セルリア
ヤマモガシ科
ビオラの育て方(園芸初心者のための簡略版)
スミレ科スミレ属
ボケ
バラ科

1月に植え付け・植え替えする植物

ネコヤナギ
ヤナギ科
クラブアップル
バラ科リンゴ属
イモージェン
バラ科バラ属
スギナ
トクサ科トクサ属
イベリス
アブラナ科

人気記事

枯れた――葉が黄色くなったら…シクラメンの場合
シクラメンの管理
アマリリス
ヒガンバナ科
ドラセナコンシンネが枯れる…葉が落ちたり垂れたり葉先が枯れる理由
雑記
ポトス・エンジョイ
サトイモ科
ペルネチア
ツツジ科
スポンサーリンク